<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家探し自己流マニュアル「その9」の巻

最終一歩手前の暴挙・ブログにて募集!

**『借家求む! 次の条件にて/京都市洛中、3DK〜4K、60平米以上、古さ問わず、家賃相談』
*居住者は画家(文筆家)とその妻。ペットなし。お家を大切にします。
*貸してあげようかなあ・・という方は、このブログのコメント欄より非公開にてお申し出ください。


「今日の物件」:2007年2月24日(土)
昨夜たまたま見つけた物件。19時半過ぎていたが不動産屋に電話し、物件の詳しい情報を聞き出し、朝からグーグル地図片手に出かける。
f0068334_14283322.jpg

なんや、ふつうの家やんかぁ!?と思われる通り、そう・・ごく普通の昭和40年代のおうち。じゃあなぜわざわざ出かけたのか?というと、ロケーションの割に安かったから。4DK庭付き85000円70平米で収納もたっぷり。しかも家の北西に1500ccの普通車を駐車できるのだ。

ちなみに場所は下鴨、もち下鴨神社には徒歩数分、賀茂川までも数分、地下鉄北大路駅まで13分、くわえて京都人あこがれの「葵学区」である。

あちこちの不動産屋で情報を仕入れていると、どうやら京都には2強と呼ばれる学区があり、それが「御所南小学校」&「葵小学校」らしい。

**「なんなんですの、そのいい学区って?」
@@「はああ、ようするにお金持ちが住んでる地域にある学校のことですね」

ちゃんちゃん。
[PR]
by nabetsuma | 2007-02-23 14:58 | 家探し&リフォーム

家探し自己流マニュアル「その8」の巻

「今日の物件」:2007年2月17日(土)
左京区岡崎徳成町の正真正銘の「京町家Aランク物件」、2階建て4K、85平米家賃10万円なり。悪くはない。特にロケーションは抜群で平安神宮の疎水すぐそば。コショスキーは「おおっおれが一番望んでいた家だ!」と叫んだ(コショスキーは府立図書館に調べものによく出かけるのだ、ここなら歩いて行ける)。まずはじっくりご覧あれ。

f0068334_17554034.jpg

**おおっ、どこの伯母ちゃんなんだ!? マスク姿も怪しい・・・
f0068334_17561322.jpg

**玄関から台所入口。京町家Aランク(Aランクとはほとんどいらん改装をしていない物件、手入れ必要)ともなると、こういう古めかしい潜り戸も残っていたりする。
f0068334_17571374.jpg

**庭にはこういう風流なトイレ(参考までに。浮いて写っているのは窓ならぬ障子。2ヵ所も空いてる状況。寒さの冬もモスキートの季節の夏も大変そう)もあったりする。ちなみに大家さんは庭師さんとのこと。
f0068334_17575231.jpg

**ところが、やはり裏はこうだったり・・・
f0068334_17582014.jpg

**いろいろ問題ありだったが、あたしが一番気になったのは台所吹き抜け横の「火袋」の手前、白いエル字型の金具。これが2本、柱にくっついており、なにやら何かを支えている様子。それもそのはず、2階の和室がかなり傾いており、補強なのか・・ゲッ!!!
f0068334_17585099.jpg


というこって、コショスキーは借りる気まんまんだったのだが、よーく外から見ても家全体が台所側に傾いているうえ、上記のほか、水廻りがアウト!状態。相当お金をいれないと快適には住めそうもない。契約時の初期費用が初月家賃10万敷金礼金60万、仲介料10万、火災保険2万、計82万。プラス改装費70万は最低でもかかるか。全部で150万・・考えるよねえ・・・(忘れてはいけない。2年毎の更新は10万。) 

ようするに岡崎でこの広さで10万円は安いのかもしれないが、現状渡しなので改装はあたりまえ。へたすると畳の表替えも必要。が、仲介者がいうには「改装してピカピカになったらぐーんとお値段が上がりますよ」と。
ほほほ・・
[PR]
by nabetsuma | 2007-02-18 17:45 | 家探し&リフォーム

家探し自己流マニュアル「その7」の巻

「今日の物件」:2007年2月6日(火)
以前の『家探し自己流マニュアル』に物件の写真を幾つかアップしたのでご覧あれ。


さてさて、今日は朝から仕事に専念し、途中でコショスキーのJALのマイレージをヤフーポイントに移行する手続きをとった。JAL・・危ないっしょ!? 

