<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

TabitsumaJunk in Japan「郷里の都市化、その1・・」の巻

そうそう、郷里の病院や介護施設自体は都会より進んでいるかもしれない。何より土地が安い。日本全国ゼネコンが建てるんだから、建物自体の経費の幅は土地の値段の幅に比べればそうたいした違いはないだろう?

高松赤十字病院
f0068334_1672783.jpg
f0068334_16104044.jpg
最終日には父親の通院の傍ら、母親の特養見学(入所申込前)にも出かけた。すでに一ヶ所申し込んでいるが、生きているうちに入れるかどうかは未定。グループホームは費用の点で父母の年金では難しい。かといって空きがあるわけでもないし母の認知症はまだ軽いほうなので(徘徊はない)、できるだけ2人でなんとか行けるところまで一緒にと考えている。
f0068334_1618142.jpg
なかなかりっぱでしょ。1、2階がデイサービス、3階がショートステイ、4〜5階が特養(特別養護老人ホーム)。

*ショートステイ&特養に興味のある方はこちら
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-30 16:53 | ローカル旅ツマジャンク

TabitsumaJunk in Japan「県庁前でランチを〜」の巻

帰郷の際に行なったこと。義母のケアマネとの打ち合わせ。実母のガン検診2種の付き添い&実母の白内障の手術に際しての検査&婦人科の定期検診。その他もろもろの雑用。(3日目には突然父親が整形外科と眼科に連れて行ってくれと。)

これまでに増してヒドかったこととは、父親のド忘れ&思い込みの激しさであった。そのせいで『ガン検診の受診券』がない(本人はあるはずと思ってただけで探しもしていなかった)、『日赤への紹介状』もない、のないないづくし。受診券も紹介状もどちらも再発行してもらわないと受診できない、なんちゃって、高松市内を走り回った。初日にしてこのありさま。

加えてガン検診は2時間待ち、翌日の日赤に至っては朝一番で受付し、終了したのは午後5時ちかく・・たった2日で体力を使い果たした。しかも認知症の母親の付き添いである。読書でもして待つ、という訳にはいかず、ほとんど母親のお喋りにつきあいっぱなし。「エカキさんはどこ行ったん?」、これを何分か置きに聞いてくる。あとは「○○さ〜ん」と呼ばれるか、次が順番、というときに限って「おしっこ」と言う。。。日赤はともかく、ガン検診センターはトイレがほとんど和式で非常に困った。加えて、双方のトイレの扉は内側に開く。おかしい!扉は外側に開かないと介助に困るし、万一トイレ内で倒れた場合、人が邪魔で扉が開かないはずだ。まったく。。。

県庁のちかくに新しくできたランチの安価なレストラン「マルシェ」。
f0068334_22254573.jpg


More
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-29 22:30 | ローカル旅ツマジャンク

TabitsumaJunk in Japan「いつものあの中華〜」の巻

今回は特に・・ちょうど出来立てだった焼豚が、サイコー!
f0068334_17404069.jpg
讃岐高松で中華を食べるなら、ニュー雅園

もっと美味しい写真を見たい方はこちら
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-28 17:44 | ローカル旅ツマジャンク

NabetsumaJunk「おーまいがー!個人情報が!?」の巻

田舎では調理をしている暇もないほど忙しいので外食中心となる。特に我が実家には認知症の母親がいて、度々鍋を焦がすので今では調理できないようになっており、配食サービスを利用している。

今回、実家ちかくを車で走っていて「すき家」を見つけた。生のセロリをのせた「セロリ牛丼」なるもののミニサイズを頼んでみた。
f0068334_20431240.jpg
これが意外にいけた! セロリの上に和風ドレッシング?がけ、柔らかい牛丼にしゃきしゃきセロリの歯ごたえがアクセントとなりそれなりに美味い。ミニサイズは、こんなに小さめで大丈夫か?と思ったが、まあ入っていてちょうど良かった。

