人気ブログランキング | 話題のタグを見る

滞在中、自分の台所でない場所でのデザート作りはちょい大変で
かといって何もないのでは寂しいので「マチェドニア/フルーツサラダ」を何回か作った=
シロップを電子レンジで作って冷ましてそこにリキュールを加え仕上げ
季節の果物を切って和えるだけ

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編おまけ・・』_f0068334_08514558.jpeg

あと、古くなったバゲットがあったので斜めスライスしてフレンチトーストにし
メイプルシロップを垂らして食べた=
フレンチトーストの卵液に、K子さんがフランス滞在時に買ったのであろう
カソナードが戸棚から1袋出てきたので加えて作ったら、これが大当たり!
とても風味のあるフレンチトーストになった=


『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編おまけ・・』_f0068334_08515040.jpeg


(2021年11月28日)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



# by nabetsuma | 2023-01-17 07:35 | ツール・ド・じゃぽん

今回のキンパの中身5タネ
「牛肉の塩胡椒焼き・きゅうりの糠漬け・お揚げの醤油みりん煮・人参のレンチン後に胡麻油炒め・とろけるチーズ卵焼き」


『キンパ!かんたん巻き巻きメニュー・・』_f0068334_08052229.jpeg

# by nabetsuma | 2023-01-15 14:17 | chez-nabetsuma

しばらく「ツール・ド・じゃぽん旅行記」を再投稿しています=

鹿児島では・・ほぼ友人宅にいた・・
じゃあ、何してたん??
はい、ご飯作ってました!!

到着日、K子さんがパエリア作りたいということだったのでお手伝い=
(このパエリア鍋とその台はK子さんが準備していたもの)
魚介類はやめてもらい、バレンシア風パエリア(鶏肉のパエリア)に

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その3・・』_f0068334_08511632.jpeg

2日目「ちぢみ」、3日目は日本蕎麦と肉じゃが(K子さんのご主人が育てたじゃがいも)
4日目はパエリアの残りでドリアに(自家製ホワイトソース)、5日目は「ブリヌイ」!

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その3・・』_f0068334_08512445.jpeg

せっせとホットプレートで焼いて
(通常の大きさはこの倍以上。具材の種類が多かったので
小さなブリヌイで数多く食べたかったので小さめに)


『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その3・・』_f0068334_20190773.jpeg

挟んで巻いて食べた=
具材は、野菜&卵焼き&ハム&鶏ムネ肉のマヨ和え&アボガドクリームソース&豚挽肉のトマト煮込

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その3・・』_f0068334_08513324.jpg

そして6日目、鹿児島最後の夜・・
あっさりと鶏団子鍋を軽く食べた後に・・

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その3・・』_f0068334_08513704.jpeg

じゃーーん!!
鹿児島牛でしゃぶしゃぶだ!

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その3・・』_f0068334_08514187.jpg

めっちゃ美味しかった!!!

隼人町内にある肉屋「今肉屋」にて牛肉(100g/1,000円、4人で400g)を調達
大満足なディナーであった〜
『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その3・・』_f0068334_20203308.jpeg


(2021年11月27日)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


# by nabetsuma | 2023-01-15 08:09 | ツール・ド・じゃぽん

鹿児島では・・観光する気もなく、ただ1ヶ所はK子さん共々3人で訪問=

霧島市福田にある個人美術館「松下美術館」へ=

6号舘の前にて(K子さんは私より10cm背が高い)

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_16573892.jpg

ここねえ・・写真撮影禁止だから何の紹介もできないけど、
すっげーコレクションだった。絵画に古美術品(古代もあったり)に九州地方のお祭りのお面とヴァリエーション多く圧巻!
松下美術館は1983年に鹿児島県霧島に開館。約3千点の作品が6棟の建物に展示されている。和田英作、モネ、ルノワール、ドガ、ピカソなどの西洋のアーティスト。2号舘は企画展、3号舘は骨董品、4号舘は掛け軸、5号舘は神楽で使用されたお面。by wiki)

「鹿児島で観る世界の名画」、あながち誇張ではない!

