<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

NabetsumaJunk「悪夢ふたたび!」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年1月26日(木)

 「悪夢」といえば・・「フレディ」?・・ちゃうちゃう・・「ふたたび」といえば「七瀬」?・・ないない! ナベツマにとっての「悪夢ふたたび」は『講義への遅刻!』。あ〜あ、またやっちまったぜ。原因は南海電鉄だ!

 月曜日、朝7時半の某局ニュースを見ていて「あっやば!」という言葉を残して、ナベツマは予定より20分早く家を出た。お仕事の現地は「田尻町」、大阪府のずうっと南のほう、もうすこし行くと和歌山なのだ。10時半からの講義なので、講座会場の最寄り駅「吉見ノ里」到着は10時すぎの予定であった。が、早朝に人身事故があったらしく、案の定、南海電鉄乗換え駅の天下茶屋のホームには下りの電車がほとんど入ってこない。

 どーすべ? よっしゃあ、ラピート(関空特急)来たら特急料金を払ってでも泉佐野まで乗っちゃおう!と、常々鉄人28号のようなルックスのラピートにあこがれていたので、試乗できるな、と踏んだのであった。

 あ・ほ!! 同じ線路を走っているラピートだけが運行無事な訳がなかった。どころかラピートもサザンもすべての特急は全面停止、動いているのは急行と普通のみ。20分待ってなんとかやってきた急行に乗車。ところが、泉佐野まで来て普通に乗換えなくっちゃいけないのに普通電車が来ない。あわてて会場に電話してタクシーで会場まで行けるものかどうか尋ねた。そうこうしていると普通がホームに入って来たので乗車。ここでまた問題が・・。乗ったもののうんともすんとも電車が動かない。後発の急行を先に通すとかで停車したままなのだ。しかも1台急行が出て、その後またもう1本の急行を先に通した。が〜ん!

 結局はとーぜん遅刻したんよね、講義に。10分遅刻でその分終了時間を10分延長させていただいた。良かったらお詫びにもう1時間講義しましょうか? とは言えなかったが、えらいこっちゃで非常に疲れた一日だった。その夜見た夢は・・・想像つくよね?
[PR]
by nabetsuma | 2006-01-26 15:00 | ナベツマジャンク

eBay「アメリカ人もびびるデカさ・・」

2006年1月22日(日)/日録 by ナベツキー

 久々だねえ・・・何がかというと、でっかい皿。言わずと知れたルクルーゼのオーブン皿である。サイズは36、つまり36cm。両取手を含めると全長41.5cm、我家のメインバンク京都銀行同様に「なが〜いおつき合い」になりそうだ。これまでのところこの36サイズ以上のでかいオーブン皿はeBayでも見かけたことがないので、多分一番でかいのかも。どおりでいまいちオークションに乗りがなかった。落札する前に何度も我家のオーブン庫内を計って、それでも入るかどうか確信がなかったのだが、現物を入れてみりゃあ、どんぴしゃり入っちゃった(斜め置きだけどね)。

 未使用でぴっかぴかだから、これもオーブンに入れようなんて実際はできそうもない。この皿の出品者はテキサス在住で船便の送料に加えて少々の手数料を取ったが、受け取ってみりゃそのなかで保険をかけてくれていた。さんきゅ! 全米で肥満率ワースト1位、ブッシュのお膝元、全世界に悪名高い石油産業やら軍産複合体やら牛肉業者やらがてんこもりのテキサスだが、ことeBayで関わりがあったこれまでのテキサン(texan/テキサス人のこと)はみんな親切で正直でいい人たちばかりだ。

 ところで、何でもデカいことが自慢のテキサス人が、あるとき広大なオーストラリアに出かけて放った負け惜しみジョーク。「おたくのよく跳ねるバッタはテキサスのより少々大きいようですね。(フン!)」
(注/この場合の「おたくのよく跳ねるバッタ」とは『カンガルー』のこと。)

f0068334_13224544.jpg

f0068334_13232462.jpg

**お色はターコイズ。サイズ表示は36。全長41.4cm、重量2.8kg。蓋なしでこの重さ。テキサス州Garlandという街のある婦人の遺産整理のセールで出品されたもの(あたしが死んだらコショスキーはナベをどうするのかしら???)。
[PR]
by nabetsuma | 2006-01-22 13:16 | NabeQuest'0607

NabetsumaJunk「ニコンFM3A購入の顛末/店員の逆襲」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年1月18日(水)

 いい買物だったと、喜んで帰ろうとしたナベツマに店員が忍び寄る・・・。

><「お客さま、今ニコン製品のお買い上げでポスターとカレンダーがダブルでプレゼント! よかったですねえ、なんてラッキー♪♪」
**「えっ? いや、もう荷物が一杯なんで・・・」
><「はあ、何言ってるんですかあ、ニコンですよニコン、プロの撮った写真ですよ、プロ!!」
**「ありがたいようなそうでもないような・・」
><「まじっすかあ!!!ちょっと見ませんか! ほら、こんなにすばらしい写真ですよー!」
**「・・・・・」
><「みなさん、すっごく喜んでくれるんですよー」
**「そおぉ・・」
><「・・・・・」
**「じゃ、そーいうことで、ちゃお!」
><「おっ、おきゃくさま〜! それは買い逃げじゃあ???」

 この会話は多分に脚色されてあります、でも内容は本当のことです、あしからず。

f0068334_20182622.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2006-01-18 14:52 | ナベツマジャンク

NabetsumaJunk「ニコンFM3A購入の顛末/買物バトル」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年1月15日(日)