ところで、こちらにも書いたが『帰郷した翌日、市役所の建設課に電話したら、担当者、すっとんでくる』というのには、背景がある。エカキ実家の敷地内を削って、家の周辺道路を拡張する計画がもちあがっていたのであった。義母の土地だから義母が賛成していれば問題なく我々は関係ない。が、近所に帰郷のごあいさつ(毎回手みやげを持参しあいさつするのが恒例)に行き、色々情報をもらったところ、エカキ実家の北側の土地を5メートル幅ほど削ることになるらしい。そう義母に伝えたら本人が大変驚いて「5メートルも!聞いてない!」と言うので、翌日役所に電話し「義母が驚いてのけぞった」と親切心で伝えてあげたら、慌ててすっとんで来た。というわけ。

詳しくご説明いたしたいと言うので、義母は耳も遠いし理解力も落ちているので「その息子にどうぞ」と客間に通す。で、あとで聞いたら、話の冒頭で「うちの課長がエカキさんと小中で同窓です。バレー部で一緒にやってた○○も同じ部署です。その他エカキさんの同級生がたくさんおります!」。。。
すっとんで来たわりにはエラく身辺調査が入っている・・お役所って、個人情報云々とウルサいわりには、これってどーなの??

+++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-26 21:11 | ナベツマジャンク

TabitsumaJunk in Japan「れいの蛇口うどん〜」の巻

讃岐のうどん屋、セルフサービスの場合には色々な手順があり、セルフ度がヘビーになる様子は下の順。

A.うどん作りはお店のひと、お客はそれを席に運んで食べた後は片付け。
B.ゆでて丼ぶりに入れたうどんをカウンター越しにもらい受け、客がトッピング &つゆかけ。kokkoさんご指摘のようにネギ&生姜は好きなだけ。
C.うどん玉をもらい受け、用意されたお湯で客がうどんをゆがき温め丼に入れ、 つゆを注ぐ。
D.店の周辺の畑でネギを抜いて自分で刻む。そのあとは「C.」に続く。

A 〜D、どれがお好みですか?

さて、こちらの「ふるかわ」は、B.タイプのお店。
f0068334_20515455.jpg
セルフには・・多い・・午後早くに店じまい(3時まで)。そしてごはんメニュー
f0068334_21212214.jpg
蛇口から出し汁〜
f0068334_21222617.jpg
ここの釜玉は、おろし&レモン。
f0068334_2123692.jpg
お品書きはこちら=
f0068334_2125362.jpg
こちらの場合、小はうどん1玉、大は2玉のことです。いつも利用する東かがわ市の六車では「小1玉、中2玉、大3玉」。
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-25 21:25 | ローカル旅ツマジャンク

FoodQuest「デリカテッセンとは・・」

「デリカテッセン」とは、ウィキによると『デリカテッセン(英語:Delicatessen、ドイツ語:Delikatessen)、サンドイッチや持ち帰り用の西洋風惣菜を売る飲食店である。 ドイツ語で「美味しいもの」を意味するデリカテッセ("Delikatesse")の複数形』。

昨日紹介した『メツゲライ楠田(METZGEREI KUSUDA)』はドイツ風加工品を中心としてるが、並んでいるチーズ&総菜はフランス、生ハム類はイタリア、と西ヨーロッパの食のミックスである。

購入した総菜の「レンズ豆のサラダ」と「ザワークラウト」。
f0068334_1494356.jpg
「レンズ豆のサラダ」はフランスの総菜屋なら、その総菜屋の力量を試す為にnabetsumaの場合必ずチェックするアイテムだ。で、こちらのは100gで428円・・残念だが美味しくないのに高い。「ザワークラウト」は100g273円でレンズ豆より安いが不味い。

フランスのアルザス地方はドイツと国境を接しており、フランス風ドイツ料理で有名だが、アルザスで食べた「シュークルート」は「ザワークラウト」と名前こそ違え同じ料理。ザワークラウトは美味しいがシュークルートはまったく別のキャベツ料理。フランスのは不味い。こちらのザワークラウトの味はシュークルートのよう。

同様なことは南仏でも経験した。イタリアとの国境に近いフランス側の街のレストランではパスタがよく出されるが、不味い! すぐ近くなのにね?
f0068334_1425270.jpg
さて、ソーセージはメインを3つそれぞれ1本ずつ買った。「テューリンガーブラートヴルスト」「ソーシスドアライユ」「ソーシスペイザンヌ」。ヴルストはドイツ語、ソーシスは仏語。やはり「テューリンガーブラートヴルスト」は美味いがソーシスは普通。
f0068334_14323624.jpg
ソーセージは10〜15分フライパンに蓋をしてじっくり焼き中まで熱々にして食べる。うっま〜〜
f0068334_14382880.jpg
f0068334_14383785.jpg
パンは昨日紹介したヨシカワのもの。特にオリーブ入りのがウマウマ〜〜
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-24 14:40 | chez-nabetsuma

