人気ブログランキング |

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
カレンダー

<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

みなさん、中華のモヤシ炒めを作るときに、モヤシ、どうされてます?

近頃お野菜が高いので、愛用しているのがこちらのモヤシ。細長い「根」を最初から切り取ってくれている、ありがたーいモヤシ。どうせなら、頭の芽の部分も取り除いてほしいわ、ほんまに(中華料理の下ごしらえ、モヤシは芽と根を取り除く)。
f0068334_113319.jpg
スピナーに水を張りモヤシを洗う。
f0068334_1181470.jpg
で・・ぐるぐるぐる
f0068334_1110365.jpg
1回スピナーをグルグルまわしたなら、脱水した水を排水口から流しておく。で、もういちどグルグルグル。
f0068334_11112182.jpg
はい出来あがり!しっかり水切りでき、モヤシ炒めが UmaUma シャッキリできますぞ=

サラダスピナー、サラダだけに使うわけではありませぬ。。。
by nabetsuma | 2010-04-29 11:13 | chez-nabetsuma
久々の「Nabe」話題!
知ってはりますぅ? 「1Q84」の「BOOK3」が100万部達成だそう。。。
我家のエカキの出した本はウン万部どころか、増刷することさえ珍しいという代物。さびし

で、Kcous師匠のカキコミによると、大橋歩氏が出していたアルネの10号がオークションで高値で取引されているそうだ。「持ってるでしょ?」とKcous師匠に聞かれたが、「えええっ? まさか!? ・・持ってます」。

これね!
f0068334_2217522.jpg
なあんでこのアルネを所有してるとみなさん思われます?
それはね・・
f0068334_22182435.jpg
ここに村上春樹宅ご訪問という記事が掲載されており、そのなかで赤いFINEL鍋が村上家の生ゴミ入れになっていると紹介されていたから!
(仕事部屋で「iMac/別名大福」を使っていたから許してあげました)
by nabetsuma | 2010-04-27 22:22 | NabeQuest'080910
今日は神戸の六甲へお出かけしてました。。。デジカメ、忘れたの。。。詳しくはこちら

神戸の震災で周辺で唯一残ったという建物を改装された蔦の絡まる素敵な場所での開催。明後日まで大橋歩さんの銅版画展をゆったりとした雰囲気のなかで鑑賞できます。(先週の土日は大橋さん来廊されワークショップがあったもよう。ご本人が現れたのでキャーの世界だったらしいですぞ。)
f0068334_2244593.jpg
展示されている銅版画の幾つかは「村上ラヂオ」のカットから。村上春樹が大好きな方もどうぞ!もちろん版画は購入できます。
f0068334_2244319.jpg

by nabetsuma | 2010-04-26 22:45 | ローカル旅ツマジャンク
またもや"pain d'epices/パン・デピス"。。。その2、レシピBです。。。
f0068334_19555620.jpg
レシピAとの違いとしては、カラメルを多量に使うところか。。。実際にはハチミツを65gから80gに増量し、カラメルを90gから40gに減量。砂糖90gをカソナード40gに減量。つまりは糖分245gが160gに。その分、八朔ピール&レモンピールとレーズンで100g、アーモンドプードル50gを加え甘味の補充に。
f0068334_19572874.jpg
で、お味は複雑になり・・でもカラメルはなんか合わないと感じた。。。まだまだ探求はつづく・・予定
by nabetsuma | 2010-04-26 20:12 | chez-nabetsuma
ズバリ、pain d'epices/パン・デピス!

