<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

NabetsumaJunk「えらいこっちゃ!」の巻

ナベツマ・ジャンク/2005年11月26日(土)

 突然プリンターがおかしくなった。その予兆はしばらく前からあったとはいうものの、ヘッドクリーニングでもすれば良くなるだろうと高をくくっていたら、今朝恐ろしい色具合で印刷された用紙が飛び出して来た。う〜ん、どーすべ??

 こういうときの「いち・に・さん」の手順は、まずはメーカーのお客さま相談室に電話。キヤノンはナビダイヤルとかで、3分毎に8.5円の電話代がかかるとのこと(これってIP電話と同様なお値段だわね、正月3日間以外年中無休のサポート体制やから文句はいわねー)。iBookとPIXUS950i をそばにおいて、担当者の指示通りに操作、でもだめぽ。新しいドライバをダウンロードして、インクをドバドバ使うという強力ヘッドクリーニングの「ヘッドリフレッシング」を行なう。でもだめだめ。

 しかたねーな、修理に出すか? と思いキヤノンのHPを見てみれば、なんと近頃では修理メニューは増えているものの(即時・宅配・持込・出張・送付、のなかから選択とある)、どれを選んでも一律料金¥9450がかかるんだってよ!!!(もちろん、修理代や部品代等が別途必要。) これって、キヤノンの現行最上位機種で今お手頃価格になってるPIXUS iP8600の1/3のコストにあたるじゃないか、あほらしい。

 じゃあどーすべ? とりあえずいつもの価格コムの掲示板でも見るべかー。おおっ、同様な症状についての、とんでもないアドバイスがてんこ盛りじゃないか!!!

 というこってダメもとでやってみました、プリンターヘッドの「おうちクリーニング」。熱ーい湯に何度か浸ける目詰まり解消方法(2ちゃんねるによると「エアーコンプレッサーでヘッドをブハーッ!と逆噴させたら以後快調」というのもあり)。後はドライヤーでよーく乾かしてプリンターに装着。

 で、どーなったと思う?? ほほ、なんと直りましたですよ、ほんとに。これでダメな場合はヘッドの交換という手もあるが、キヤノンの場合は近くの量販店で注文購入し自分で交換が可能(エプソンを諦めたのはこのヘッド交換さえもメーカーに送らないとできない)。

 年賀状の季節に突入間近のみなさま、インクジェットプリンターの具合が悪い時には、まずは「おうちクリーニング」をどうぞ! そしてプリンターの買い換えは、シーズンで一番安い!と言われている冬のボーナス時期をお待ちください!(ほんまかいな?)
[PR]
by nabetsuma | 2005-11-26 14:13 | ナベツマジャンク

NabetsumaJunk「観光地のまっただなか!」の巻

ナベツマ・ジャンク/2005年11月23日(水)

 いやあ、今日はひどい目に遭っちゃった。

 街ん中に食料品の買い出しに出かけたナベツマ。最近はデパ地下が新鮮で格安な野菜果物を提供しているので、往復の電車代を払っても充分に元は取れるのよ〜ん、とばかりに本日もるんるんお出かけ。往きから少々不吉な予感はあったのだが(通常の嵐山線は1時間に3本ていどの電車数、それが今日は臨時列車とかで1時間に6本と倍増)、お昼過ぎ両手に山ほど荷物を抱えて桂駅に戻って来たナベツマの視線に入ったもの・・・それは・・・嵐山線のホームに向かう乗客でびっしりと黒山の人だかりとなり、こう着状態の桂駅2階のコンコース! えっ、あにこれ? これじゃあ、ホームまでたどり着けないじゃん!!!

 どーする!? ダッと違うホームに降り、別の連絡通路から嵐山線後方にすばやく向かう。やはりこっちはまだまし、列をなしてはいるがゆるゆると歩みがある。ところが今度は電車自体がすでに満員寿司詰め状態。いかん、これじゃあお家に帰れへん! すんません!と言いつつ、なんとか自分の体と荷物をつっこんだところでドアが締まり、ぎゅーぎゅー詰めで電車は進む。こんな満員電車、浪人時代の東小金井から新宿までの中央線以来である、どーなってんのお??

 神戸の長田で家が全壊してから、京都の上桂に越して来て11年、こんな秋はこれまでなかった。

 プチバブルの様相を目の当たりにして戻り、買物袋から今日の獲物を取り出す。27円のサラダ菜、95円の白マッシュルーム、250円のセロリ株、284円のラフランス3ヶ・・・、う〜ん、我家はいつだって「泡」とは縁のない生活なのだ!

(**)上記の他に、2ヵ所のパン屋の「美味しいパン」4種類、ダルマイヤーの生ハムにボンレスハム、一保堂のほうじ茶、鞍馬辻井の木の芽煮、仙太郎の栗蒸し羊羹、もち、洋菓子も・・・いやあ、なんとエンゲル係数の高〜い家庭やねん、ほんま!!!
[PR]
by nabetsuma | 2005-11-23 14:10 | ナベツマジャンク

eBay「やっと来た来た!」

2005年11月21日(月)/日録 by ナベツキー

 まったくもう・・・とため息ついていたある土曜日の朝、ピンポーン!「ちわー郵便局でーす」との声。ふん、またコショスキーの古本か? と出てみれば、うれしい船便小包。ああ、やっと到着したのねあたしのナベ。

 さて、今回の船便はほんと日数がかかった。落札10月1日、同日速攻で支払い、荷出しは10月2日、で京都到着が11月19日。約7週間かかったことになる。これまでの船便は大体1ヶ月前後で到着しているので、やはりフツーじゃない。でも日本は今プチバブルだし、米国からの荷物が急増している可能性は否定できないけど。同時期、某国大統領の来日、宮様の婚礼やボジョレーヌーボーの解禁日も重なったせいかもしれない・・いらん心配させやがって・・やられちまったか(詐欺)と思ったぜ!

