<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

NabetsumaJunk「田舎とは・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2007年7月30日(月)

8日間、帰郷していました。郷里は香川県。

「ああ四国ね!?」と言ってはいけません。四国ではなく「香川県」です。讃岐うどんで有名な香川県です。九州より県が少ないんだから、覚えろよ!(と、心の中ではいつも叫んでいる・・)

我々夫婦はそれぞれが一人っ子なので、老親の世話は誰も代替がいません。少子高齢化のまさにモデルケースです。

5年前に義父が亡くなり、現在70代から80代3人の親の世話を行なっていますが、一番若い74歳の母が認知症で一番年老いた85歳の義母が一番元気です。年はあまり関係ないですね、ほんと。

実際は真ん中の79歳の父親が一番やっかいです。ちょっとした病気フリーク。自分の話を始めると1時間は終わりませんが、ほとんどが病気の自慢話?で、健康食品やら自己流の病気克服法が大好きです。不用な物を買ったりするのも大好きで、それも役に立たないとかすぐ壊れるといった品々で、家の中にはそういう不要品であふれています。

毎回帰郷する度に、両家の家政婦となり、加えて様々なマネージメント(雑用ともいう)を目一杯行ない、疲れ果て京都の家に戻ります。両家には毎週ヘルパーさんが来ているので、掃除はそれなりにされているはずなのですが、なにせおおざっぱですから、結局は目に見えない部分は私設家政婦がやるしかないです(というか、介護保険の家事援助については色々頼めないことが少なくない。例えば窓掃除はダメ。義母居室にある窓でもダメ。それゆえ、網戸の入れはずしや洗浄もダメ)。

報われない家事労働・・
自分の家なら、きれいにしたところで暮らす訳ですからそれなりに達成感はあるんですがねえ・・
f0068334_1129865.jpg
**義母の家の裏庭から見た風景。敷地が500坪あり、特に裏側には囲いがないので、ミカンを連れ帰った際には庭に放せないという不便さ。なまじっか広い家というのも・・
f0068334_11351866.jpg
**裏庭からとなりの小学校のランチルーム(クラス毎にお食事する専用の部屋・・そんなもんいらんだろう!?)が木々の間から垣間見える。
f0068334_11381795.jpg
**表正面です。家の横にはボッチャン式のトイレ&五右衛門風呂。義父が亡くなるまで使用されていた。長い間、帰郷するのに気が重かった理由がこれ。
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-30 11:29 | ナベツマジャンク

ヤフオク「そして出品者は消えた・・」

2007年7月19日(木)/日録 by ナベツキー

これも去年の師走のナベ展直前に落札した「マルチファンクション」。ただしクーザンスのお品。
f0068334_144813100.jpg
**マルチファンクションは「ソースパン」と「スキレット」のペアである。といってもスキレットのほうはソースパンの蓋にもなるので、たぶんそれでマルチ云々という名称なんだろう。80年代頃のもので、色はお気に入りのグレーグラデーション。写真では分かりづらいが、ソースパンは底にかけて、スキレットは縁にかけてグレーが濃くなっており、絶妙な色具合だ・・うつくしい・・・
f0068334_154532.jpg
f0068334_156884.jpg
**サイズ表示22:<ソースパン>外径22cm・内径19cm・高さ8.5cm(重量2.1kg、容量約1.8L・・意外に少ない!) /<スキレット>外径20.5cm(重量1.1kg、イメージ的にはハムエッグ1人前用)

2007年7月20日(金)/日録 by ナベツキー

「そして出品者は消えた・・」ってどういうこと?
はい、お答えします。実はこのマルチファンクションを落札した翌々日、この出品者のオークションが突然すべて消えたのだった。ヤフオクのHP上には「出品停止処分中」と出ている。おええっ!!!

はじめて目にした「出品停止処分中」。はは〜ん、と思ったのは、2つの出来事。
ひとつは、ピンクの現行品ルクルーゼナベをヴィンテージと、ここ数ヶ月表示し続けていたこと。少し知識があれば、現行品かヴィンテージかは判別可能なのだが、勘違いして落札した人がいても不思議ではない。それがまた高いんだよねー。5万円以上からの入札スタートだったり。

もうひとつは、本当のヴィンテージのピンクコケル(nabetsumaも所有する例のレアもの)が、ちょうどオークションの最終日になっていた。新しいIDの入札者(つまりは評価ゼロ)が、そのオークションをどんどん高値に導いていたところが、ちょっと「?」、あやしい・・。だって最後に91000円まで到達したのだ。ね、あまりに高過ぎ。出品者が別IDでつりあげたか??、と疑いたくもなる。

まあ真実はどうだったのか・・ナベオクには「ご用心」「ご用心」・・・
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-19 15:01 | NabeQuest'0607

