<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

NabetsumaJunk「にゅーあーと・・」の巻

(=∧=)つかれた・・


f0068334_2253072.jpg



意外に・・ステキ!
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-30 22:07 | ナベツマジャンク

Natural Junk「水茄子のその後・・」の巻

(=∧=)うふっ・・

◎水茄子のその後・・
f0068334_16414059.jpg
学んだこと・・花は2ヶ咲こうとするんだが、如何せん小さいほうは弱くあくまでも予備軍状態。同じ場所についた大きい花のほうが受粉したらその後小さいほうは落花してしまう・・あはれ・・
f0068334_16443689.jpg
これは初めて真ん中のメシベが周囲のオシベから抜きん出て咲いた花。こういう状態だと茄子は栄養状態OKですと。栄養状態が悪いとメシベが全く見えずまちがいなく落花・・なかなか厳しい。
f0068334_16472091.jpg
水茄子のチビちゃんズ。
f0068334_1648436.jpg
前のチビちゃんズから8日後。ずいぶん下の実は大きくなってくる。そろそろ収穫かな?
f0068334_16503430.jpg
花が咲いてから20日目で収穫。最初の第1果が18日目だったが2日違いで大きさの差は歴然としている。97gが今回はその倍である! 右横は近所の畑の直売所で買った茄子。
f0068334_1653302.jpg
中はこんなかんじ。二つに割るとよく分かるのだが中身の周囲が他の種類のナスに比べて緑っぽくなっているのだ。これは買ってきたのも同じ。
f0068334_1653533.jpg
とりあえず今回は浅漬けにしてみた。今夜いただこうっと〜

(=∧=)番外編!
f0068334_1656188.jpg
今年も来ました、マチルダの親戚〜 現在全長5mm・・バジルに穴があいたらそれは・・バッタ!
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-29 17:02 | ナチュラル・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「撤収&慰労プチ会・・」の巻

(=∧=)昨日は朝10時に京都を出発し車で神戸に。夕方5時に個展会場の片付けを行ない、その後神戸の友人が慰労の食事会を開いてくれた。なんにもせずで美味しいもんをたんといただき9時半には京都に戻った。しあわせな気分に浸っていたのはものの5分、田舎の近所の人から電話ありで現実に引き戻された・・義母のトラブル・・

今朝は体がぐったり、加えて残り仕事があるんで気分転換をしておこうと思い更新している。我家の<パプリカの軌跡>。
f0068334_8435487.jpg
4/27、20Lのコンテナにズッキーニと同居。
f0068334_8444171.jpg
5/19、さすがにズッキーニの成長にお邪魔になってきたんで別の鉢に移動することに。
f0068334_8445319.jpg
5/21、最初の花が咲いた・・が、3つ目までの花は捨てて後の実を大きく育てよ!というテキスト通りにする。
f0068334_8452349.jpg
6/15、その後どんどん花が咲き、小さな実がつくようになる。最初は5mmくらいの実だったものが・・ゆっくり成長し3〜4cmくらいに。
f0068334_8453339.jpg
6/22、1週間で7〜8cmほどに。まだまだ大きくなるもよう。色は・・これからのお楽しみ!

(=∧=)番外編!
f0068334_1041491.jpg
モンシロチョウの幼虫の拡大図・・いまだグレー・・これはおかしい!と思い調べてみたら・・他の蛾の幼虫みたい・・あは? すみません・・
(1~2齢はてっきり色が違うんかとばかり。でもモンシロチョウのお母さんが卵を産みつけているのを目撃したんだけど・・後で蛾のお母さんも産卵にやってきた、ということか・・)
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-26 08:55 | エカキツマ・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「本日最終日&謎の物体"Z"・・」の巻

<窓・パリ>・・油彩画/変型6号
f0068334_1063274.jpg
「林哲夫油彩画展」は神戸北野町の『ギャラリー島田』で本日まで行なわれております。詳しくはこちら

