<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

家電ツマジャンク『温水洗浄便座の省エネ方法』

家の中で1日24時間365日動き続けている家電と言えば「冷蔵庫」。同じくつけっぱなしが「温水洗浄便座」。そこで我家では、まずは便座の温めスイッチをOFFにし便座にはシートを貼っている。(もち蓋は通常閉めておく)
f0068334_16363382.jpg
つぎに全部のスイッチをつけているとこんな感じに。
f0068334_1638614.jpg
ここから次に「脱臭」をOFFにし、ウンチの時だけON。便座温めもOFF。するとONになっているのは「洗浄」と「洗浄の強弱切換え」「節電モード2」の3つに絞ることができ省エネ完了。夜の11時に自動的に運転がOFFになり翌朝の7時にONになるというこの「節電モード2」はとっても便利。
f0068334_1645680.jpg
そうそう、ノズル位置調節ボタンもついているが、元々この機種は安価な機種なのに、お尻用とビデ用にそれぞれノズルがついてる「2段ノズル方式」で、わざわざノズル位置を調節する必要なく、どんぴしゃりと当たる〜〜

+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-30 16:56 | 家電ツマジャンク

家電ツマジャンク『トイレも自分で、の時代!』

今の家に住んで5年、温水洗浄便座は最初から調子が悪かった。温水シャワーはまったく使えず便座だけ温かかったのだが、ある日思いついてパネルを初期化してみたら、あ〜ら不思議!使えるようになった。そういう繰り返しでなんとかこれまで来たが去年の秋にうんともすんとも言わなくなった。「完全に壊れたな」。

さて、その温水洗浄便座は以前の住人が設置したものなので、借家の備品ではなく、自分で買い替える必要があった。以前はそれなりなお値段で値が張った温水洗浄便座だが、近頃では家電メーカーの進出により値段が格段に下がってきた。つまり○naxや○OTOなどの2強の独壇場だったところに競争が生まれたわけ。価格コムを初めとして、いつものように何を選択するか調査しまくって、T芝の一番安い機種に決定! SCS-T160 /温水洗浄便座(貯湯式)、実質13000円なり。
f0068334_1011593.jpg
T芝の同クラスよりもっと安いP製も人気だが、必要な部品が別売り、T芝は同梱。加えてHPの「取り付け方」が分かりやすかった。温水便座、古いのを外して取り付けてもらうと5千円から1万円ほどかかってしまう。どうする? 問題だったのがタンクの背面にスペースがなく取り替えに難があったこと。実は昨年末にホームセンターで○OTO製を工事込で注文したことがあったのだが、商品と共にやって来たおじさんが「これは無理!と言って帰ってしまった。なんなんだ!
f0068334_10423889.jpg
つまりはホームセンターの工事では済まない、水道屋の工事が必要で代金がアップするので一旦キャンセルとなったのだった。そこで、知り合いのAちゃんに連絡相談。すると思いがけないアドバイスが!つまりは同梱のホースを使わず、タンクに繋がっている古いのをそのまま使うということ。で、解決!

ヨドで注文、翌日商品到着、取り外し&取付で1時間以内で完了。このT芝製温水洗浄便座、一番安いクラスなのに「ノズル2種」で「脱臭」までついてて操作もやりやすくおすすめです。当たり外れが多いと言われる温水洗浄便座、安いものにしておかないとすぐ壊れてまた交換になるやも?

++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-29 10:01 | 家電ツマジャンク

movieQuest『フランス映画の佳作です』

愛されるために、ここにいる/2005仏』、内容はフランス版 Shall we dance かと思ったがちいと違う。その背景は・・「50歳を迎えたジャン=クロードは司法執行官という仕事にも嫌気が差しており、施設にいる年老いた父親や、離婚した妻との間の一人息子との関係もぎくしゃくし、孤独を感じる日々を送っていた」。ウィキにあるのをコピペ。

主人公の父親は養老院のような施設に入っている。主人公が毎週末に父親を訪ねていき、父親の部屋で一緒にモノポリーの相手をしているシーンでは、突然父親が怒り出す。
f0068334_21515826.jpg
父親「おまえが持って来たチョコはいつものじゃないぞ!」
息子「いつものがなかったんでカカオ75%のにした」
父親「なぜいつものカカオ80%のを買って来ないんだ!」

養老院から帰りの車のなか・・
f0068334_2154992.jpg
わかる!あんたの気持ち!!!

