ミカンな日々・ガン共生記《臨床実験》

3/26〜3/28
3本の足の腫れはひき、代わりに出血&膿みが出てくる。病院からもらったガーゼ(素材はポリエステルのような)のうえに、皮膚再生クリームとして「動物用AHYP Cream/2.5%アセチルヒドロキシプロリン」をぬって患部に当てている。

ミカン父は29日から上京するので(27日と28日は天気も良かったので)、河原でミカンをひなたぼっこさせる。

ここしばらく、ステロイド投薬を36時間おきにしたところ、体がほとんど動かなくなったので、あわててもとの24時間おきにもどす。人体実験ならぬ犬体実験でミカンにとってはええ迷惑。

3/29
後ろ足の膿みがかなり出てきて、ガーゼを交換する度にべっとり膿みがついてくる。匂いも相当なもの。ガーゼに包んでいるのでなんとか我慢できている。

夕方から発作が何度か出るので座薬を1ヶ入れる。座薬は*フェノバール といい、睡眠薬のような働きをする。

3/30〜3/31
おしっこ、ウンチがでにくいようで、朝から夜中までうんうんうなって大変苦しそうである。夜中に4時間もかかってもぴくりとも出ないので、明け方4時にレシカルボン(人間用便秘薬の座薬)を1/2ヶ入れて様子をうかがう。5分後にどさどさとウンチでる。すっきりしたのか5時前にようやく眠りにつく。こっちもぐったり。

*フェノバール/大脳の中枢を抑制する比較的強い催眠剤。けいれんを抑える作用が強いので、てんかんやそのほかの筋肉のけいれんの発作を鎮める目的に用いる。坐剤は小児用で、主に熱性けいれんや、てんかんのけいれん防止のために用いられる。
[PR]
# by nabetsuma | 2006-03-31 17:09 | ミカンな日々ガン共生記

ミカンな日々・ガン共生記《kyoto-青ざめた犬の母》

3/24
ここ4〜5日ウンチがでないと思っていたら、朝食の直後に多量のウンチがでる。後ろ足や前足の腐ったような匂いにマキロンの消毒液の匂いが混じって、奇妙な匂いが部屋に充満している。

夕食をミカンに与えた直後、水を取りに行っている間にギョッとする事件が!!後ろ足の一部分がない!赤い肉が見えている。ぎゃ!食べちまった!!!

あわてて動物病院に駆け込んだところ、食べてしまったのは表面の皮膚ということが判明。よかった、ほっ。「あれ、足先まで血流が来てますねえ。詰まった動脈を周囲の静脈がバイパスを作って補佐しているのでしょう。皮膚も少しずつ再生してきている様子です。よかったですね」と言われた。そーなんだ、とにもかくにもひとつ朗報。地獄から天国に昇ったかんじ。

f0068334_10555248.jpg
















3/25
そういえば昨日、「前足の腫れが引いてますねえ」と獣医に言われた際に、「ステロイドを2錠から1錠に減らしたんですよ」とミカン父が告げたことを思い出した。だまっていたのに・・バラしちゃって、もう。

そーなのだ、18日に減らし始めて1週間もしないうちに少しずつ腫れが引いてきたのだ。こんなことなら、手術なんて痛い思いをさせずにそうすればよかったのにと後悔ばかり・・・。

が、腫れはひいてきたものの、今度は前足からの出血が始まっていた。一難去ってまた次の難題がやってくる。なんでええ!!!

f0068334_10562776.jpg











痛みに耐えるミカンアラモード
[PR]
# by nabetsuma | 2006-03-24 10:12 | ミカンな日々ガン共生記

ミカンな日々・ガン共生記《民間療法・・》

3/22
獣医師には反対されたものの、実は18日よりステロイドを2錠から1錠に減らして様子をうかがっていたミカン母。発作にはあまり変化はないもよう。

3/23
ミカンの手術したほうの足がかなり臭くなってきた。血が固まってきてはいるのだが、まだ出血は続いている。お湯を紅茶や緑茶にかえて患部を洗ってみる。お茶は消毒作用があると聞いたから、ほんまか? ミカン父は「マキロンのほうがええんちゃう?」とのたまう。マキロンのチビタイプを薬局で入手し、3本の足先を1日に何度か消毒する。

そして事件は起こった!
[PR]
# by nabetsuma | 2006-03-23 21:58 | ミカンな日々ガン共生記

ミカンな日々・ガン共生記《血栓症、何がなんだか・・》

3/20
後ろ左足に続き、前足の2本もむくんできたので、かなりあせる。
ネットであれこれ検索してみる。さすがに犬の血栓症についての記述はでてこない。なんとか何かできないものかと人間の血栓症の検索をしてみるうちに、幾つか『ステロイドとの因果関係』を疑ったものがヒットした。

そういえば、すでにステロイドを9ヶ月以上続けて投与している計算になる。しかも最初は1日1錠だったのが、昨年末あたりから2錠に増やしていた。静脈瘤の原因としてステロイドがあげられているのだ。人間の場合はステロイドを減らすことにより、症状が改善した例があがっていた。

さっそく動物病院に出かけ前足を見てもらう。加えて、ステロイドの功罪について獣医師と論争したのだが、獣医師のスタンスとしては、「ステロイドは脳の炎症を抑えるのに有効で、これをやめて脚を救うよりは、命のほうが大事だろう」ということだった。また、人間に有効とされている血栓を溶かす薬剤「ウロキナーゼ」は、カテーテルを使い、血栓に直接作用させるものであり、犬には効果が見込めないし、副作用もこわい、という話。ふっー、打つすべなし・・。

あまりに気が滅入ったので、帰りに河原でしばらくミカンを草の上にバスタオルを敷いてひなたぼっこをさせた。
[PR]
# by nabetsuma | 2006-03-20 20:18 | ミカンな日々ガン共生記

ミカンな日々・ガン共生記《噴火後のミカン》

その後5日間の記録。

3/15 午前中に診察を受け、午後に手術となる。
夜7時過ぎ、ミカンを迎えに動物病院へ。手術はうまくいかず、血栓を充分に取りきることはできなかったもよう。原因はたぶん体質的なものでしょう、と告げられる。予想はしていたはずだがかなりショック、こたえた。

3/16 手術跡の患部は腫れ、今度は足先から出血し始めた。食事は少なめだが食べてはいる。朝おしっこをしてからその後全然でない。

3/17 いぜんおしっこもウンチもでない。が、食はいいし水も飲んでいる。病院へ。出血は静脈血だそうだ。赤黒い色で匂いがひどい。排泄については、食べていて飲んでいるならそのうち出るだろうということだった。

3/18 午前中と夜に1分ほどの発作あり。てんかん用の座薬を入れる。足の爪の間からの出血はまだ続いている。ぬるま湯で足先をふくと痛いのかイヤがる。

3/19 今度は前足の両方がむくんでくる。不安的中。ここ数日、家の中に血の匂いが充満しなんともいえない気分だ。

f0068334_16524047.jpgf0068334_16531569.jpg**左右を比べてみると左後ろ足がむくんでいるのがよく分かる。
[PR]
# by nabetsuma | 2006-03-19 16:20 | ミカンな日々ガン共生記

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る