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_18595156.jpeg

この日は滞在中の唯一雨の日だった。松下美術館は海岸ちかくにあるのだが、
1号舘から6号舘まで少しずつ山のほうに登っていく=(6号舘には、医師であり長崎で原爆被災した創始者の松下兼知のスケッチなどが飾られていて彼が大変才能に恵まれていたことが分かる)

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_19004281.jpeg

さて、ここからは「外食編」!
この下の写真・・ずらずらっと並んだカメの中身はというと・・それはね「黒酢」!

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_12545041.jpeg

ランチはこの地で有名な「黒酢中華レストラン」にて=

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_19031477.jpeg

鹿児島ではとにかく黒豚!27年前に食べた「トンカツ」を同じ店でトライ! 
とんかつ竹亭県内4店舗、友人宅に近いイオンに入っている竹亭へ=

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_19035874.jpeg

ドン! ロースカツ定食 900円

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_12563390.jpeg

ヒレカツ定食 1200円!

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その2・・』_f0068334_12562831.jpeg
 

ボリューム満点(キャベツにご飯はおかわり自由)、お味も満点!
お値段、東京の半分かも?

(2021年11月26日)



++++++++++++++++++++++


# by nabetsuma | 2023-01-15 08:08 | ツール・ド・じゃぽん

おおお、ここは・・英国か!?

ということで3日がかりで友人宅K子さんちに到着=
K子さんとはヨーロッパから帰国したのち、京都の日仏学館で知り合った。お互い男の子が1人いるという共通点があり、何度か互いの家に泊まったりと30年ちかく交流しつづけてきた。我らが震災に遭った年には航空券を3人分贈ってくれ、ミカンと共に鹿児島の自宅に招待してくれた。「ゆっくり休んで」と。ありがたい友人夫妻である。ご主人は英国の教育社会学の専門家で数年前に退官、K子さんはフランスの教育社会学が専門で昨年同じく大学を退官した(実はK子さんとはParisでも会っている。その時彼女は1年間のサバティカルリーブ中だった)」=

彼らの家は英国風、鹿児島県初のツーバイフォー工法建築で、建った当時は見学者が多かったらしい。

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その1・・』_f0068334_18480584.jpeg

香川県のエカキ実家を11月5日に出発し、松山&大分と2泊し鹿児島に到着=
都城ICからは一般道を走ったため1時間以上かかってやっと着いた。
あ〜あ、おつかれ〜

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その1・・』_f0068334_18465884.jpg

K子さんちは鹿児島神宮の近くでK子さん曰く
「ここは桜島の噴火や自然災害には問題ないところなの。だってこの神社はものすごく古いから」ほぉぉ〜

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その1・・』_f0068334_18481104.jpeg

うわ!こ、これは・・K子さんの車(ご主人はプリウス)、かっちょいい!英国車か・・

いえいえ、これはMITSUOKAの車
日本で10番目の自動車メーカー、光岡自動車の車だ!

K子さんが郷里の富山に戻った際に、ふらりと立ち寄った光岡自動車のショールームで出逢ったのがこのブリティッシュグリーン車! 当時、退官したばかりだったK子さんはこの出逢った車を退職金で購入したそうな。しかも・・ショールームに飾られていた現物車を鹿児島の自宅まで運んでもらったそう。スゴい!!聞けば、光岡自動車は国内では日産と提携関係にあるとかで、運んだりメンテしたりも自宅近くの日産でサービスを受けられるのだ。


『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その1・・』_f0068334_18482023.jpeg


ところで・・写真の背景に写り込んでいる家の中に「黒い壁面の家」が2軒見える。
最近この手の家が増えてきているそうな。加えてK子さん曰く「今時の家って窓が小さい、かつ窓自体が少ないの。
びっくり。私たちが建てたときは窓は大きくて数もたくさんあったのに」

それは当然で「耐震性&地球規模の温暖化」から「窓は少なく小さく」の時代へ転換したのだ=
まあ、建具サッシ代も減らせるしね〜 省エネ&省お財布

『ツール・ド・じゃぽん:鹿児島編その1・・』_f0068334_18481650.jpeg

(2021年11月25日)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



# by nabetsuma | 2023-01-15 08:07 | ツール・ド・じゃぽん