NabetsumaJunk「玄関の近況・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2007年7月14日(土)

f0068334_1451581.jpg
**この雨んなか、撮ってきましたがな、地植えのイタリア人参木。でも惚けてる・・ちゃうボケてる・・大きさを示す為に絵描きが白いビニール傘を立てかけてくれたが、完全にハレーションを起こしてしまった。
f0068334_147371.jpg
**近所のエリザベス(これもボケてる)。通過する度に手なずけていたので(エサなしでよ〜ん)、とうとう呼ぶと家の中からすっ飛んでくるようになった・・・ふふふ・・もうウチの犬・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つい植物の苗やら鉢を買ってしまう今日この頃・・
ある東京の知り合いが、次のようなメールをくれた。
@@「庭がらみの話題がよく出ますね。庭と無縁な生活を35年してますんで、いつも新鮮です。」

・・・そうか、じゃあまた出すか・・・
f0068334_20254437.jpg
**左手側に絵描きが選んだ「イタリア人参木」、右手側にそのツマが選んだ「萩」。イタリア人参木は珍しかったのだが、散歩していて近所に2メートルものイタリア人参木の大木があった。
f0068334_20301279.jpg
**園芸店から小さなカマキリがついて来た。イタリア人参木の葉っぱにあべこべにぶらさがっている。ちなみにこの人参木、ハーブのような匂いがする。なんとなくオレガノの香りにちかいような・・
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-11 20:31 | ナベツマジャンク

NabetsumaJunk「悩みに悩んだ結果・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2007年7月9日(月)

水がマズイ!
やかんを交換したけど、やっぱだめ。
ということで、浄水器を交換することにした。この10数年間、カートリッジのみを交換してきたが、今回は丸ごとチェーンジ!、と決めたまではよかったのだが、早く替えたいのでネット注文しようとしてはたと迷った・・種類があまりに多すぎる・・・

実は新居の水はマズイだけでなく、転居後すぐに交換し1ヶ月ほど使用した浄水器のカートリッジの汚れ具合がヒドイのだった。まるで半年以上使ったかのような汚れ具合。目で見て確認できるカートリッジ(1日あたり10L使用で8ヶ月使用可のタイプ)なので、気になること甚だしい。

日本の水道水は世界一安全で美味しい、いずこの水道局もこう胸を張っていらっしゃるが、これが古い家屋の古い水道管を通過するとどうなるかまでは責任の範囲外だろう。今日の水道管は素材がプラスティック、古家は土管や金属管だったりするんよねー。

ということで、蛇口型32機種からの浄水器の選択方法です。

◎まずは、メーカーで選ぶ→ブリタ・ナショナル・東レ・三菱レイヨン・・・蛇口型の浄水器といえば、東レVS三菱レイヨン、2強の闘いだ。で、三菱レイヨンに決定!

◎次に機種を選ぶ→14機種あり
三菱レイヨンHPによると、フラッグシップモデルは2004年発売「CSP9 」だが、カートリッジの交換目安となる「使用量」が一目で確認できる2006年発売「CSPX」のほうがよさげー。決定!

決定したのに、これ以降あーだこーだと二転三転する。原因は「総重量」。古家の水道蛇口に取付なので、その強度がとても心配だった。CSPXは全機種の中で一番重い。満水時に510gになる・・・これまでのは300g・・・。ついでに使用可能なカートリッジについても悩む・・・19種類ある・・・ある意味、浄水器はその機能故に「カートリッジの浄水機能:除去物質」を選択することが重要だ。残留塩素や農薬やトリハロメタンより、あたしは「鉄サビ」が一番気になるのだ!

結局2時間あれこれ比べて比較表まで作って悩んだ末に、一番最初の選択にもどった。これよ!↓
f0068334_1434873.jpg
**ついでに気になったのは、ランニングコスト! 浄水器って本体より、数ヶ月単位で交換しなくてはならないカートリッジのコストがバカ高いのだ。これが除去物質が多くなればなるほど、バカ高くなる・・1個4千円くらいするのだ。・・あほらし・・

でもねえ、本体右横の大きなウィンドウに、浄化可能残水量がカウントダウンされていくさまを目で見て確認できるのは、たいへん楽しい(そのカウントダウン&表示のために浄水器なのにボタン電池が入っている・・なんとまあ・・・)。
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-09 14:03 | ナベツマジャンク

eBay「おフランスからお初のゲット!」

2007年7月5日(木)/日録 by ナベツキー

今日は久々にナベアップを試みました。
**ル・クルーゼの小さなコケル。たぶん50年代のもの。色はこれまたお初のグレーパープル。サイズ表示1:縦15cm×横22cm(持ち手含む)×高さ6.5cm/重量1.6kg容量約1L。(敷物は知り合いの手によるもの)
f0068334_10303287.jpg
最近分かったことだが、ル・クルーゼの鍋底刻印は容量を表しているらしい。蓋には小さな穴があり、オーブン用テリーヌ型と同様に蒸気抜けになっている。
f0068334_10362056.jpg
世界最大のオークションサイトeBayにはアメリカ本国を初めとして、Austria・China・France・Germany・Italy・Spain・UnitedKingdom・・・などの各国のサイトがある。当然ル・クルーゼは本国フランスが一番出品が多いと思われるかもしれないが「否!」。出品自体がフランスは少ないのだ。ゆえにこれまではもっぱらeBayアメリカのみでの落札となっていた。

