迷作「鍋と子犬」

2004年11月26日(金)、29日(月)/日録 by 古本憑き

 久しぶりに恐ろしい夢を見た。学校の校庭で子どもたちの運動会か何かに参加している(最近、町内の役員をしているせいで学校にでかけることが多いためか)。どうも郷里の小学校のようだ。実家は始業のチャイムが鳴り出してからでも間に合うくらい目と鼻の先にある。子供の相手をしていると、誰かが「お前の家が小火(ボヤ)だよ」と言うのだ。ボヤか、ボヤなら大丈夫だろうと思って、あわてずに帰った。すると、どうしたことか、家がなくなって更地になっている(焼け跡もない)。ああ、すべて燃えてしまったんだ!と嘆くわけだが、ここで面白いのは、◯◯さんから預かっている貴重書が全部灰になった、どうしよう、買い集められるものは買わなけりゃ、でも他にないような稀覯書はどうしたらいいんだ〜、人に預ける◯◯さんにも責任があるぞ、などとくどくど言い訳を考えているのだ。更地にへたり込んで。・・・・いやな夢だった。

 さて、今度はナベツマが見た夢。《ナベツマが道を歩いていると、突然道の真ん中に「鍋」と「子犬」が現れたそうな。それは、以前からどうしても欲しかった「Finelの白い鍋」とナベツマ好みの「Mix(雑種)の子犬」。「きゃあステキ!」「きゃあカワイイ!」うううーっ、とナベツマは悩んだ。「ああっ神さま、どうすればいいんでしょう!?」ハムレットorソフィの選択のように苦しんだ・・・・そして・・・ナベツマは、鍋のなかに子犬を入れてお家に帰ったとさ、めでたしめでたし》、そんなアホな。

2004年11月29日(月)

 ナベツマへ、ナベ道同志からのフアンレター。《こんばんわ! 日々ナベ道に邁進のご様子、ご主人様の日記拝見して固唾を呑んで見守っております。》

 ナベツマからの返事。《もしeBay登録されるなら、ダンスク鍋は高くても50ドルどまりで落とせると思いますよ(加えて船便費用が20〜30ドル必要)。ライバルが現れなかったら、状態そこそこ良くて20ドルしません。ほとんどのeBayライバルは日本人です! 時々プッツンしそうになります!》

 例のナベツマ海外進出を阻んで、最後に1ドル加えて鍋をかっさらっていったのも日本人なら、その後ナベツマが入札した鍋を次々と落札したのもすべて日本人だそうだ。eBayでは日本人が闊歩しているようである。

 さらに、さきほどカエさんより、爆笑のナベ便りが届く。《ル・クルーゼの鍋ですが、我家では25年前に姑がフランスから買って来て以来、愛用サセラレテいますが(ポトフもおでんもトンポーローもコレ)、手首に注意して使用しないと腱鞘炎・関節炎に泣きます。別名「嫁殺しの鍋」。阪神大震災では鍋落下地点の床が大破してその威力を誇示し、「天は鍋の下に人をつくらず」という家訓もうまれました》。

 ご無事で何よりでした。

f0068334_14275762.jpg

[PR]
# by nabetsuma | 2004-11-26 14:15 | NabeQuest'0405

海外進出か?

2004年11月20日(土)〜21日(日)/日録 by 古本憑き            

 ナベツマ、ついにeBayに登録してしまった。どこまで行くのだ、おお〜い、聞こえてるか〜。

2004年11月21日(日)
                  
