人気ブログランキング |

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

火曜日は久々に仕事に出かけた。急に暖かくなった今週、街なかにはマスク姿の人たちが急増していた。加えてあちこちで、クシュン!くしゅん!くしゃみの音が!

ああ・・春だなあ・・
f0068334_830559.jpg
しばらくお休みです。
by nabetsuma | 2010-02-25 08:31 | ナベツマジャンク
なあんか・・びみょう〜
f0068334_17301829.jpg
中に入っているのは「キャラメルチョコチップ」。cuocaでは人気No.2なのだけど・・

お味がはっきりしない。イメージはキャラメル好きのチョコ味だったんだけど。。。
f0068334_17323717.jpg
オートミールにライ麦、ブラウンシュガーにレーズン、なんとなく「天然生活」チック〜
f0068334_17373292.jpg
形を気にしないで作れて便利なチャンククッキーでした。
by nabetsuma | 2010-02-23 17:40 | chez-nabetsuma
(=∧=)金槌でガンとコンプレッサーを目覚めさせたかったが・・すでにネット注文していたnabetsuma。木曜T芝サービスマン来りてあっさり買い替えを推奨(悪魔が来りて買い替えの笛を吹く)。その後3時間で機種を選択注文(この間にヤマダ電機で実物チェックあり)、金曜京都の配送センターに到着、土曜朝いちで設置業者から電話で配送設置時刻のお知らせあり。土曜日正午ごろ、新しい冷蔵庫運転開始。。。

*T芝冷凍冷蔵庫339L・『GR-B34N-S 』安い!!!!
f0068334_16535853.jpg
ほんとのところ、冷蔵庫で定評のある三菱か省エネ得意のパナにしたかったのだが、300〜400Lクラスだと、この2社では冷凍庫&野菜室の容量が少ない。あと・・チビなので、170cm以上の冷蔵庫は最上段に背伸びしないと届かない。ゆえに、結局またT芝製の高さ160cmタイプ。以前のは高性能機種で前面のパネル表示も役立って良かったのだが、サービスマンによると最近の家電は作りが相当やわでとても長期間は保たないそうだ。そうなると機能云々より、買い替えを考えて安価なモノにしておくことが必須と感じた。。。というか、あまりよく検討するヒマもなく、ヨドバシのHPより即日出荷可能な機種から選択となった。あああ

     ◉今回かかった費用。  
      T芝サービス(出張&技術料) 3360円
      GR-B34N-S ヨドバシ価格  64800円 + リサイクル配送料  525円
        + 古冷蔵庫リサイクル代金 4830円
                 総計   73515円 
ところが!!
     ◉エコポイント&リサイクルポイント=11000円 + ヨドバシポイント9720円
                 総計   20720円(帰ってきます!) 
つまりは・・52000円ほどで新しいのが買えた、つうことでした。しかも自動製氷機能付。              
by nabetsuma | 2010-02-21 21:23 | ナベツマジャンク
買って「9年」でお釈迦とは・・色も性能も気に入ってたのにぃ
f0068334_2023255.jpg
今週はこの件にて週の最初から大騒動でハチャメチャでした。。。

なんでぇええーーー冷蔵室が「8度」、冷凍室が・・「ー6度」・・ああああ!!!色々溶けとるがな!
f0068334_17115589.jpg
もちトリセツ(取扱説明書)を見てやれることを全部やり、Tシバお客様相談室に電話。で、もう1回やれることを全部やり、午後再びその結果報告電話! で、費用はかかるがサービスセンターから点検に来てもらうために予約を取る。2日後サービスマン来る。ちゃっちゃっと調べて、

(・。・)「奥さん、これ、コンプレッサーが逝かれてます」。。。
(=∧=)「あたし、この冷蔵庫とっても気に入ってるの。部品交換したらお幾ら?」
(・。・)「これだと・・8万くらい」
(=∧=)「ギャッぎゃっ!!」
(・。・)「止めといたほうがええですよ。安いの1台買えますもん」
(=∧=)「あのねえ、最近冷蔵庫って何年保つの?」
(・。・)「そうですねえ・・9〜10年くらい?」
(=∧=)「・・・・・」