が、今回はeBayアメリカとフランスの双方のサイトに出品していたフランス人より落札。パリよりの荷出しとなった・・不安・・だった。というのも、オークションの師匠、マンレイ石原氏よりヨーロッパ系の出品者の場合の荷造り&荷出しは相当難ありのケースが少なくないと聞いていたから。不安的中。11月28日に落札し、やきもきしながら待っていたのだが(ナベ展を控えていた時期)、やっぱり来ない。来ない訳だよ、やっと荷出しを知らせてきたのが12月6日なんだもん。
@@「遅れてごめんねー。追跡番号だよ〜ん。これからそっちに到着まで10日かかるからねー」。
ムムム!!!
しかも、その追跡システム自体があやしいのなんのって、もう! 
それからというもの、フランス郵政省La PosteのHPで、知らされた番号を入力しチェックを続けていたある日、なんと荷物がフランス税関から発送元の郵便局に一旦戻されたというではないか!? オーララちゃんちゃん。どーなってるんだ!?と怒りのメールを出品者に送ったら、彼も「郵便局に行って事の次第を聞いてくるから」とのたまう。

で、そんな日仏のドタバタを尻目に、プチコケルはなんと10日ぴったり16日に京都に到着した。出戻ってないじゃん。だって出戻ったと表示されたのは到着のたった2日前なんだから。ラポスト・・あやしい・・
f0068334_10572312.jpg
**「Colissimo」とはフランス版エクスパックのこと。サイズは「L」「XL」とあり、それぞれ所定の箱に入りきる荷物しか送れないし重量制限あり。そのぶん、他の航空便に比べるとお値段がお得(保険込、追跡可能)となっているもよう。中身1.5kgなんだから別にLサイズで良かったと思うんだけどねえ・・でも箱は結構つぶれて届いたから、やっぱデカイほうがいいんだろうか??
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-05 10:31 | NabeQuest'0607

家探し自己流マニュアル「番外編その2」の巻

「うそっ!???」:2007年7月1日(日)

**今日咲いた桔梗と朝顔・・うつくしい・・
(ちっ、うまく撮れてない・・コンデジの限界か・・totiさんみたいに一眼ほしい・・)
f0068334_20472151.jpg
f0068334_20583551.jpg

先週は「えっ?」と思う出来事がふたつあった。そのふたつめとは、

みなさんは貸家補欠候補の物件を覚えているだろうか? 
そうそれは・・北白川の貸家・・本命の六角油小路の貸家が万一だめだったら(ダメだったんだよなー)、ガラス瓦の入った町家に決めようと思ってたその貸家。タッチの差で間に合わなかったのだった。

それが、驚いたことに、また不動産屋のネット広告に出ているのだ。えっ???しかも、ただ今居住中で7月中旬に退去、と説明されている。とすると、5月に入居7月に退去・・おおっ2ヶ月で出るのか! ああ敷礼金がもったいない・・

Y書店のY崎さんいわく、
「たぶんうるさかったんちゃうかなあ・・志賀越街道と今出川通りにちょうどはさまれた場所やし、加えてあの辺学生向けの店が多いから夜中がねえ・・住んでみないと街は分からんよー」と。

実はその貸家のすぐそばにあった古本屋さんがつぶれて、Y崎さんはその貸家の場所をよく知っていたのだとか。コショスキーはその話を聞いて、ふーん、そーなんやー、と。百万遍より徒歩十数分、北白川の古本屋街もちかくて、桂なんぞよりよっぽど住みたかった地域だったのだ。

やはり「家」は縁もの・・入らへんでええよ!とミカンが北白川の空から忠告してくれたのかも・・(ミカンは北白川の霊園で火葬された。)

f0068334_1692825.jpg
**東京から届けられた引越祝いのナプキンセット。絵柄はやはりナベ! クーザンスのソースパンにルクルーゼのスープポット・・・えっミカン絵柄もある!!! アクセスの畠中さんからだ。刺繍の製作は同僚の西川梓さんとのこと。ありがとございます!!!(お写真は畠中さんちのチャーコちゃん。御年20歳でこの春永眠された畠中家の大切な家族。)
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-01 19:58 | 家探し&リフォーム

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る