 急激な円高だそうである。それに合わせたかどうかは別として、ナベツマは海外にまで触手を伸ばして鍋を買っていた。数日前に紹介したフィンランドFINEL社の中古鍋は、現在ただ今、カナダ・バンクーバーの港を出て、ドンブラコ、ドンブラコと、はるばる日本に向かっているらしいし、他にもデンマーク在住の出品者のオークションにも入札しているという。ま、これら はいずれも日本のヤフオク経由でのお話。ところが、昨夜ナベツマは、突如海外に向けて暴走し始めた。                 
 「あら、イーベイに登録できちゃったわ!」
と階下から声がした。「イーベイってなんだベイ?」と思って、ウンチクが降りてみた頃には、すでに1960年代頃のル・クルーゼ鍋に入札が済んでいた。「eBay」とはアメリカ最大のオークションサイトである。獲物は、終了まであと6時間になっているにもかかわらず、誰も入札していなかった状態のいいル・クルーゼ。スタート価格より5ドル多めに入れたらしい。ところが、さて、今朝起きてみたら、早朝の終了間際に1ドルプラスされ、鍋はスルリと人手に渡ってしまっていた。 
 「102円で負けた〜、エ〜ン」という愚痴メールに対してベテランの知人より激励の返事があった。いわく、
《締め切り前の5分間を寝て過ごすようではいけませんね。オークションは気合いの入った人が獲物を攫ってゆくのです。次回はご健闘ください》。

 ほどほどでけっこうです。

f0068334_141214100.jpg

[PR]
# by nabetsuma | 2004-11-20 13:58 | NabeQuest'0405

ヴィンテージ

2004年11月11日(木)〜19日(金)/日録 by 古本憑き

 ナベツマはさらに加速中である。ル・クルーゼからダンスクやアラビアなどの北欧デザインへシフトしつつ、アンティーク鍋について猛勉強している。クーザンスとル・クルーゼの違いを知って愕然として、しばらく口もきけないほど落ち込んでいた(吸収合併したと思っていたら、どうやらクーザンスは、フランス国内のみでアウトレット用のセカンドブランドとして製造
され続けているらしい)。

2004年11月15日(月)
 ある日、帰宅すると、ナベツマはフィンランドのフィネル FINEL のホーロー鍋(ストック・ポット)を落札していた。フィンランドのデザイナー、アンティ・ヌルメスニエミ(ANTTI NURMESNIEMI 1927ー2003)の作品だそうだ。デザイナーがどうこう言い出したら、これはそうとう病膏肓に至るというやつだ。

 またさらに、ル・クルーゼの1980年代のホーロー鍋も入手した。どうやら「鍋道」では、20年前の製造品あたりから「ヴィンテージ」という名称が使われるらしい。参考までに、古美術の世界で「古陶」などと「古」が付くのは鎌倉以前と決まっている。ふつう京都で老舗というのは室町以前の創業をさす。ま、そんなものから較べれば、きわめて新しいヴィンテージ鍋を、ヤフオクで終了間際に何人かと競り合ったそうだ。
 連戦連敗ナベウララの時代は、終了間際、怒濤のアゲでビビってしまったのが敗因だったと反省し、今回は「フン!」とばかりに、ハナ息荒く、競って粘って飛ばしたらしい。鍋通の間で人気の、18センチ、チョコレートブラウンのココット。たしかに、なんともいえないかわいさがある。

*2004年11月19日(金)
 日録読者氏よりナベツマにメールあり。
《鍋収集のお話、デイリーにて面白く拝見してます。ふと見れば、当家の鍋もハート型のものでした。(結婚祝いにもらったもの)多分これがル・クルーゼなんでしょうか。[そうです]料理が得意と推察しますが、4つも5つも鍋を買って、お使いになるのでしょうか。ローテーションを組んだりして。この質問は古本者に「買った本は全部読むんですか」と尋ねるような愚問でしたらお許しください》
 そのようですな。

f0068334_1357178.jpg

[PR]
# by nabetsuma | 2004-11-11 13:21 | NabeQuest'0405

ダンナもヤフオク

2004年11月1日(月)/日録 by 古本憑き

 妻のヤフオク・ナベあさりの日々につられて、ウンチクも入札なぞやってみた。100円スタートの泡立器(半ばアンティークだが、そんなにいいものではない)を発見。これはモチーフになるぞと入札し観察を続けた。欲しがるやつなど居はすまいと思った通り、ずっと100円、しめしめだ。あれ?、終了まで10分を切ったところで、まんまとさらわれた。ウッキッキー!けっこう悔しい。

 ええい、今度はそれじゃあ、英国製の古鍵だ。商品映像を拡大して、かなり錆がきているのを確認、ぜったいこれなら手に入るという確信を得たところで1000円の品を二件入札。タイムアップが深夜だったので神頼みで就寝。しかし、今朝起きてきてみると、落ちたのは一件だけだった。世の中、ウンチク以外にもあんなものを買いたい奴がいるのか、クッソー!