ところで、別シーンではヒロインの女性が、自分の婚約者や結婚について色々思いを巡らしながら台所で食べているのが・・やはりチョコレート。
f0068334_21553555.jpg
おふらんす人、どんだけチョコが好きなのか。好きなんですよね〜〜

++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-23 21:56 | movieQuest

movieQuest『しばらく考えさせられた映画』

見終わった後、かなり余韻が残った映画『イントゥ・ザ・ワイルド/2007年』。
監督は俳優でもあるショーン・ペン。原作はアメリカのベストセラー「荒野へ」。恵まれた境遇で育った主人公が、大学を辞め家族を捨て、放浪の果てにアラスカの原野に消えた・・実話です。その本人のセルフポートレート。
f0068334_21592992.jpg
f0068334_21591999.jpg
f0068334_220367.jpg
映画では、死への引き金になったのが間違えて食べた野草による下痢だった。下痢は体力を奪っていく・・自然の中でひとりで生きるなら、前もってサバイバル訓練は必須では?とはいえ、現実はそれほど用意周到なものではないのだろう。残された家族にとって、この写真が唯一の慰めだろうか・・148分、とても長いですが心に迫る良い映画です。

++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-21 22:05 | movieQuest

老人クライシス『娘のほうも老人一歩手前だってばよー』

帰郷する直前に市のガン検診を受けた。京都市、財政難なので、近頃では「乳ガン」と「子宮ガン」の検診は隔年となっている。子宮ガン検診は直接自分で病院の予約を取って受診することになっていて、今回は近所のM菱病院で受けてみた。すると・・市の子宮頸部細胞診だけでは充分とは言えないので、有料ですがエコーで内診しませんか?と言われた。一応保険適用で3割負担で1590円。やはり色々体に不具合が出て来ているお年頃なので、それもお願いした。

で、プリントアウトされた画像写真には子宮筋腫らしい物体が写っていた。「直径7cmあります。結構大きいですよ」と、怖いことを言われた。数年前にも確か「握りこぶし位の大きさ」と言われたことがある。年齢的に言ってこれからエストロゲンが減少していくのでこのまま小さくなっていく可能性はあるが、大きくなるようだったら要注意!と脅された・・ああ

その話を友人にしたら「あんた、ケーキ一杯食べてるでしょ? 特に乳製品は子宮筋腫を育てるから控えておかないと」と言われた。乳製品が子宮筋腫を育てていたのか・・知らんかった・・(つまり、飼い主のアタクシが子宮筋腫にせっせと乳製品で餌付けしてたということ?)

エカキにその話をしたら「あんたの場合、子宮筋腫が育つより前にお腹まわりが育つんじゃないの?」と言われた・・なるほど・・

ということで、バター分が少ないスポンジケーキとクリームチーズを使わないチーズタルトを作ってみた。
f0068334_1457769.jpg
色々検索すると、ヨーグルトの水分を抜いたモノにサワークリームもどき(生クリームにレモン汁を加えて混ぜたもの)を混ぜるとクリームチーズもどきができるんだそうで。お味はと言えば、なかなかいける。軽めテイストのクリームチーズ味だ!

*もっと積極的な子宮筋腫の生活療法はこちら=http://happyfood0710.blog61.fc2.com/blog-entry-215.html
++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-20 15:03 | 老人クライシス

老人クライシス『認知症はリハビリが苦手・・』

*ドイツ国営放送が暴いた「フクシマのウソ」こちら=
*YOU TUBE http://www.youtube.com/watch?v=mKPpLpam6P0

たとえば、骨折したらどーなるか。手術ができるなら手術し、その数日後から始まるのがリハビリ。今我が母はN赤にいるが、元々N赤は急性期の医療を担っているため、抜糸後は速やかに次の段階をケアできるところに転院もしくは退院しなくてはならない。前回我が母は、途中で内科の病気が出て認知症が進行したためリハビリどころではなくなり、N赤を退院し介護施設に行くしかなかった

高齢者の場合、病院と自宅との中間に位置している「老健」という施設があるのだが、これがいずこも満員で門前払い。かといって、老健がベストというわけでもない。例えば老健にはP.T.さん(理学療法士)がいて、リハビリが毎日できることになってはいるのだが、定員100名でP.T.さんが3名(全国平均)で、入所者1名に対し週に2〜3回くらいが平均リハビリ数・・す、少なすぎ!!!