 ニコマート亡き後、どーしてもまだ一眼レフカメラが必要!と主張するコショスキー。しかたないな、仕事帰りにヨドバシカメラに寄り購入することに。デザインのかっこよさからFM3Aに決定。おやじたちはブラックボディが好みらしいが、あたしはシルバーのほうがカメラらしくてええ、ということでシルバーに決定(安いし)。しかもちょうどレンズ同時購入割引クーポンが届いていたのでラッキー、るんるんでヨドに。

 ここはどこ? と思えるほど、客のいないヨドの銀塩カメラ売り場。いるのは、年配のおやじだけ。こんなに収益なさそうな売り場なんかもっと狭くすりゃええのに・・なんて思いつつ売り場の兄ちゃんに声をかける。

**「ニコンのFM3Aをくださいなー!」
><「はあ、○○○○○円です」
**「えええーっ、ドットコムでは○○○○○円やけど!?」
><「ああドットコムは人手いらないでしょ、だから店舗より安いんですよ」
**「そんなこと言わへんと、ドットコムと同じ値段にしてよー」
><「だからーうちのライバルはドットコムなんすよー!!!」
**「だったら尚更ここで買ったほうがええやん。あれ、今日は××さんは?」
><「××は今日はお休みです」
**「電話で××さんと話をしたときにはドットコムと同じでOKだったんよ。京都の○○○ですけど」
><「ほう、ちょっと調べてきまっ!」
・・・
><「伝言が残ってましたわ、じゃあドットコムの値段で」
**「よかった! レンズはパンケーキでね。このクーポンもお願いね」
><「えっクーポンも使うんですかあ」
**「だって店舗用レンズ同時購入クーポンじゃん、使わずしてどーする」
><「まいったなあ・・」

(**)買物のポイントは、できるだけ電話である程度の交渉をすませておくこと。その際に交渉相手の名前を覚えておき、「誰々さんはこー言った」という証拠を残しておくこと。ちょうどこの時期はニコンFM3Aの販促がかかっていたのでこのような強引な交渉が可能だったのだが、いつもこういう具合に行く訳ではない。(つづく)
[PR]
by nabetsuma | 2006-01-15 14:33 | ナベツマジャンク

NabetsumaJunk「ニコンFM3A購入の顛末/貧乏画学生とニコンの出会い」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年1月14日(土)

 むかしむかしあるところに貧乏な画学生がおりました。その画学生には同じ郷里のガールフレンドがいて同じ大学に通っておりました。あるとき、そのガールフレンドが専攻した写真の授業でどーしても一眼レフカメラが必要になりました。「何かを質に入れてでも用意しろ!」そう言いはなった講師はその学科お初のプロの写真家でありました。困った彼女は彼氏に相談。彼氏は裕福なおじからもらって蓄えていたなけなしのお金で、駅前のカメラ屋のショーウィンドウに飾ってあった新古品の「ニコマートEL」を買い、彼女に貸してあげたのでした。そして・・・彼女はそのカメラで「白黒フィルム100本」という前代未聞の夏休みの課題を仕上げたのでした。

 夏休みが明けて課題の批評会が開かれたとき、100本提出したのはクラスでその彼女だけでした。しかもその彼女が撮った写真とは・・・「犬のポートレート3600枚」だったというおまけつき。「おまえはバカか!!!!!」とその写真の講師は何度も叫んだのでした。ふん!

 という訳で、ニコンの一眼レフカメラはその貧乏画学生がその後たいせつに大切に使いつづけ、29年がたったある夏の日、とうとう壊れて使えなくなりました。修理できれば・・と訪問した梅田のニコンサロンで「もう部品がありません。新しいのをお求めください」と最終通告を受けたのであります。(つづく)
[PR]
by nabetsuma | 2006-01-14 14:30 | ナベツマジャンク

NabetsumaJunk「1年は巡る・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年1月2日(月)

 さて、恒例になった年初めの景気占いというべき「デパートウオッチングの日」。そーいえば、年末に早々と福袋なぞも配られていたなあ・・・なんかスゴそう・・・。予想は的中で、京都大丸は開店5分前にはもう開店していた。人の出足も買物意欲もはげしー!!! おっそろしい勢いで人人人の波。こちとら、バーゲンになったタイツと靴下ごときに10分少々も列に並ぶというおまけつき。なんとまあ・・。

 なんとまあ、といえば「ヤフオクの福袋オークション」。去年も気づいてたけど、今年の出品、はやっ! 1万円で買って3〜5倍で売るつもりのもよう(中身は10万円以上だってさ)。一店舗で10袋限定のブランド物だからこそ、並んでも元がとれるのかしら??? ほんと、いろんなお商売があるんですねー。
[PR]
by nabetsuma | 2006-01-02 14:28 | ナベツマジャンク

『Nabe Quest 』の、始まり・・はじまり・・

はじめに

 ひとはいろいろなものに取り憑かれるというが、まさか自分に「ナベ憑き」がつくとは思いもよらなかった。相方といえば「古本憑き」がついて久しい。家の中は、その取り憑いた物々で溢れかえっているが、なんとか殺されるまでには至っていない。(地震が来たらその限りでない・・・)

 そして、その取り憑いた「ナベ」を極めんがため『鍋道』を歩み始めたわたくしは、日々着実に、また、ある時は我を忘れて怒濤のごとく、やはり何かに突き動かされれるように「収集」と「探求」に明け暮れるのであった。そういうわたくしを、いつしかひとは「ナベツマ」と呼ぶようになった。

(**)これより、2004年10月26日にさかのぼって日録を書き込みます。是非「ナベ憑き」の事の顛末をご覧ください!
 
f0068334_20455453.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2006-01-01 00:01

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma