<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

NabetsumaJunk「変われ!・・」の巻

驚いた・・

昨夜の8時00分、MacBookで某公営放送のネット速報を開いておき、テレビのスイッチオン。8:01報道ステーションで「民主300議席越え」と速報は速かった! えええっ?の世界。以前からこんなに速かったっけ?

今回の選挙で世襲議員は激減し、女性議員はこれまでで最多だそう。人口の半分以上が女性なんだから当たり前だろ? あちこちのブログで新しい政権はこれからが正念場、と称されているが、とにかくこの閉塞感漂う世の中に新鮮な空気をかき入れてほしい。

ちなみに我夫からは結婚した時から1つのことを禁じられている。「あなたは何をしてもいいけど政治だけはダメだ」。さっき、その理由を聞いたところ「潔癖すぎるから」だそう。そうかなあ・・外のゴミ箱のすぐそばにゴキブリの死体がころがってもう1週間になる・・

無印良品が最終バーゲン価格からネット利用で夏物が更に10〜20%OFF。つい買っちまった・・5点で5000円少々、お得感いっぱーーい!
f0068334_1632834.jpg
左上の白い2点はクッションカバー、 ミンミンさんちに憧れて〜

右手はNセイフティケース、手前右はストレッチデニムレギンス・・1181円きゃっ安い。左は麻メランジストール、元値は3000円以上。うふっふ。

ああ、2009年の忘れ得ない夏の日は過ぎゆく〜〜

(=∧=)補足。上のエカキの「潔癖すぎるから」は、例えば「嫌いな人に向ってにっこり笑ってあなたのことを好きよ、と言えないだろ?」ですって。そんなもん、言える訳ないじゃん!!
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-31 16:24 | ナベツマジャンク

Kyoto-Quest「京都の北で起こったこと・・」の巻

8/22(土)に京都の街中で行なわれたイベントにちょっと寄って来ました。
姉小路行灯会。姉小路通りを中心に路上に行灯を灯して夏の終わりの風情を楽しむ会です。まだ明るい6時頃・・本部前。
f0068334_853825.jpg
薄暗くなってくる頃、ロウソクに明かりが灯ります。
f0068334_911197.jpg
それが通り全体に並べられると・・
f0068334_9115614.jpg
さて、↓ に見覚えのある方は? じつは2年前に家探しをした際に「ここ、空いてるよ」と近所の方に言われ、看板の不動産屋に問い合わせをしたことがあります。こちら=。あれから2年以上経つ訳だが、まだ空き家なのね・・だってお家賃が・・48万円なり・・
f0068334_974869.jpg
お祭りの間に若い人たちが配り物をしていました。もらった冊子は、
f0068334_9144042.jpg
f0068334_9215492.jpg
*詳しくはこちら=。『事件詳細のマンガを読む』をクリックください。とても良くまとめられたマンガです(さすが日本で初めてのマンガ学部を設置した精華大。京都市と共同で京都国際マンガミュージアムを設立)。被害者のひととなりまで分かり、事件が早く解決されることを切に祈ります。
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-29 09:41 | Kyoto-Quest

Kyoto-Quest「近所と地蔵盆・・」の巻

これは阪急沿線の桂離宮のそば・・
f0068334_1426558.jpg
まだまだ田畑が残ってます。近くには出来たばかりのマンション。
f0068334_1975054.jpg
入口がなぜか京都風。
f0068334_1985610.jpg
毎年恒例の地蔵盆。そして・・毎年のように子どもの数が減り、自治会費が余るせいなのか、各家庭にも抽選で(ハズレなしよ)色んなモノが当たるのだった。
f0068334_1994893.jpg
ゴミではありませぬ。44番ね。中身は・・
f0068334_1432836.jpg
意外にも有料化したゴミ袋が一番うれしいのだった。ただし、45Lではなく30Lでもなく「20L」なのだった・・老人の独居家庭が多いのよ。
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-27 14:35 | Kyoto-Quest

FoodQuest「まだまだトマトソース・・」

今度は有人野菜販売所で買って作ったトマトソース。トマトは完熟の様子のよく熟れたタイプ、2kgを用意。1000円分買った。
f0068334_15361236.jpg
加えて、我家のイタリアントマトのバンビを。デパートでイタリアントマトが入手可能なので、日本のトマトに加えて作るとソースにうまく酸味が配合されコクもでる。

2kgだと、4.5Lの鍋で2/3量になり煮やすい。半分まで煮詰めたらガラス瓶に移す。2kgで1.6Lのガラス瓶1ヶ取れた。
f0068334_15375665.jpg
8月にトマトソースを作るという、まさに今nabetsumaはイタリア人の気分〜〜

*トマトをゲットするついでに選挙に行って来ました。不在者投票(封筒に入れて投票、封筒から投票用紙を出し投票管理人が投票箱に投票)&期日前投票(自分で投票箱に入れ投票)は何度も行なって来たのですが、今回が一番混んでいたと思います。みなさんも日曜と言わず、行ける時に行きましょう〜
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-25 15:40 | chez-nabetsuma

FoodQuest「イタリア式トマトソースの作り方・・」

*昨夜から風が冷たい・・秋ですね・・

(=∧=)イタリア人はいかにトマトを保存しているのか? 干す?瓶詰め?さてはてその方法は?