◉窓 ISTANBUL, BOLOGNA, PARIS 林哲夫油彩画展
 6月14日(土)〜25日(水)正午〜午後7時(最終日午後5時まで)
 火曜日は午後6時まで  ギャラリー島田
 神戸市中央区山本通 2-4-24 リランズゲートB1 TEL/FAX:078-262-8058

◉エカキ& Ekaki-tsuma は本日会場におります。夕方5時まで。

(=∧=)ひとびとは「ふっ」と足を止める・・
f0068334_14114682.jpg
この周辺でいると今朝も呼び止められた。「これ、なんですねん?」
「ほほ、これズッキーニどす」
「まあこれがズッキーニどすか!?」と叫んだおばちゃんが本当にズッキーニが何なのか知っているかどうかは不明。
f0068334_14121288.jpg
今朝収穫したズッキーニは400gもあった。ゆえにズッキーニの幹に相当な負荷がかかり収穫したとたんに幹がびろ〜んと跳ね戻った・・あぶない! ズッキーニは「幹が命」。これが折れたら成長もそこで終わる・・ということでnabetsuma手製の支柱を組む。
f0068334_1414133.jpg
横に倒れないよう支柱で「幹」をできるだけまっすぐ立てるように工夫した。支柱はほとんど庭に生えている植物の幹を仕立てて調達している。

@@遅ればせながらズッキーニのスープ
<材料>400gのズッキーニ1本(市販なら2本)に対して玉ねぎ1/2個。白ワイン50cc、ミルク200cc、青カビチーズ1片約30g、バター15g。
f0068334_1424582.jpg
チーズを加えるので風味が同じバター(分量外)でスライスしたズッキーニと玉ねぎを炒める。軽く塩胡椒し白ワインを加え、あとはひたひたに水を足し5分煮る。煮すぎると色が黄色っぽくなるので短めがおすすめ。ミキサーなりで撹拌。
f0068334_14244818.jpg
coopのチキンブイヨン1/2袋を溶かしミルクを加えスープをのばす。火にかけ軽く煮たら青カビチーズを溶かし塩分チェックをしつつバターで塩加減をとる。
f0068334_1425265.jpg
最近はもっぱらスープはコーヒーカップでサーブ。

(=∧=)フランスの友人はスープを作るときには必ず「ポアロー」と言った。ポアローは日本の太ネギ(長ネギ・白ネギ・ポロネギ)で代用可。玉ねぎでは甘くなりすぎるし他の野菜の味がでないとのたまう。加えてミルクではのばさず、生クリームを使う。でもミルクにバターを加えたら、生クリームと成分的には同じになると思うんだけど。あと必ず白ワインを野菜を煮る時に加えていたな・・
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-24 14:44 | エカキツマ・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「あと2日&my tomatoes・・」の巻

<窓・パリ>・・油彩画/変型6号
f0068334_1063274.jpg
「林哲夫油彩画展」は神戸北野町の『ギャラリー島田』でこの25日水曜まで行なわれております。詳しくはこちら

◉窓 ISTANBUL, BOLOGNA, PARIS 林哲夫油彩画展
 6月14日(土)〜25日(水)正午〜午後7時(最終日午後5時まで)
 火曜日は午後6時まで  ギャラリー島田
 神戸市中央区山本通 2-4-24 リランズゲートB1 TEL/FAX:078-262-8058

◉エカキ& Ekaki-tsuma は最終日に会場におります。夕方5時まで。

(=∧=)我家のトマトの軌跡・・
f0068334_21172819.jpg
f0068334_21174432.jpg
f0068334_21175868.jpg
f0068334_21181517.jpg
f0068334_2119107.jpg
f0068334_21193471.jpg
f0068334_2119471.jpg
緑色から赤に少しずつ変わっていくとばかり思っていたら、まずはだんだん薄い緑色になって・・それから中が透けてきて・・そこからだんだんと赤くなっていく、ということがよーく分かった。この展開が今回のもうひとつの収穫だ!
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-23 21:31 | エカキツマ・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「昨日の様子」の巻