それにしても移行できる先がなかなかこれっというのがない。スイカかイコカかピタパの電車カードに移行しようにも、JALのマイレージカード自体がクレジット機能付きでないとできない。最近はいろんなリスクを避ける為に、できるだけクレジット機能付きカードを避けているのだ。財布のなかはそれでなくともポイントカードで一杯いっぱい。クレジットカードだってデパートやらなんやらで一杯! もうこれ以上いらない!!!

**では今日の物件です。近所の某特急停車駅徒歩4分、4K裏庭付き70平米11万円なり。保証金40万円、解約引き35万円、高すぎ!!!
f0068334_1711214.jpg

表はともかく、裏はこんなかんじ。ここ知る限りずうううっと空き家。ぜんぜん手入れされていない様子。
f0068334_17155182.jpg

**つぎ!
そのお高い町家のあと、違う物件を地図頼りで探しているうちに出くわした借家。ちょうどガス屋さんが新しい給湯器を取付けていたので「この借家どこの不動産屋さん?」尋ねたら、すぐそばと教えてくれた。駐車場付南側に小さなお庭、テラスハウス2戸の南側3DK55平米68000円、保証金10万円のみ、更新料も無料と大家さんがよさげ。でもなんか味けない・・・ちゃんちゃん
f0068334_17215079.jpg

・・・教えてもらった不動産屋のお兄ちゃんと共に内覧に訪れたのだが、お兄ちゃんが「今回シャワー使えるようになるんですよ!」と言ったので、ガス屋のおじちゃんに「わくわく16?」と聞いたら、驚いたような顔をして「そう、わくわく16」と答えた。風呂単独の給湯ならそんなもんだろうとふんでの問いかけだった・・・プロみたい・・・
・・・あんた、なんのプロなんだよ!!!

**「わくわく16」とは大阪ガスの給湯器のシリーズ名。給湯能力16号の名称。16号とは「水温+25度のお湯を1分間に16リットル出すことが出来る能力」。
[PR]
by nabetsuma | 2007-02-06 17:23 | 家探し&リフォーム

家探し自己流マニュアル「その6」の巻

「今日の物件」:2007年2月5日(月)

さて、午前中は買物ついでに、昨日賃貸HPにアップされたばかりでまだ住人が居住中の物件を外から見学してきた。物件情報と一緒にグーグル地図をプリントアウトして出かけた。途中、10時に不動産屋が開店したため電話をし、物件の正確な場所を地図に書き込み向かう。
**下京区高倉通り仏光寺上ル・・街ん中どまんなか!大丸デパートまで徒歩数分。阪急電車(四条烏丸駅)も市営地下鉄(四条駅)も同じく数分の距離。3DK、50平米、98000円、高い!
f0068334_16361197.jpg

路地の一番奥である。狭い通路を挟んで向かいの家まで2メートルほど!?向こうの白い建物は小学校!にぎやかというか、かなりうるさい。ちなみに当該物件は左側建物。築20年ほど。
f0068334_16362676.jpg

手前に写っている道が高倉通りで、交通量はそれなりに多いが、ここから路地を入ることになる。学校がなければ静かだろうが、文教地区なので娯楽施設やあやしいお店等はなく仏光寺もすぐそばである。京都には通りから門を越えて路地に入る地域がたくさんあり、なかなか興味深い
[PR]
by nabetsuma | 2007-02-05 15:24 | 家探し&リフォーム

家探し自己流マニュアル「その5」の巻

**今日の物件:大家さんがかなり気難しいということで外部には出ない物件だそう。不動産屋のお兄さんがこっそり写真を送ってくれた。
f0068334_15504059.jpg

ちなみに内覧は大家さんと一緒でないとダメとか、2月は6日間と決まっているそうな・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「イニシャルコスト&ランニングコスト」/2007年2月1日(木)

家探しを始めてこのブログにそのもようをアップするようになってから「わたしも引っ越しです」とか「こんなんどう?」とか関連した情報が寄せられるようになった。

ということで、ここも押さえておくべき!というポイントを述べておきたい。

<イニシャルコスト>:初期費用
1)「敷金」&「礼金」もしくは「保証金」
2)不動産屋への仲介費用(家賃1ヶ月分もしくは半月分)
3)最初の月のお家賃(1ヶ月分)
4)最初の1年もしくは2年間分の「火災保険」代


1)の中身については、関西はバラバラの様子。東京に住んだことのある我々にとっては「敷礼各1ヶ月」とか「敷礼2ヶ月ずつ」とかは懐かしい。が、こと関西ではここが結構大きい額になる傾向あり(保証金は敷金と似たような扱い)。

たとえば「敷金30万円」「礼金20万円」となると合計50万円。礼金は返還されないお金。戻ってくるはずの敷金でさえ、近頃では畳や壁の改修費用としてもらっちゃおうという大家もいて、返還でもめること頻繁。へたすると全額大家に取られてしまう(大阪ではたしかハウスクリーニング代というのもあったと思う)。

また「敷金30万円、敷き引き25万円」というほとんど戻ってこないタイプも多く、残り5万円が返金されるかどうかあやしい。加えて、最近ネットで見かけた物件は「敷金30万円、敷き引き30万円」なり。丸ごと取られてしまう。あなおそろしや・・・

4)の「火災保険」はなんなんだ!と思ってしまうが、不動産屋にいわせると「お風呂の水漏れ」とかの賠償責任保険とのこと。これを必要とされる場合「更新」のたびに払わされるので要注意である。

<ランニングコスト>:継続的費用
1)お家賃
2)更新料、更新事務手数料


1)は月々の費用なので、慎重に熟慮のうえこれ以上は出せない!というボーダーラインの設定が是が非でも必要。ただし家探しも疲れてくると少々いいか、と限度額を上げてしまう傾向になりがちで要注意。最初に考え出してきた「限度額○○円」は、やはり衣食住の生活全体のなかでバランスをとった額なので、最後まで死守すべき。容易に妥協は許されないのだ!

2)更新料、これはほんとくせ者なのだ。去年息子のアパート探しを行なった際、大阪や神戸では更新料がない、というケースがほとんどだった。そのかわりに敷金・礼金、保証金がやたらと高い(更新料込みか?)。つまり長く住み続けるとお得。

ところが京都では、この「更新料」が???というほどのしかかってくる。学生マンションが多いことが影響しているとも思うのだが、毎年更新とか2年毎に更新というのがほとんど。で、更新料が家賃の1ヶ月分、2ヶ月分と必要とされる。ひどいのになると「新家賃の○ヶ月分」となってる物件も。

毎年更新だと1ヶ月分、2年毎だと2ヶ月分というケースが多いもよう。ここでよーく考えてみよう。お家賃が安くても更新料の12ヶ月割or24ヶ月割りをプラスすれば、それが本当の家賃コストともいえる。それほど更新料は大きいのだ。更新がいやなら引っ越せばいいわけだが、1年や2年で引っ越すのは面倒じゃない?

あ〜あ、いやになるぜ、ほんと。

**「更新事務手数料」:えっと驚く新手の費用。最近あちこちの物件で見かけるこの費用、管理会社?が更新の費用として1万円ほどをかかげている。

**「火災保険」についての追加説明:ピースウィンズ・ジャパンHPより
賃貸住宅にお住まいの方の火災保険についてですが、賃貸住宅の場合はよほどの場合を除いて建物に火災保険をかけることはないでしょう。建物所有者である家主さんが契約しているケースがほとんどです。つまり居住者の皆さんは家財についてのみ契約されるという事がほとんどです。

火災事故については、民法上の「失火に関する法律」によって失火により他人の財物に損害を与えても損害賠償の責めは負わないとされています。これは失火によって大火になったとしてもそんな賠償は出来ないという発想から生まれたものでしょう。

したがって類焼家屋に対しての損害賠償義務はないということになります。
しかし、家主に対しては自分が管理する財物に損害を与えたということになり、家主から損害賠償を請求される可能性があります。

[PR]
by nabetsuma | 2007-02-01 10:16 | 家探し&リフォーム

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る