<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NabetsumaJunk「大チョンボでマンボ!」の巻

ナベツマ・ジャンク/2005年6月30日(木)

 ギックリでバタンキューより10日間ほどのナベツマ。先週はラッキーなことに自宅近くの仕事場だったので、コショスキーのお迎えつき。ところが、今日は大阪の南の果て、K市で朝から講演のお仕事だった。乗換えが何度もあるので、腰のことを考え、余裕を持って1本早く着く予定で出かけた。しかーし、悲劇はN 電鉄T駅での乗り換え時に起こったのだ。ホームに入って来た電車に、ふっと乗車してしまった。魔がさしたとしか思えない。扉が閉まった。「あれ? みんなどうして乗ってこないの?」なんて・・・これ普通電車じゃん!

 ぎゃっ、と叫んだがすでに遅し。二分後発の急行電車に乗らなければならなかったのよ! 柄にもなく(?)取り乱して騒ぎまくったあげく、たまたま目についた大学生の兄ちゃんをつるし上げ、じゃなくて対処法を教えていただき、猛スピードで電車一番後ろまでダッシュした。すごい形相で車掌に詰め寄るナベツマ。車掌のほうもぎょっとして大慌てで車掌室から出てきた。

「ど、どうされましたか?」
「急行よ、急行、キューコー!」
「えっ、お客さんはこうおっしゃりたいんですね、急行はどこだ? じょ、冗談ですよ、それはですね・・・」
 ダイヤグラムを覗き込む車掌。
「急行はずう〜っと後ですね」
「ええーっ、じゃあこの電車がK市まで一番早いってこと?」
「ピンポーン。さようでございます」
「があああああーん!!!!!!」

 なんて落ち込んでる場合じゃない。さっきの大学生のいる車両まで猛然とリターン、その兄ちゃんをつるし上げ、じゃなくて拝み込んで携帯を貸してもらい、講演の担当者に連絡を取った。結局、講演が始まる時間ジャストには、一時間も前に着いて待ちくたびれたわよ、てな顔をして演台に立っていた・・・。

 ナベツマの見る夢は10本に1本は空を飛んでる夢、5本に1本は総天然色カラー、そして3本に1本は講義に遅れてうんうんうなされる夢なのである。夢が正夢になって、腰の痛みをすっかり忘れていたナベツマであった。
[PR]
by nabetsuma | 2005-06-30 13:06 | ナベツマジャンク

eBay「早い!安い!うまい? USA定形外郵便って??」

2005年6月17日(金)/日録 by ナベツキー

 ナベツマは最近eBayで4連勝してしまった。すごい!(まっ、他の人が興味を持たないとこうなる。)

 で、やって来たのはかわいいダンスクの片手ソースパン、一番小さなタイプでバターウォーマーとも呼ばれている。色は、茶色がかった渋いオレンジ/BURNT ORANGE。ほら、ヤフオクの即決価格でゲットしたソースパンの妹分にあたるのだ。

 そのバターウォーマーをのせているのは、アメリカからの段ボール箱。えっ、あにこれ? チビ鍋にこんな大きい箱なんてあり? というよりも、「郵便局でーす。定形外郵便をお持ちしました!」と言うので、玄関を開けたら、バイクのトランクをパカッと開けて取り出したのがこの段ボール箱(遠目に見たが、入っていたのはこの箱のみ。というか、これだけで満員)。ハンコを持ち出したら「定形外郵便ですから、ハンコいらないんですよ」と言われた。うそ、しかもまじ軽い。中を開けても緩衝剤だらけで、中身がどこにあるのかさえ分からない。もちあったけど。

 いやー、お国違えば、定形外郵便も違うのね。計ったらサイズ100のゆうパック並で、北海道から送ってもらったら1600円かかる計算だ。

 じゃあUSAからは? $18.95よ〜ん。なんだ、変わらないじゃん。ようするに、軽けりゃ安いのが「letter-post」。これで、発送5日で京都安着。以前はこのletter-postでひどい目にあったので2度と利用したくなかったが、今回の出品者はこちらが「必ず小荷物で送ってね」と頼んでもそれには返事なしで、安い送料を知らせてきた。どう考えてもletter-postの値段だったが、それ以上はどうしょうもできずで諦めた。そしたら、デカデカ箱で到着となった次第。おおっそんな手があったか!

 「早い!安い!無キズ!」で相当うまみがあったソースパンとなった。ちゃんちゃん。

f0068334_1021587.jpg (**)直径9.5cm、容量0.5L、360gの軽〜いプチナベなのだ。右の写真は、それぞれの鍋と鍋が入っていた段ボール箱。左が letter-post「定形外郵便」。右が航空小包。
f0068334_10221419.jpg
[PR]
by nabetsuma | 2005-06-17 10:10 | NabeQuest'0405

ヤフオク「あきらめてまた参戦!」

2005年6月10日(金)/日録 by ナベツキー

 初めてル・クルーゼのビンテージ鍋をヤフオクで見かけたのは昨年の11月のことであった。それはかわいいチョコレートブラウンの『注ぎ口のあるソースパン』、蓋にラインやロゴがないシンプルなデザイン。一目見てガーン、ストンと恋に落ちた。これがそもそもすべての始まりだったかもしれない。

 ところが、それ以降、何度も同じ色デザインのソースパンに入札したのだが、なんともご縁がなかった。そして、今回また性懲りもなく同様の鍋に入札してしまった。結果は・・・高値更新で・・・あきらめた。

 と、いつもならそれで終わりなんだが、今回はなぜか違った。「もう終了したかな?」と思ってオークションを覗いたら、まだ延長でやっているじゃないか。むむっ、I will be back! と渋くつぶやいたかどうかは置いといて、なぜかその後、また参戦してしまったのである。

 ナベツマはあきらめの良いほうなので、これは自分でも意外だった。オークション始めて、ほんと自分の知らない部分が色々でてきて驚かされるのなんのって。

 で?? そりゃあここまで書いてるんだからゲットしたにきまってるじゃん。さあみなさん、ご覧あれ!

f0068334_10282090.jpg (**) 直径20cm、2Lの容量、2.5kg、70年代のものだそう。
f0068334_10283798.jpg
[PR]
by nabetsuma | 2005-06-10 09:52 | NabeQuest'0405

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