という疑問にひとつの解答。下に紹介した文化出版局から出ている「PIZZA/ピッツアの本」からです。

1)トマトの皮を取り除く。使用するのは挽肉機。日本の家庭にはまずない器具です。
f0068334_15502755.jpg
2)次に皮を取り除いたトマトを大きなガーゼの布に漉し入れます。
f0068334_1552356.jpg
3)庭にガーゼ布に入れたトマトを一昼夜吊るします。地面には長年染み付いたトマト汁の匂いがしそう・・
f0068334_15534431.jpg
4)煮沸したガラス瓶に水分を切ったトマトを入れ、瓶ごと大きな鍋で水から沸騰させ1時間煮る・・と本にはある。そのまま冷まし中を真空化し完了。
f0068334_1556043.jpg
なんかあ・・瓶の中に中身がちゃんと満杯入っていないええ加減な様子の瓶詰めですねぇ・・・さすが、スローフードのお国柄・・

(=∧=)皮を取りやすくするために一度煮るという作業が入るイタリア式があり。こちら=
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-24 16:03 | chez-nabetsuma

FoodQuest「家庭でできるピッツア・・」

イタリアはナポリのピッツア・・石釜の温度はなんと『400度』!
まあ、釜が違うから同じようにピッツアを焼きあげるのには無理がある。

トマトソースも違うし、釜も違う・・ちなみに真のナポリピッツァ協会(Associazione Verace Pizza Napoletana)によるナポリピッツアの認定には6つの条件(生地の材料・生地の伸ばし方・釜の燃料・焼き方・仕上がり・載せるもの)があるそうな。こちら=

ますますお家では無理ね〜

と、いいつつ、できるところまでやってみる、というのがあたしの信条。
どうだ!(チーズが・・違い過ぎ・・)
f0068334_949215.jpg


作り方
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-22 10:16 | chez-nabetsuma

FoodQuest「日本式トマトソース・・」

ピッツアのトマトソースは・・イタリアでは生トマトを使うらしい。この本にはそうある。
f0068334_13371723.jpg
右の瓶2つが、じっちゃんの残り物のトマトから作ったトマトソース。
f0068334_1339755.jpg
イタリアのトマトと言えば、サンマルツァーノ種のトマト。去年nabetsumaが育てたヤツ。皮や果肉が硬めでお味は酸味が多く生食には向かない。が、水分はすこぶる少ないのでソースにするのに摘しているのだ。

本を見れば分かるだろうが、生トマトを刻んでそこに小さく刻んだニンニク少々とオレガノとオリーブ油を混ぜ、塩胡椒で味付けするだけでOK。ピッツア用のトマトソースの出来あがり。

でも、日本のトマトは水分が多いので、少々煮詰めるほうが良い。

日本式ピッツア用トマトソースはこちら〜
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-21 14:07 | chez-nabetsuma

FoodQuest「わたしは La GLANEUSE・・」

トマトソースを作りたかった・・いつもの近所のじっちゃんちにトマトの買い付けに出かけた。じっちゃんは自分の畑で野菜を作っている80代のじっちゃんだ。近所ではほとんどが自動野菜販売機「コイン・ベジタブル(名付け
by nabetsuma)」になっているなか、じっちゃんちは有人販売所、いつも座って応対している。

トマト、きゅうり、ナス、モロッコいんげん、伏見唐辛子、ししとう、苦瓜などがダンボール箱に入れられて売られている。

あれ? 9時までにお店(納屋)に着いたのに、並べられているモノといえば・・苦瓜&ナスのみ・・あらら・・しかも、じっちゃんはいない。

裏手のりっぱなお家の玄関外から「すみませーーん!」と呼びかけてみる。中からじっちゃんの声が・・「ほーい」。「すみません、トマトが欲しいんですけど」とあたし。「トマトなあ、もう終わり〜」とじっちゃん。「ええーーーっ。でも畑にはまだ少しトマト生ってるやん?」。「・・・畑に入って勝手に穫ってても構へんでぇ〜」。「きゃあ、ありがとう」あたし。

で、畝をウロウロしつつ、ほとんど終わりかけながらまだ枝先に生っているトマトを捥いではカゴのなかへ。収穫は下の写真のとおり。
f0068334_14595152.jpg
「落ち穂拾い」というのをご存知だろうか。ミレーの絵で有名だ。落ち穂拾いのことをフランスでは「GLANEUSE/グラニーズ」と呼ぶ。あの絵で田んぼの落ちこぼれた小麦の穂を拾っているのは小作のひとたち。時代は変わっても、今でもフランスでは収穫を終える間際の田畑の農産物を近所の人たちに分け与えている、ということをアニエス・ヴァルダの映画で知った。題名も『LES GLANEURS ET LA GLANEUSE』。とても良いドキュメンタリーである。