(=∧=)ご報告を兼ねて土曜日トークに来場下さった方々にお礼申しあげます。
加えて、このトークの後にささやかなパーティをとも思ったのですが、会場の都合上急遽初日に内輪のみでオープニングを行ないました。お誘いがなかった、と思われた方々には大変申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫び申しあげます。
f0068334_13412435.jpg
アヴァンギャルドな素敵な花籠が届きました! Tさんありがとう〜
f0068334_13415691.jpg
さながら初日のようです。
f0068334_13414315.jpg
トーク前の準備。トーク中はスライド使用で暗くなるため写真はこれだけ。今回エカキは17世紀のオランダ・デルフトの画家「フェルメール/Vermeer」と19〜20世紀イタリア・ボローニャの画家「モランディ/Morandi」をとりあげた。その理由は「すき」だから。

◎フェルメールの話で印象に残ったのは、フェルメールが生きたその時代がオランダ全盛期であった(ポルトガルや英国と何度も戦争。オランダ東インド会社の成功によってオランダ本国は17世紀に黄金時代を迎える)、という世情が絵の背景やモチーフにもかなりの影響を与えている、ということだった。

あと、子どもが10数人いたらしい・・もち奥さんはひとりだけ。ひとつの作品に3年くらいかけるという超スロー製作で借金も多く(そりゃそうだろう)、どうやら奥さんのお母さんがお金持ちで後援者であったらしい。有名な作品に描かれた女性の多くは奥さんがモデルで夫婦仲は良かった、のかな? 43年の生涯で30数点の作品しかない。

(=∧=)エカキツマとしての感想は・・少なすぎ・・生活できへん・・

◎モランディは生涯をボローニャで過ごしイタリアを出ることはほとんどなかったもよう。3人の妹、特に一番下の妹に支えられ終生独身。彼が亡くなった後、ボローニャ市が記念に大通りにモランディの名前をつけたい、と申し出たところ妹がモランディの住居そばのちいさな広場でいい、と言ったそうな。犬を飼っていたモランディはきっとそのあたりで犬におしっこをさせてたんだろうな・・とエカキも語っていた・・ほんまか?

さてモランディの話で初耳だったのは、筆の遅いフェルメールに対してモランディはなんと一作品を20分ほどで描き上げたそうな。末の妹がそう証言。全部がぜんぶではないにせよ、重ねて塗り込んでといった画風ではないんで納得。ところがモチーフを組むのに何週間もかかったらしい・・絵描きもいろいろあるね・・

どんな絵にも題名がついているものだが、フェルメールの絵は後の時代に絵の題名がつけられた。ゆえに絵描きの意図と題名との関連性は・・ない。それに対してモランディの絵にはモランディ自身が題名をつけたが、それはあっけらかんとしたもので静物を描いたら「静物」風景なら「風景」だそう・・今回のエカキの展示物は「イスタンブール」に「番号」のみ・・マネたのかしらん?

最後に「ご質問は?」と問いかけがあったが質問者は皆無だった・・

(=∧=)あたしゃ聞きたかったなあ・・「モランディのサインは絵の下のほうにへたくそなデカイ字で書かれてるんですが、あれってどういう意図なんしょ?」
そして、今回まじまじとモランディのサインを見たエカキツマは非常に親近感が増したのであった・・

おまけ
f0068334_167726.jpg
piさんが食べたレモンタルトの改良版。レモンクリームにゼラチンを少々加え食べ易くした。上にはグレープフルーツのジェリーを流し込んだ・・mamaさんが食べたんはこれ・・他の方々は画像を召しあがれ〜
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-22 15:42 | エカキツマ・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「最後の宣伝!」の巻