FoodQuest「帰りは芦屋にちょっと寄り・・」

帰郷前に、芦屋の友人から「素敵で美味しいお惣菜屋さんがオープン」の知らせをもらった。『メツゲライ楠田(METZGEREI KUSUDA)』。六甲に最初に出店だそう。「METZGEREI」とは「ブッチャー」肉屋のこと。ドイツ風デリカテッセンかな。フランスだと豚肉加工食品屋「シャルキュトリー」となる。
f0068334_1823132.jpg
店主はドイツで修行したらしいが、ラインナップは・・独、仏、伊ミックス。ショーケースのメインは「ハム・ソーセージ」。イタリアの生ハムやパリで有名なピエール・オテイザのハムやサラミも扱っているとのこと。
f0068334_1843822.jpg


More
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-23 20:13 | chez-nabetsuma

Ekaki-tsuma Junk 「ブータンと犬と黒岩比佐子さん」

f0068334_2130354.jpg
ブータンは幸せ度の高い国だそうだ。それを表す度合いとして「国民総幸福量(Gross National Happiness)」があり、ブータンではそれがなんと「90%」を越えるんだそう。

だからなのか、エカキの知り合いの黒岩比佐子さんがブータンを訪ねたおりに、ブータンの犬もまた幸せそうなんだということが分かった。こちら=

帰郷していた18日の朝刊で黒岩さんが亡くなったことを知った。そして、21日に名神の渋滞にもまれつつ京都に戻り、疲れ果てドラマを二人でなんとなく観ていたら、伝書鳩の話が出て、主役の獣医ドリトル小栗旬が伝書鳩について書かれた本を手にとっていた・・なんと黒岩さんの本だった。『伝書鳩 もうひとつのIT

思わずふたりして顔を見合わせた。。。合掌
f0068334_21292428.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2010-11-22 21:31 | エカキツマ・ジャンク

TabitsumaJunk in Japan「蛇口って???」の巻

『蛇口』って・・・
普通は「水、お湯」がでますよね?
で、讃岐ではというと・・
ちょっと違うんですよね・・
f0068334_19175342.jpg
**今回の帰郷はちょいとヒドかった。。。失踪したいかも?

++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-21 19:21 | ローカル旅ツマジャンク

TabitsumaJunk in Japan「ウウウッ!不味い!」の巻

びっくらした!
マズい「讃岐うどん」を今日喰った!
あまりにマズかったんで、
写真を撮るのを忘れた!


まず「つゆ」の色が褐色だった。。うどんの色つやも「?」だった。食べたら、うどんにコシなく塩分なし。つゆも色が濃い割りには塩加減が薄い。。。なんちゅう「うどん」なんだーーー

ところが・・どんどん地元人がやってきて列をなした。セルフで値段が安いからか。朝から忙しく過ごしたのに、お昼にマズいもん食べてがっくし。疲れ倍増。この先が案じられる。。。

今日のお仕事=
8:30=市役所の土木部に電話。担当者、すっとんでくる。何も言ってないのに    なあ・・
9:00=ヘルパー来りて掃除する。
9:30=JAに出向き「通帳記帳」「共済の証書いずこ?」「預金の解約」
10:20=眼鏡屋に義母を連れて行く。眼鏡を作る。先週転んで壊した。
11:30=驚愕のマズい讃岐うどんを食する。義母を家に連れ帰る。
12:15=家の鍵のスペアをホームセンターに作りに行く。頼まれた買物。
13:00=家にてお茶。
13:30=スーパーに夕食の買物。
14:00=夕食の下ごしらえ。
15:00=新しいケアマネ−ジャー来る。介護度が上がったため市の担当者から      事業者へ交代。打ち合わせを行なう。転んだ場所での現場検証も。
17:00=夕食の支度。
18:00=夕食。片付け
19:00=いま〜〜

*明日からPC環境なしです〜 またね〜
[PR]
by nabetsuma | 2010-11-15 19:31 | ローカル旅ツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