NabetsumaJunk「玄米食は疲れる・・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年8月21日(月)

コショスキーの実家は農家だった。だったと書いたのは、もう84歳の母親だけなので農業からは足を洗っているから。だから米は作っていない。毎年初秋に、近所の大規模農家から香川産コシヒカリをまとめ買いしている。実家台所の冷蔵庫は古びたものだが、米の保冷庫は大きさも値段もびっくりのりっぱなもの。いつも感じるのだが、田舎ってこういうところがよくわかんない・・・!?

で、玄米をそのまま袋ごと数俵保冷庫に保管しているのだが、1俵30キロの半分もしくは1/3を近くのコイン精米機で精米してから母親用としてハイザーに移しておく。京都の我家は、米がなくなると田舎のクロネコに連絡し配達してもらっている。

これまでは京都のほうでもコイン精米機(市内に2ヵ所しかない、都会だ!)で白米に精米して食べていたんだが、ミカンが不治の病になってからは玄米のほうがいいんじゃないかと思い、思い切って玄米で食べることにした。幸い、圧力鍋はないものの我家の炊飯器は玄米も炊ける機種。炊いてみて発見!なんと玄米3合で白米4合分くらいの量にふくれるのだ。米とぎも糠がでないので2回くらいでとげてしまう、かんたん!

ところがである!
田舎の脱穀というのはえらくえーかげんなのである。初めて食べた時にお口の中にひろがる「ジャリジャリ感!」。
ええっえーーーっなんなん??
それは・・玄米に混じっている「もみ殻」・・スズメじゃあるまいし、こんなの美味しく食べられない・・。

これ以降、ナベツマは毎日まいにち炊くための米ともみ殻を選別する日々である。あ〜ああたしはシンデレラ・・はああ〜つかれる、目がしょぼしょぼじゃあああ!
f0068334_16254471.jpg
**左端のティッシュ上がもみ殻。3合で100ヶ以上混じっている。
[PR]
# by nabetsuma | 2006-08-21 16:30 | ナベツマジャンク

NabetsumaJunk「ヨーガンレール・ねこコレ」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年8月20日(日)

昨日のつづき。

忘れてました。ヨーガンレール氏は「まねき猫コレクター」で、氏のコレクションは上質のものだった。コショスキーが一時期まねき猫を収集しようとしていたことがあったのだが、すでに値が上がりすぎていて幾つか集めたところで断念。ブリキでも何でもそうだが、誰も見向きもしないときに集め始めていないとなかなか良いコレクションはできない。というか、金もってないもん負け!

f0068334_16325661.jpg

と、ここまで書いて、我家のまねき猫の写真をアップするためにコショスキーに借りようとしたら、1個しかないことが判明。どうやら先の震災で無事だったのは1個だけだってさ。
f0068334_16435987.jpg
**真中が古いまねき猫、磁器製。左は古い伏見人形の犬で、右端にチラッと写っているのは今売られている豪徳寺のまねき猫。

そうそう、今期ドラマでコショスキーが一押しなのが「結婚できない男」、ナベツマの一押しが「下北サンデーズ」。劇団系のビンボー成り上がり?物語。ここの劇団員が体力作りのため下北沢をランニングする際にかけ声で歌われているのが、『うめがおか、ごうとくじ、どようのつぎはサンデーズ!』。
東京の小田急沿線をご存知の方にはおなじみの、下北沢・世田谷代田・梅が丘・豪徳寺・・・。
[PR]
# by nabetsuma | 2006-08-20 16:48 | ナベツマジャンク

NabetsumaJunk「近所の本屋消滅!」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年8月19日(土)

「ナベツマの書斎」と呼ばれていた徒歩2分の新刊本屋がつぶれたのはこの春のことだった(というか、店主の兄ちゃんがやる気がなくてつぶした)。最近になって久々に阪急桂駅の駅ビルに立ち寄ったら、なんとテナントの本屋が撤退していた・・まいった。

しかたないので、街ん中までわざわざ電車に乗って新刊本屋に通うことになってしまったわん。不便このうえない。新刊本屋に出かける回数自体が減ってみて初めて分かったのだが、月々のおこづかいの半分近くが残るようになった。つまりそのくらい雑誌をひんぱんに買っていたのだ。雑誌ってバカにならないのよねー、値段的にも、粗大ゴミ的にも(古紙回収に出すのはもったいないので、最近ではヤフオクで売ることにしている)。

さて、今日は四条のジュンク堂で「TITLEタイトル」を立ち読みした。ざっと見て良かったら買うのだが、そこまでいかなかった。が、ヨーガンレールの社員食堂がなかなかだった。

ポーランド生まれでドイツ国籍をもつヨーガンレール氏はテキスタイルデザイナー。糸から染めて製作する天然素材の衣服は値段もかなり高めで、氏の考え方からライフスタイルにいたるまで自然に対するこだわりをもつ。そしてかなり以前からたしかベジタリアンだったはずで、自宅に専用料理人を雇っていたはず。

今回の記事によるとヨーガンレールは自社の畑をもっているらしく、そこから届く有機野菜を使ったベジタリアン料理が社員食堂で提供されているとのこと。料理の種類も多く、なかなか美味しそうだった。氏もお昼頃3匹の愛犬とともに食べにやってくるんだと。ところが犬写真なく、まったくもって残念! だから買わなかったのだわんわん! 詰めがあめーぞ、TITLE!!!
[PR]
# by nabetsuma | 2006-08-19 16:27 | ナベツマジャンク

ミカンな日々・ガン共生記《床ずれのケアについて》

8/15
7月に「褥創のケア」についてアドバイスを行なっている動物病院のHPをお知らせしたが、ミカン母&父はいかにケアしているかを紹介したい。

《ポイントは3つ》
◎患部を毎日きれいにすること。
→ ケアは一日2回行っている。
◎患部を乾燥させないこと。 → ラップで表面を覆っている。
◎患部を圧迫から解放すること。 → 時々体の向きを交換する。褥創マットを使用。

《実際のケア》
1.まずは、患部の肩を上にしてその下にペットシーツを敷く。ぬるま湯にて患部を洗い流す。流されたお湯はペットシーツが吸い込んでくれるので、この方法だと犬を寝かせたまま行なえるメリットあり。ただし、ペットシーツは大きさにもよるが、我家のLサイズでも水の吸収は500mlが最大量。
2.患部の周囲の水分をテッシュなどでぬぐう。こうしないとテープがすぐにはがれてしまうので。
3.ラップを患部より大きめに切り患部を覆う。
4.サジカルテープを長めに切ってラップを固定する。サジカルテープは粘着性はうすいが、皮膚をいためない。また、毛には結構くっつく。

f0068334_9462842.jpg

[PR]
# by nabetsuma | 2006-08-18 09:48 | ミカンな日々ガン共生記

ミカンな日々・ガン共生記《おっ、かなり改善やん!》

8/12、8/13
またおしっこの回数が減り色が濃くなる。鼻がここんとこずうっと濡れていない状態が続いており心配。

8/14
ミカン父が足の体操(リハビリ)を行なう。するとどうやらおしっこの出が良くなるようだ。夜も更けてさあ寝ようか!という時間帯になるとフーフーハアハアが始まったのでしかたなく便秘座薬を使いうんちをだす。

そんななか、床ずれがかなり改善されてきた。穴はもう1センチ近くに塞がってきた。
f0068334_13472469.jpg

[PR]
# by nabetsuma | 2006-08-17 13:53 | ミカンな日々ガン共生記

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