そこで登場するのが『回復期リハビリテーション病棟』、毎日朝から夕方まで日常的にリハビリを行なう病棟である。全国にあるのでご確認ください。こちら=

ちなみに、我が母はこのまま順調にいけばT市の回復期リハビリテーション病棟に転院受け入れOKとなった。その話し合い&面接のために先週末帰郷していたのだった。ここスゴいよ・・定員85名に対して、看護師&介護士で30名、リハビリ専門スタッフ35名(理学療法士16名、作業療法士15名、言語療法士4名)。

あとは「やる気」・・認知症って、根性はないのよょょ・・
f0068334_2043769.jpg
帰りに立ち寄った讃岐うどん県のお野菜直売所。朝9時から年中無休だって。
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-18 20:43 | 老人クライシス

老人クライシス『回復期リハビリテーションの門』

すべての「門」は開かれてるようであり、認知症の老人の場合、その門の幅は・・かなり狭い。(仔犬・・関係ない画像でした)
f0068334_204333.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2012-04-16 20:43 | 老人クライシス

movieQuest『こんなところに、の人』

*facebookで見つけた「オオカミの救出劇」犬好きの方に。=こちら=

古い映画を観た。「第十七捕虜収容所/1953米国」
f0068334_19413414.jpg
どこかで見た顔だけど・・あああ!テレビでおなじみの「F 君」だ!!!
++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-11 19:44 | movieQuest

老人クライシス『認知症老人の骨折&リハビリ』

前回は母の救急搬送の翌々日に帰郷した。今回はというと、2回目だったからか、前回のようなとんでもない病気が出なかったおかげか、地元にいる父親が寝込んでいるという事情で(仮病が疑われているが)ケアマネさんが「家族代理」ですべて行なうことが許された。Mais、次の病院への転院については家族の出番となる。家族って・・あたしのこと。老人が骨折入院した場合、環境が変わるのでどうしても認知症が進んでしまう。そうすると、転院先の「回復期リハビリテーション病棟」への転院が難しくなるのであった。いずれにしても転院するには転院先の病院の審査があり、その審査に際しては「家族受診」と呼ばれる家族面接があるのよね・・ちかぢかそれに合わせて帰郷するつもり。

さて、我が母はどんな様子かといえば・・「VIP待遇」の、看護師詰め所横の処置室にベッド毎移動し滞在中である。仮病?の父親はといえば、母親が骨折する同じ週に、冷蔵庫で永らく保存されていたらしい痛んだカレーを自分では処理せず母親に食べさせ一晩上げ下げで苦しめた。それが発覚したのは次の日の夕方、電話してきて「かーさんが夜中に胸が苦しいというのでちょうど心臓の薬があったのでそれを飲ませておいたから」というちょー怪しげな話に仰天して母親の介護施設やヘルパーに連絡をとり分かった次第。

「胸が苦しい」のではなく「むかむか」したんだよ!まったく!
転倒骨折の事故はそれから数日後のできごと。気を抜く暇がない。。。
f0068334_2095288.jpg
意外に苺はブラウニーにもよく合う。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-08 20:15 | 老人クライシス

老人クライシス『悪夢ふたたび・・』

先週末に母骨折アゲイン。おまけに今度はダブルで、左肩と左大腿骨・・本日手術(幸いなことに血小板はなんとか。最悪は避けることができた)。回復期リハビリテーション病棟がある病院へ転院できるかどうか微妙・・転院できねば退院し介護施設に戻ってまたぞろタクシーリハビリ通院が待つ。お金が・・・頭の中がメルトダウン・・あああ
f0068334_19295197.jpg
しばらく前の画像。高さのあるチーズケーキのレシピで焼いた。レシピ・・見つからない・・
[PR]
by nabetsuma | 2012-04-05 19:39 | 老人クライシス

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