人気ブログランキング |

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『いつものアレ・・』

*震災の寄付には簡単にできる
「Tポイント寄付」あり。こちら=
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=387

*大阪ガスのネットにて「さすガっス!ポイント」も寄付できます。まずは会員になってね〜 こちら=https://services.osakagas.co.jp/portalc/contents-1/pc/charity/index.html?utm_source=myognews_mail&utm_medium=myognews_mail&utm_content=160420a1_0900_002&utm_campaign=myognews_mail


ささみのシュニッツエル。パン粉にパルメザンチーズを混ぜるのがポイント。人参ライス&我家の菜っ葉サラダを添えて。
f0068334_195175.jpg

by nabetsuma | 2016-04-20 19:52 | chez-nabetsuma
nabetsumaの父親はアマチュアの棋士だった。アマチュアの最高位である「4段」の持ち主で、全電通の全国将棋大会では万年2位だった父親の言い訳は「タバコに負けた」。喘息持ちの父親は相手が喫煙し始めると途端に体調を崩したらしい。

以前もここに記したかもしれないが、娘を棋士にしようとやっきになって手ほどきしたのは良かったが、はっぱの掛け方を間違えて「優勝したらハワイに行けるぞ」と言ったもんだから、娘のほうは「なんだハワイか。パリならまだしも」と、早々に逃げ出した。諦め切れなかった父親は「わしに勝てないような男には嫁にいかさん!」と娘の耳元でずううっと言い続けたので、娘のほうは高校で将棋を指す人間を見つけて父親の元に送り込んだ。その人間が大学で将棋同好会を作り初代の部長におさまった頃には父親を負かすようになっていた。そして負かされると決まって「あいつはブツブツ独り言を言うからそれが気になって」と悔しがっていた。ちゃんちゃん

さて、もう1つ父親から受け継いだことと言えば「易学」だろうか。父親は将棋にのめり込む前に道具を一式揃えて易学にも凝っていた。nabetsumaは大学生の頃に1冊の本を父から譲り受け易をたてるようになっていた。それがこの本、著者は黄小娥という。今調べてみると、この本「易入門」はカッパブックスから出版され当時のベストセラーになったそうな。(6枚の硬貨を使って占う方式)
f0068334_1751475.jpg
父親から言われのは、
*「何でも占うな。ここぞという時だけにすること」
*「どちらがいいか?等という紛らわしい占い方をしないこと。こうしたいのだがそれで良いか?とか絞ること」

こんなの当たるはずがない、と思われる方もいるだろう。しかしnabestumaが人生において迷った際に出た八卦は驚くほど尋ねた内容に沿った答えが示された。それは「なぜ?」と聞かれても困るけれど、本当にそういうものなのだ。

京都には占いの家が結構あるらしい。新居の近所にもあったりする。
f0068334_2021525.jpg

by nabetsuma | 2016-04-19 17:19 | ナベツマジャンク

『桐という植物・・』

**賢い支援をするために → http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20160419-00056770/


新居に越して来た際にネコ額の庭土に生えていたといえば「桐の木」。覚えてます? 詳しくはこちら= http://nabequest.exblog.jp/24509819/

ウッドデッキを作った際に根ごと引っこ抜き短く切った下の部分をプランターに埋めておいた(上の部分は挿し木にして郷里の庭に植えてもらった)。冬の間はおとなしかったが・・ある日、気づいたら薄紫の「芽」が!
f0068334_16373156.jpg
f0068334_16374582.jpg
f0068334_16375720.jpg
あな恐ろし・・脅威の生命力! 去年は4ヶ月でnabetsumaの身長を簡単に越えた経歴の持ち主。たかが4ヶ月で1.5mに成長する植物ってそうはない。しかも大きな葉っぱをつけるので、夏の日影作りにいいかな?って思って残しておいたのだが・・ちょっと怖くてこのまま育てて良いものか悩ましい。ただし直植えでないので、2mを越すことはないだろうという話。ほんと???

クリスマスローズからは新しい葉っぱがニョキニョキ。オオヤマレンゲも元気です〜
f0068334_16431086.jpg

by nabetsuma | 2016-04-18 16:44 | ナチュラル・ジャンク
熊本・大分の被災者のみなさま、お見舞いもうしあげます。そんななか・・原発の心配までしなくてはならないなんて・・こちら=川内原発を止めてください。

わんにゃんの避難先情報=イヌネコ一時保護施設

「民泊」・・うちのMacの漢字変換では出てこない(言葉としては新しいからか)。
近頃の京都のホテルや旅館は稼働率がかなり上がっていて、急に思いつき「そうだ、京都に行こう!」なんて言ってもなかなか泊まるところは見つからない。

ということで「民泊」、巷では「Airb&b」が有名であるが、例えば京都の我家の周辺で検索してみるとドシャドシャ見つかるが、ポインターが指しているところにズバリその宿があったためしがない。しかもホストと呼ばれるコンタクトをとる相手は外国人だったりして、税金のがれか本当の持ち主は分からないシステムになっている。
まあいっか。

ということで、近所の民泊である。以前紹介したパン屋「つぶらや」さんの近所には2軒の民間の宿泊所がある。1つは「Fair field House」、HPはこちら=http://www.fairfield-house.jp/about/JP/homeJP.html
こちらはいわゆる「ドミトリー」。つぶらやに出かけた際に見学させてもらった。