次回はこのトマトを使ったトマトソースから自家製のピッツアを作るまでを紹介したい。
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-20 15:11 | chez-nabetsuma

KodomoQuest「外国製のベビーカーが人気?・・」の巻

(=∧=)神戸のBALビルに出かけると無印良品の店舗がある3階にエスカレーターで昇る。その途中にあるのが子ども用品売り場のRibbon。目立つのはなんといっても今巷で話題の『3輪ベビーカー』、オランダ製である。
f0068334_10194860.jpg

最近では男性向け育児雑誌が創刊され、パラパラと本屋でめくったところ、都会のクールなファーザーは『マクラーレンで子どもを散歩させる』そうなのだ。マクラーレン・・英国の会社が作るベビーカーのこと。世界で初めて折りたたみ式の乳母車(stroller)を開発した会社として知られている。マクラーレン製のデザインについては、日本の2大メーカーであるコンビ・アップリカとさほどの違いはない。が、育児パパに受けるのは・・名前かな?

話は元にもどるが、日本の規格だとベビーカーはA型・B型の2種類があり、新SG規格にてA型は生後1ヶ月〜2才まで、B型は生後7ヶ月〜2才まで、の対象使用条件がある。それが外国製の場合には、機種にもよるが、3〜4才まで使える、というのが売りのもよう。まあ日本製のA、B型でも耐荷重量が30kg程度はあるので、乗って乗れないことはないのだが(実は某メーカー主催による講習会にて専門学校生で実践済み)、いかせん日本製のベビーカーは華奢で狭いのであった。

上の写真のベビーカーを店員さんに承諾を得てから触らせてもらった。まず右端の対面式(赤ちゃんと親が向かい合う)タイプは車に乗せるときにベビーシートとしても使える。チャイルドシートと呼ばれないのは1才未満までの使用期限があるため。お幾ら?と尋ねたら「26800円より」と言われたんで「それほど高くはないな」と思ったら、車輪のついたフレームは別売りとのたまう・・
f0068334_112726.jpg
写真の左の背面式ベビーカーは、店員さん曰く「こんなにコンパクトにたためるんですよー」ってガッと半分に折ってお披露目してくれたが
f0068334_1163791.jpg
本体が10kgもあるのに、たたんで広げるときに子どもはどうすんの? ←ここのコンセプトが日本製と外国製の一番の違いと感じたのだった。

つまり日本製では「軽くてかさばらない」=「お母さんがひとりで子どもとお出かけしても子どもを片腕に抱いて折り畳んだり広げたりできる」。外国製では「お出かけしてもお父さんと一緒なんで子どもを抱く人とベビーカーを折り畳む人は別」なのだ。

3輪だと左右に方向転換がスムーズでベビーカー自体の動きはとても良い。このオランダ製のは車輪も大きく床っからのショック吸収具合も良さそうだ。でも・・大きさと重さと値段は半端ではない。
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-18 11:17 | KodomoQuest

TabitsumaJunk in Japan「神戸でピッツア!・・」の巻

昨日は朝から神戸へ。
友人とBALビルの無印で待ち合わせして、その後エカキも合流しランチへ。ピッツェリア デル・レイ。トアロードのNHK神戸放送局のすぐ北側のマンション1階にある。
f0068334_1625065.jpg
ランチ1680円のコース。まずは・・スープ。メロン仕立て。中に甘くないブラマンジェのようなものが入っていた。
f0068334_16272969.jpg
次が前菜盛り合わせ。魚介類がダメと言ったらツナをカボチャ料理に替えてサーヴしてくれた。野菜が新鮮。
f0068334_16291973.jpg
メインは2人がピッツアで1人がスパゲティにし、みんなで分けて食べた。

ピッツア・マルゲリータ(ピッツアの女王さま)、トマトソースにチーズにバジルのイタリア国旗のようなピッツア。
f0068334_16301175.jpg
ピッツア・マリナーラ(チーズなしのプレーンなトマトピッツア)、オレガノの香りが食欲をそそります。
f0068334_16362090.jpg
こちらのお店のピッツアは今増殖中のナポリピッツアです。コルニチョーネ(額縁)と呼ばれる縁の部分はもちもちです。(ランチにパスタもありますが普通のお味。ここではピッツアのほうがおすすめ。)

デザート&お茶は友人宅でおよばれ。結局は夜まで長居し夕食までごちそうになり神戸をあとにしたのでした。Kちゃん、ありがとう〜
[PR]
by nabetsuma | 2009-08-15 16:38 | ローカル旅ツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