実はパリのBioスーパーやハチミツ屋さんでパンデピスを何度も見かけたのだが、あまりに不味そうな雰囲気だったのと、塊の大きさにウッとたじろいでしまいチャレンジできなかったのだった。
f0068334_10262863.jpg
見た目、バターケーキ、でも、一般的にパンデピスは「無油脂」ケーキなのだ。ケーキと書いたがpainと呼ばれる通りハチミツ&スパイスパンでもあるようだ。ややこしいのは、レシピが山のように出てくることと、それらがあまり一定でないこと。その理由としては誕生国フランスの各地に様々なお国自慢レシピがあることに機縁しているからか?(検索すると「東欧のお姫様がフランスの王様に嫁いだ時にディジョン地方に伝えられたハチミツと香辛料入りのパン」というエピソードも出てくる。他にも色々雑多あり)

パンデピスはクリスマスが近づくとお菓子屋さんの店頭に並ぶという季節菓子。同じく1月に並ぶGalette des Rois/ガレットデロア、2月のクレープ(シャンドルール「聖母のお清めの日」2月2日にクレープを食べる)と同じ。

レシピによっては「パサパサのタイプ」「ねっとりずっしりのタイプ」「アマ甘のタイプ」、一体どれからチャレンジしようかと思いつつ、2種に挑戦。AレシピBレシピ

Aレシピは、スパイスとハチミツの量が多過ぎる気がしたので、スパイスを10gから7gへ、ハチミツを150gから70gへ、カソナードは50gから30gに減量。その分マーマレードを40g追加した。
f0068334_113932.jpg
少しトーストしてバターを塗って食べると良いらしい。香りが・・うう〜〜ん、爽やか〜〜ん チャイと一緒にアフタヌーンティ〜
f0068334_1134822.jpg
*自分用メモ:本国おフランスのレシピ → Pain d'épices
ウッ!250g粉に対してハチミツ同量250g・・そのうえ砂糖が100g・・甘い・・
by nabetsuma | 2010-04-25 11:05 | chez-nabetsuma
ピール作り、佳境に入ってます。。。

今年も「チョコがけ」を幾つか。。。
f0068334_1033644.jpg
湯煎で市販のチョコレートを溶かすだけ。あとは・・
f0068334_1034177.jpg
こんな具合に。

パリで買った松の実、第四弾! 刻んだピールと松の実を溶かしたチョコに混ぜまぜしたらクッキングシートにスプーンで載せるだけ。。。美味しいですぞ=

*クッキングシートは優れものです。完全に冷めたら、チョコピール、くっつかず軽く外れます。
by nabetsuma | 2010-04-24 10:38 | chez-nabetsuma
パリの製菓材料店 G.DETOU でゲットした松の実を使う、第三弾=

変わりミートローフ・・添えるべきお野菜を中に入れちゃった===らくちーん
しかも野菜ゴロゴロ入れたんで塊の全体量が増えて(水増しとも言う)ええ感じ〜
f0068334_16273790.jpg
ジャガイモ・人参・玉ねぎ・豆・松の実、入ってまーす!
(加えて松の実は上面にもまき散らしてあります)

見た目からは分かりませんが、ミートローフは塩加減を多めにし、その上で粉ブイヨンを1/2袋ほど加え、味を濃いめに調整しておくと美味しく出来あがります。

レシピはこちら=たっぷり野菜のミートローフ。ただし、金のごまだれは使いません。&コーン・グリンピース・椎茸も「なし」!!

*30分焼いたら、途中でアルミホイルのカバーを外し20分。焦げ目がついたほうが美味しそうなんで。ホイルを外したら蒸し焼きになっていた塊から水分や油分が流れ出るので、それらを軽くキッチンペーパーでぬぐっておきましょう。
by nabetsuma | 2010-04-23 16:32 | chez-nabetsuma
4/3に名古屋に出かけたのはエカキです。覚王山に行ったので、おみやげを頼みました。これは・・
f0068334_18534069.jpg
名古屋と言えば・・イモ好きのあたしとしては『鬼まんじゅう』。
f0068334_18541832.jpg
梅花堂が有名だとか。そこで5個(1個120円)買ってきてもらいました。
f0068334_18582398.jpg
10時半来店の時点にて予約買い。12時すぎ蒸しあがり。受け渡し時にはお店外の電光掲示板に「売り切れました!」の表示が。。。前回、覚王山に出かけた時にはちょうどお休み(不定休なのに)で逃したのであった。

一番美味しいと言われている鬼まんじゅうを食べてみて、これが一手間かかっている、と感じました。粉類をからめる前に、一度サツマイモを蒸すなりゆでるなり下準備をしてますねえ(イモがかなり柔らかい)・・しかも衣が黄色っぽい。衣の味わいにもサツマイモがコラボしてます。お芋のゆで汁なり加えていそう。

あ、4/3のことなんで、鬼まんじゅうはとっくに胃袋のなかですから〜〜
by nabetsuma | 2010-04-21 19:13 | ローカル旅ツマジャンク
みなさま、ご存知でした?
イタリアという国にプロのバレーボールリーグ(しかも名称が「セリエA」、サッカーと同じじゃん?)があるということを。

ええ、あたしは知ってましたわ。だってイタリア、ある時期よりバレーボールがメキメキっと強くなったことだし。

で、久々に世界ランキングを調べてみたら・・なんと男子ではキューバよりイタリアのほうがランクが上ですやん!(日本は女子5位、男子11位。でも、単にキューバが弱くなっただけかも)

『なぜイタリアのバレーボールが強くなったのか?』、その謎が先週末明らかになった。。。。あるテレビ番組の街頭インタビュー、イタリア人男性がこう語っていた。。。

イタリアではバレーボールは人気がなかった。が!「アタックNO.1」が放映されてから子どもたちがみんなバレーボールをやるようになった。

し、しらなんだ・・・そういえば、世界の有名サッカー選手の多くが日本のアニメ「キャプテン翼」の影響をもろに受けていることはよく知られている。ちなみに、マンガ&アニメの功罪として「キャプテン翼」が取りあげられるときに必ず言われているのが、日本ではFDよりMFのポジションの選手が多いのはこの「翼がMF」だったかららしいぞ。

もうすぐ封切りになる「タイタンの戦い」の監督はおフランス人だが、日本のアニメで育った世代でもある。男の子の着せ替え人形で一世を風靡した「聖闘士星矢」が、おフランスでも絶大な人気を誇ったことはnabetsumaも知っている(前回のパリ滞在でも聖闘士星矢は放映されていたことをこちらで報告)。が、そのルイ・レテリエ監督がタイタンの闘いに聖闘士星矢のコスチュームを参考にしたとは・・・

思うに、こうやって「日本に対するイメージ」が、世界のなかで日本のマンガやアニメで育った世代に好意的に受け入れられているってことは、輸出品やODAや観光いじょうに大きなインパクトではないかい?    

文化って素晴らしい! むしゃむしゃ
f0068334_14501049.jpg
レシピはこちら=お砂糖はカソナード使用。若干アパレイユの色が茶系である。カソナード、甘さのなかに不思議な奥深さがあり美味い。
by nabetsuma | 2010-04-19 14:46 | ナベツマジャンク
パリの製菓材料店 G.DETOU でゲットした松の実を使う、第二弾=
f0068334_9245630.jpg
ラムレーズン入りのカスタードクリームをビスキュイの上下で挟んだ『torta della nonna/おばあちゃんのタルト』。松の実は煎らずにそのまま使用。
f0068334_9204143.jpg
イタリアのあちこちにある名称のタルトらしい。検索すると「カスタードクリーム&松の実」が使われていることは共通だが、多種多様なレシピが出てくる。お味のほうは・・思ったより普通であっさりしている。おばあちゃんが日々の生活のなかで作る普段使いのお菓子の雰囲気である。
f0068334_9141646.jpg
去年より仏と伊の双方のお菓子を作っていて感じるのが、製菓の基本はイタリアで、それを発展させたのがフランスかな?

フィレンツェのメディチ家のお嬢さまがフランスに嫁ぐことにより、仏の食文化が多いに発展したことはよく知られているが、本家本元のイタリアの食の文化がルネッサンス時代よりあまり変化していなさそうなのはどういうわけなのか? 

素朴な味わいのイタリアのお菓子をほおばりながらそんなことを考えている。。

*nabetsumaがよく作っている「アマレッティ」はカトリーヌ・ド・メディシスにより仏に伝えられたお菓子のひとつで、マカロンの原型と言われている。
by nabetsuma | 2010-04-17 09:22 | chez-nabetsuma