(=∧=)本日はエカキによるトークが画廊にて行なわれます。お時間がある方、北野町でお待ちいたします(nabetsumaは13時過ぎには会場におります)。

<窓・パリ>・・油彩画/変型6号
f0068334_1063274.jpg
神戸北野町の『ギャラリー島田』で先週末から行なわれております。詳しくはこちら

◉窓 ISTANBUL, BOLOGNA, PARIS 林哲夫油彩画展
 6月14日(土)〜25日(水)正午〜午後7時(最終日午後6時まで)
 火曜日は午後6時まで
 ギャラリー島田
 神戸市中央区山本通 2-4-24 リランズゲートB1 TEL/FAX:078-262-8058

◉6月21日(土)午後4時からギャラリー・トークを行います。
最近、本の話しかしてなかったので、たまには絵の話でもしたいと思います。プロジェクターを使って、フェルメールとモランディなどの好きな画家について気ままにしゃべるつもりです。むろん無料ですのでご来場ください。
*****************************

◉エカキが会場に詰めている予定日は残り下記の通り
 21(土、トーク)、22(日)、25(水、最終日)
◉nabetsumaが会場に詰めている予定日は残り下記の通り。
 でも終日居る訳ではないので電話にてご確認ください。078-262-8058
 21(土、トーク)、25(水、最終日)

f0068334_8132095.jpg

最後の宣伝。エッチング(銅版画)の「緑の扉/パリ」です。緑の扉は手彩色で1枚3万円(額代実費)。油彩画に比べ入手しやすいのが特徴、まだ何枚かございます。版画とはいえ刷りの具合で1枚ずつ雰囲気が変わるうえ、手彩色なのでなおさら。おすすめです(エディション・ナンバーはお選びいただくことが可能)。
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-21 08:49 | エカキツマ・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「ブログアートショーその4」の巻

(=∧=)うふっ!
我家のイタリアン・レッドの第一果です。
f0068334_86481.jpg

**さて、画廊の中あたりから奥に向かっての油彩画です。パリ3部作。
f0068334_871765.jpg
f0068334_87312.jpg
f0068334_872839.jpg
このうえの絵がDMに使われました。ここまでがパリの窓。
f0068334_89278.jpg
f0068334_891450.jpg
これら2点がトルコ。
f0068334_893515.jpg
雲の絵を見たいという方がいらしたので特別に展示。以上、油彩画18点、そしてエッチング2種です。
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-20 08:14 | エカキツマ・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「ブログアートショーその3」の巻

(=∧=)画廊の真ん中あたりの油彩画です。
f0068334_823021.jpg
この絵のみ「ボローニヤ」の窓です。あとはすべてトルコの窓です。
f0068334_835260.jpg
今回の油彩画で唯一の大きい絵、50号です。
f0068334_845772.jpg
f0068334_852599.jpg
f0068334_854144.jpg


(=∧=)番外編! 
       
f0068334_894169.jpg

同じ絵描きの手になるものとは思えないような「タッチ」と「アイデア」。世が世なら名誉毀損で訴訟もんでっせ〜
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-19 08:10 | エカキツマ・ジャンク

Ekaki-tsuma Junk「ブログアートショーその2」の巻

(=∧=)画廊の入口右側の列の油彩画です。
f0068334_11241370.jpg
f0068334_11244146.jpg
f0068334_11245784.jpg
なぜこの絵はまっすぐ写っていないのか・・それは、この絵の正面にアホな円柱があるから。
f0068334_11254559.jpg
f0068334_1126695.jpg
なぜこの版画もズレて写っているのか・・それはアホな柱が出ているから。まったく安藤忠雄の建築ブツは・・
f0068334_1126205.jpg
今回エッチング(銅版画)としてはアネモネとこちらの「緑の扉」があります。

vege-tsumaはこちら・・
[PR]
by nabetsuma | 2008-06-18 11:40 | エカキツマ・ジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