 ちなみにある古本猛者は、1円からスタートの雑誌『ユリイカ』立原道造特集号(背割れ)に挑んで、激しい競り合いを制した結果、70円で落札したそうだ。

 しかし、安い物をオークションで買うと、送料と振込料で結構イラつくことになる。今回の「鍵」などは、送料は郵便の定形外で百数十円だが、振込が銀行指定のみだったりすると、300〜500円は必要になる。サイテー。わが家では、こういうときにはナベツマの出番である。彼女は、以前から色々と調査し尽くし、新生銀行とソニー銀行に口座を持っている(残高はない)。しかも郵貯インターネットホームサービスにまで加入しているのだ(知らないうちに!)。

 新生銀行は、月に5回までは他行への振込はタダだそう(1000万円以上の残高があれば、新生銀行は月に50回?まで手数料無料)。新生銀行同士だといつも無料。これイーバンクも同じ。ヤフオクで一般的なジャパンネットバンクは、タダではないが、同行同士の振込は52円。ネット銀行は、振り込んだと同時にPCの画面に反映されすぐに確認でき安心。郵貯インターネットホームサービスだと電信振替となり、相手が振替口座でも、ぱるる口座でも、一回130円、これも即PC画面に振替が反映される。

 ネットを使う良さは、夜中だろうが土日だろうが振込OKなところ。ヤフオクでは、落札した物は早く見てみたいものだから、やはりネット振込は便利。落札して2日後には手元に届いているということも珍しくない。これを可能にしているのは、宅配便など物流だけでなく、お金の流れの変化によるところも大のようだ。

f0068334_13191758.jpg

[PR]
# by nabetsuma | 2004-11-01 13:03 | NabeQuest'0405

人気色オレンジ

2004年10月27日(水)〜29日(金)/日録 by 古本憑き

 妻の調査によると、なんと片手鍋でも2〜3キロもあることが判明。「2ちゃんねる」や「ヤフー!掲示板」でル・クルーゼの噂話を一通り読破したらしいが、片手鍋を鉄アレイ代わりに使って筋力アップしろという意見も出ていたとか、やれやれ。地震でナベが落下して、圧死……、なんてことにならないように祈るのみ。

2004年10月28日(木)

 ある日、ナベツマから家庭内メールあり。また買ったらしい。デイリー・スムース(インターネットで公開している我輩の日記)に次の文章をアップしろという。
 《22センチはポピュラーなオレンジ。定価2万5千円のところを1万1千円でゲット。ちなみに我家は学生時代からエバーウエアを愛用。ほんとにエバーなもんで全然壊れない。先に会社が倒産。小林カツ代も倒産時に駆込み購入した様が以前クロワッサンに掲載されていました。エバーウエアを初めとして、鍋類8個はすべてアルミ製ですが、これがアルツハイマーの原因のひとつと言われてからずうっと気にかかっていました。少しずつ買い替えていく予定》

 お好きなように。こっちはとっくにボケてるけど。

2004年10月29日(金)

 それを読んだ知人からナベツマへメールが来た。《10月25日の読売新聞に今ブーム、ということでル・クルーゼが紹介されていました。オレンジ色が特に、とあって、もしかしてオレンジ?と言おうと思っていたところ》                                     
 ナベツマは昔から流行モノが流行る前に熱中するのが得意で自慢だった。アニエスbなどは日本に出店するずっと前から騒いでいた。
 「わたしが見込んで流行らないのはアナタだけね」これ口癖。

 しかし、最近は妻の熱中と一般における流行の時間的ズレが短くなっている。パリへ行ったときも、日本にないものをいろいろ買い込んできたのだが、帰国後しばらくして日本でも手に入るようになった。ネット情報が、ある意味で、特殊な情報判別能力を不要にしてしまったのかもしれない。

f0068334_11293573.jpg

[PR]
# by nabetsuma | 2004-10-27 11:30 | NabeQuest'0405

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