2段ベッドで通路の左右に15ほどのベッドが並んでいる。トイレやシャワーは協同。フロントには共用スペースの居間があり、そこで飲食できる。つまりユースホステルに近いけど、中はしゃれた和風の造りで、朝食は無償のパン&コーヒーがつく。館内はフリーwifi完備。1泊2500〜3500円、曜日やシーズンで上下する。Fair field Houseからすぐ南に一軒家のお宿あり。
f0068334_15115797.jpg
こちらは「敬」http://oyado-kei.jp/top_ja.html、ファミリーや友人同士で泊まれば貸し切り可能のもよう。
f0068334_15125143.jpg
どちらも阪急の大宮駅から徒歩5~6分。このお宿からだと四条界隈は徒歩でまわれると思うし、レンタル自転車ならどこでも行けるだろう。
f0068334_15152138.jpg

by nabetsuma | 2016-04-17 15:16 | ローカル旅ツマジャンク

『春めいて来た・・』

お野菜の寄せ植えも・・収穫しつつもちゃんと成長している。うれしい〜
f0068334_19472981.jpg
四季なりなんていうキャッチフレーズがついてた苺、冬は実つかずでまじウソくさかったが、春のうららかな陽射しで花がたくさんついてきた・・ミツバチまったく飛んでないから、しかたなく筆で受粉している。緑色の葉っぱって、見ているだけで癒される。英語の宿題(また出た!)で疲れた頭をすーっと気分転換ね。たいしたイベントはない日々だけど、こういうところに幸せってあるのね、ほんと。

あとは・・ブログのみなさまのお越しをお待ちいたしておりやす〜(ちかぢか、近隣の民泊情報をレポしちゃいますから)
f0068334_19495686.jpg

by nabetsuma | 2016-04-14 19:57 | ナチュラル・ジャンク
英会話のお勉強は午前10時から12時まで。そのあと帰り道で買物しつつ戻ったりするので、お昼ご飯が遅くなりがち。仕方ないから外食にした。昨日は「なか卯」へ。わたくしは「ミニカツ丼」、
f0068334_20123296.jpg
エカキは日替わりセットの和風牛丼にミニきつねうどん。2人で890円なり。お安いのもいいけど、55才過ぎた当たりから1人前の量を食べ切ることができなくなったのでミニというのはとても便利なのだった〜
f0068334_20115356.jpg

by nabetsuma | 2016-04-13 20:22 | ナベツマジャンク
昨日は花の苗を見に(エカキはBOOK OFF詣)宝ケ池まで出かけた。同志社中高の西側を岩倉川に沿って進むと両脇に桜並木があった。まだまだ桜が満開で、なかなか美しい風景だった。車の中で持参したおむすび等の花見ランチとした。
f0068334_1943298.jpg
明日は2回目の英会話教室、で・・今日は何をしたかというと、間際の駆け込み勉強ならぬ宿題。。。今やテクノロジーの世界やから、翻訳も機械が勝手にやってくれそうだし何を今更勉強しないとあかんのか・・なんてブツブツ言いながら、配布されたプリントやって、明日のテキストの中で分からん単語の意味を調べたりと1時間ほどやってたら・・うううっ体の調子が・・nabetsumaは苦手なことやってたら具合が悪くなるのであった。ちゃんちゃん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by nabetsuma | 2016-04-11 20:01 | ナベツマジャンク

『カンフーガール!!』

新居からは電車に乗って5分以内で京都のど真ん中に到着。だからちょいと買い出しに出かけても1時間ほどで戻って来れる・・なんかいい。で、帰りにちょいとラクエに寄り道。時々覗いている「中川政七商店」にて、ジョガーパンツならぬ「もんぺパンツ」をゲット。試着してみると意外にかわいい= 帰宅してエカキにはいてみせたら「ドラゴンボールの悟空みたいだ」との感想が。あちゃあーー!!あちゃあちゃーーー!
f0068334_1726454.jpg
そして、今夜はサンドイッチ、我家で穫れたお野菜をはさもう〜
f0068334_17323243.jpg

by nabetsuma | 2016-04-08 17:38 | ナベツマジャンク
ふふふっ・・・人通りの多い表に移動したお野菜の鉢、順調です。そろそろ食べ頃〜
f0068334_9233577.jpg
裏のデッキの地植えのオオヤマレンゲの幼木。長〜〜い期間を経て、やっと芽吹いて来ました〜
f0068334_9252286.jpg
冬の間はこんな感じだった。これからが楽しみです〜
f0068334_9264828.jpg

by nabetsuma | 2016-04-07 09:28 | ナチュラル・ジャンク
英語と言えば、中高校の6年間と大学時代の2年間学んだはずだった。当時2才のチビを連れて1年間西ヨーロッパをうろつく際に、子どもが病気になった時に症状の説明と医師の話が理解できるくらいの会話力が必要だったが、8年間の勉強では到底それは身に付いていなかった。そこで、夫婦それぞれが英会話と仏会話の勉強にアテネフランセに1年少々通ってなんとかのレベルに到達。あとはなんとかなる!と出発したのである。(このあとどうなったかは左カテゴリの「旅ツマジャンク」を参照)

その後、ツマのほうは帰国してから英会話からは遠のき、住まいを京都から神戸に替え10年後、また京都に出戻ったわけだが、その後なんとなく思い立ったのか1年間ほど京都のラボール学園の英会話教室に通ったのだった。これが今から18年前。知る限りにおいてこのラボール学園は京都で一番格安で英会話の勉強ができるところ。詳しくはこちら=http://www.labor.or.jp/gakuen/

脳梗塞跡の発見後、医師より運動するようにアドバイスを受けたので、運動がてら歩いてこのラボール学園に昨日から通っているnabetsumaである。そして、昨日はレッスン初日であった。クラスメートは10名。
そのうち男性は・・1名!年齢層は圧倒的に50代から上であった。。。
f0068334_9233347.jpg

by nabetsuma | 2016-04-06 09:24 | ナベツマジャンク