 ということで、このル・クルーゼはちょとレアな模様入りのソースパン。ヤフオクのみならずeBayでも人気の、希少な「木の実柄シリーズ」の一品。eBayでの表記は「Red & Blue Fruit Flower」。生地のベージュ色がかなり濃いめで、ステンシルで入れたような木の実の模様が大変引き立つ様子である。思わず「きゃあーラブリー!」と言いたくなるよね、どお!?

f0068334_221459.jpg
**直径20cm、容量2L、重量2.5kg、欠けもヒビもなくうつくしい、ほっ。
**天然生活12月号の巻頭特集「ルクルーゼ村」を訪ねる記事によると、これら模様入りの鍋は60年代あたりの製造とあった。

f0068334_2221841.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2005-11-21 21:58 | NabeQuest'0405

NabetsumaJunk「悶々・・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2005年11月17日(木)

 eBayで落札した鍋が届かない・・やられたか??・・いや、これはあのおおバカ者のせいでは???

 みなさんご存知かと思うが、最近落日の憂き目に遭っているので、気分直しに日いづる国にちょいとやってきて、大渋滞を引き起こし、市民ならびに観光客に多大な迷惑をかけ、さっさと隣国韓国に移動した某国の大統領がいる。

 そして、そのことが「郵便事情」にも多大な被害と悪影響を与えたかもしれない疑いが、某ナベ買いの一家にもたらされている。なぜなら、発送の連絡からかれこれ6週間以上経過しているにもかかわらず、ナベが到着しない。思うに、税関で足止めをくっているだけではなく、多分、来日前に日本に到着したあらゆる「ブツ」を開封してとことん調べているのではないだろうか(そーいえば昨日のボジョレーヌーボーの栓は緩かった?)。

 これまで1年間、外国から送付されてきた小包が開封された跡は皆無だった。今度届く小包はよおーく調べてみよーと決心したNツマであった。ぷんぷん。
[PR]
by nabetsuma | 2005-11-17 21:50 | ナベツマジャンク

ヤフオク「うっとり・・」

2005年11月11日(金)/日録 by ナベツキー

 ナベツマは9月末にeBayで2つの鍋を落札した。が、船便なのでまだ届かず、ちょっとぷんぷん。そういう訳で、みなさんのためにもここはひとつ何か落とさなくっちゃ! とヤフオクでがんばってみました。

 落札したのはル・クルーゼのキャセロール鍋。いわゆるオーブン料理に使用する。もちろん一般のオーブン用キャセロールと違って、ル・クルーゼのこの手の鍋は直火でまず調理をし、その後オーブンに、という使い方が可能である。イタリアのペルージャの民宿のおばーちゃんが教えてくれたローストポークは、まずこのようなキャセロールに、ニンニクとオリーブ油を入れガス火にかける、そして塩胡椒した豚のかたまり肉を鍋の中でこんがり焼いてから、ぽんぽんとローズマリーの小枝を2本程投げ入れ、その後白ワインをどばっ! 急いで蓋をして、あとは弱火でコトコトと45分くらい、もしくはオーブンにて1時間だとさ。ぽたぽた、よだれ。ね、便利でしょ!?

 ところで、ヤフーのオークションでは時々ガレージセールのような出品がある。このキャセロールも出品者の説明によると「1990年代の最初のころ個人輸入にハマっていました。最近家を建て替えるので屋根裏を整理していたら出て来たのがこのキャセロールです。」とのこと。みなさん、いろいろ事情があるんですね、ほんと。

f0068334_13355298.jpg(**)サイズ表示は26。容量2.5L、重量3.5kg。オリジナルの箱に同梱の説明書によると、92年の製造。未使用らしく、キャセロール側面や底にシールが貼ってある。やはり「白」はうつくしい・・うっとり。

f0068334_1336851.jpg
[PR]
by nabetsuma | 2005-11-11 13:26 | NabeQuest'0405

NabetsumaJunk「原作は漫画」の巻

ナベツマ・ジャンク/2005年11月6日(日)

 漫画が原作のドラマが今期もぞくぞく。まずは「ドラゴン桜」と同じ金曜22時TBS系列の「花より男子」、超人気恋愛コミックが原作である。Nツマは少年漫画が好きなので、少女漫画といえばベルばら以降ハマったのはこの花男(はなだん)くらい。だいたい漫画も映画も恋愛もんが不得意なもんで、なぜハマったのかも未だに分っからないし、おっかしーなあ?? 

 昨夜見ていてハッと気づいたのは、さすがに漫画連載の時期と今回のドラマ化の時期がかなりずれているので、初デートの待ち合わせ場所が「原宿、ハナエ・モリビル前」から「恵比寿ガーデンプレイス、時計広場」に変更になっていた点(クレヨンハウスに出かけたら、ハナエ・モリビルはよく通過したものだけど、そういえばモリハナエは一度破綻したんだよね)。笑えたけど、しかたないよね。

 原作が偉大だと、配役はファンに相当配慮しないと嫌われちゃうだろう。ただ今回のドラマ化では、同様な漫画が原作で映画化ヒット作「NANA」の影響か、配役・ストーリー展開・台詞、いずれも原作にかなり忠実である。特に、ヒロイン&ヒーローやその姉役は結構イメージが合ってるし。その分、視聴率もドラマでは「熟年離婚」(花男が超リッチでセレブな世界のお話で現実にはありえねーけど、この熟年離婚も60近い主婦が、だんなが定年退職になったとたん離婚宣告し、就職してマンション暮らしを始める、充分ありえねー筋立てなのだ)の次に好調のようだ。
[PR]
by nabetsuma | 2005-11-06 14:04 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