サービスマンは滞在10分で3360円(出張費&技術料)を受け取りさっさとひきあげたとさ〜〜

きぃいーーー絶対に家電内部に「9年で終わり時限爆弾」が仕掛けられてたんだ!!
by nabetsuma | 2010-02-18 16:41 | ナベツマジャンク
花巻・・よくこちらのお方が作っている。。。nabetsumaが作ったのは・・ほんとに久しぶりで、たぶん10年くらいは作ってないだろ。。。製作画像は・・ない・・・
f0068334_8503816.jpg
むかし「美味しんぼ」というマンガを読んでいた時期があり、そのなかのエピソードで、吹雪の山荘に閉じこめられ「小麦粉・ネギ・ゴマ油・塩」で何か作れないか?という難題に主人公が思いついたのが、この『花巻』・・と思ったら違っていた。検索したら、同じ中華パンの親戚「ローピン」だったらしい。うろ覚え。。。そのとき試作したのが、フライパンで焼かないで蒸したので花巻と思い込んだらしい。。。困ったもんだー

花巻の作り方はこちらなどご参考に=

今回は焼きビーフンのお供に作ったのだった。
f0068334_846144.jpg

by nabetsuma | 2010-02-16 09:15 | chez-nabetsuma
冬季オリンピック、始まりましたね〜
開会式・・ミステリ読みながらの、ながら視聴しましたが、歌たってるシーンばかりで観るべきものがなかった、と思ったのはnabetsumaだけ?(エカキの感想、エコノミーな演出)

で、あれれ・・ブライアン・アダムス」じゃん!

80年代にヒットを幾つか飛ばしてたなあ・・と思い出し、どの曲をチョイスしようかと考えてたら、埋め込み禁止の曲ばかりだった。。。およよ

どれも埋め込め禁止なら、いっそ『しゃがれ声、御三家隊』と称して、この選曲はいかが?

「All For Love/オール・フォー・ラヴ」
ブライアン・アダムス&スティング&ロッド・スチュワート。映画『三銃士』のテーマ曲。全米チャート1位(全英2位)となる。   ↓    ↓    ↓

          http://www.youtube.com/watch?v=n-AB7RJpOjY

さて、みなさんは『しゃがれ声、御三家隊』の中で、誰が一番のしゃがれ声だと思いますか? ご投票ください! *ブライアン・アダムス *スティング *ロッド・スチュワート
by nabetsuma | 2010-02-14 15:41 | '70'80年代Quest
金曜はミステリの日。

今回の厳選ミステリは「2作品」を紹介。
『CHIEFS/警察署長(上下巻):スチュアート・ウッズ、真野明裕訳』1987年刊行。
ハヤカワ文庫各巻861円。本書にてウッズは1982年の「MWA最優秀新人賞」を受賞した。この原作よりテレビドラマが製作され、某公営放送で放映されたので覚えておられる方もいらっしゃることだろう。なかなかよく出来たドラマで、キース・キャラダイン(兄はキル・ビル等の俳優デビット・キャラダイン。去年バンコクで謎の変死)が怪演していたことを思い出す。
f0068334_16575784.jpg

『GRASS ROOTS/草の根:スチュアート・ウッズ、矢野浩三郎訳』2000年刊行。
文春文庫920円。

f0068334_16582042.jpg「警察署長」の続編と言えなくもない(警察署長が対KKKならこちらはVS白人至上主義過激派団体)非業の死を遂げた警察署長の孫となる「ウィル・リー」が主人公となるのが「草の根」。本書は、アメリカ合衆国上院選挙の選挙戦のさなか、ウィル自身が担当する裁判に選挙のゆくえが絡まったクライマックスへ怒濤の突入を見せるジェットコースター型リーガル・サスペンスである。

2作共に面白いです。評価も2作品総合でいきます。

  ◉総合的推薦度:☆☆☆☆☆
  ◉謎解き推理度:☆☆☆☆☆
  ◉サスペンス度:☆☆☆☆☆
  ◉知的情報要素:☆☆☆☆
  ◉ロマンス要素:☆☆☆


スチュアート・ウッズは非常にうまい作家だと思う。読んでいて読みやすいし、内容が複雑すぎず(読んでいる途中で分からなくなるという謎が謎を呼ぶタイプではないということ)、それでいてエンターテインメントに溢れており展開はダイナミックだ。。。あははーー書評が横文字まみれになっちゃったあ〜〜

2月生まれの方々!ハッピィバースディ〜 いえぃ!
f0068334_1850503.jpg
もちパートナーからではありませぬ。友人から〜(これからの人生、持つべきモノは・・友だちです!)Kちゃん、ありがと〜
by nabetsuma | 2010-02-12 17:33 | BookQuest
アマレッティ・・それはイタリアのお菓子。。。
妙に奥深い、その「シワ(ひび割れとも言う)」の味わい〜〜
(年くってくると、みょーなことばかり気になるのだった)
f0068334_16544935.jpg
・・coming soon・・あ、来た!

作り方はこちら=
by nabetsuma | 2010-02-09 16:55 | chez-nabetsuma
先週のこの「'80年代Quest」、非常にタイムリーであった!
なあんと、25年ぶりの2010年2月1日、グラミー賞の受賞式ついでに「ウィ・アー・ザ・ワールド」が再び=ハイチ支援に約80人のアーティスト結集!

ということで、1984年アフリカ支援のチャリティープロジェクト『BandAid』が翌年アメリカに飛び火し『USAフォー・アフリカ』が結成され、同年『Artists United Against Apartheid』による「サン・シティ」がリリースされた。

1985/Artists United Against アパルトヘルト

     

このビデオクリップだが、なかなか豪華なのだ、監督が!
ニューヨーク編/ジョナサン・デミ、ロス編/ハート・ペリー、ロンドン編/ゴドレイ&クレームがそれぞれ撮影。ジョナサン・デミはその後「羊たちの沈黙」でアカデミー監督賞受賞。

そこで、思い出してほしい、「ゴドレイ&クレーム」を。数々のmusic videos を世に送り出したUKのアーティスト。彼ら自分たちのmusic videoを1曲どうぞ=

1985年/CRY by Godley & Creme


     

*1985年のMTV Video Music Awardsでは"Video Vanguard Award"を受賞。当時、この cry のmusic videoは結構センセーショナルだった。
by nabetsuma | 2010-02-07 09:00 | '70'80年代Quest
金曜はミステリの日。

3回目の厳選ミステリは、
『The Scold's Bridle/鉄の枷/ミネット・ウォルターズ、成川裕子訳』2002年刊行。
創元推理文庫1155円。

f0068334_14115893.jpgデビュー作「氷の家」で英国におけるミステリーの頂点「CWA(英国推理作家協会)最優秀新人賞」を受賞し、乗りに乗って書かれた第3作がこの「鉄の枷」。1994年、CWAゴールド・ダガー賞(最優秀長編賞)受賞作。ゴールド・ダガー賞、なんと賞金が£20,000(約300万円)。推理小説の賞金としては世界最高額だそう。
ある資産家の老婦人が仕置きをされるときに装着される鉄の枷を頭にはめられ殺される。その謎解きは老婦人の複雑な人間関係を絡め、最後の最後までその糸口を見せようとはしない。
  ◉総合的推薦度:☆☆☆☆☆
  ◉謎解き推理度:☆☆☆☆☆
  ◉サスペンス度:☆☆☆☆
  ◉知的情報要素:☆☆☆☆
  ◉ロマンス要素:☆☆☆☆☆

nabetsumaの大好きな推理小説作家ベスト3に入るミネット・ウォルターズ。手元に7作品あるのだが、そのなかでもダントツにロマンス的要素が強い。殺人事件のさなか、浮気性のおとこが意外なところで「ここだけの話、ぼくはぼくの怒りっぽい女房を心から愛している」と真摯に語る台詞が頭にこびりついている。えええっーー、そうなん?? だとすると話がまったく違うやん!! ってなかんじ。。。(ちなみにその浮気性のおとこの職業は・・画家。)
by nabetsuma | 2010-02-05 14:38 | BookQuest