カテゴリ:NabeQuest'0405( 48 )

ヤフオク「祝30個!」

2005年12月28日(水)/日録 by ナベツキー

 「一体ナベは幾つになったのだ?? 古家は大丈夫か?」とみなさまにご心配をおかけしているナベツマです。はい、おかげさまで今回のナベで「30個」になりました。おめでとうございまっす! 自分で祝ってどーする!?

 さて記念すべき30個目はルクルーゼのフォンデュポット、深い作りになっている。このナベ、現在の名称は「ウィンザーポット」という。なんで「ウィンザー」なんだ?と調べてはみたが、名前の由来は出て来なかった。フォンデュなんてめったにやらないだろうから、使用用途はいろいろだが「2〜3人分のスープ作りに便利」というお料理大好き奥さまのHPにあった。なんでもバーミックスでかき混ぜる時に、ナベが深いため飛び散りが少ないからだそう。ふ〜ん、そーなんだ、といたく感心。でも未使用でしかもシールが貼ってありコレクタブル品なので、使えそーもないな。

**直径16cm、高さ12cm、容量1.7L、重量2.3kg。「マットブラウン」という光沢のないタイプの色合いでグラデーション入り。陶器のような質感である。
f0068334_14563045.jpg

f0068334_14564978.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2005-12-28 14:53 | NabeQuest'0405

eBay「出発5日遅れ、到着同時」

2005年12月14日(水)/日録 by ナベツキー

 eBayで一日ずれて落札したグレーのグラデーション・ルクルーゼが到着した。実は前回紹介した花柄のルクルーゼ片手ソースパンと同時に我家に配達されたのだ。でも荷出しは花柄ソースパンより5日後なのに到着が同時なんて・・まっ船便というのはそんなもんかもね。

 以前ヤフオクで、同じグレーのアイアンハンドルのソースパンを落札してから、その色具合がとても気に入り、他にもないか探していたのだ。この1年間、ほとんどお目にかかったことがなかったから、ちょうどeBayに出てきたのは運が良かったのかもね。

f0068334_14454778.jpg
**25cmのオーバル鍋、容量3.2L 、重量 3.5kg。このサイズだと、直径22cmの丸鍋とほぼ同じ位の容量となる。モノクロームの世界もまたうつくしい・・・が・・そろそろ押し入れが・・・。
f0068334_14462958.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2005-12-14 14:40 | NabeQuest'0405

eBay「やっと来た来た!」

2005年11月21日(月)/日録 by ナベツキー

 まったくもう・・・とため息ついていたある土曜日の朝、ピンポーン!「ちわー郵便局でーす」との声。ふん、またコショスキーの古本か? と出てみれば、うれしい船便小包。ああ、やっと到着したのねあたしのナベ。

 さて、今回の船便はほんと日数がかかった。落札10月1日、同日速攻で支払い、荷出しは10月2日、で京都到着が11月19日。約7週間かかったことになる。これまでの船便は大体1ヶ月前後で到着しているので、やはりフツーじゃない。でも日本は今プチバブルだし、米国からの荷物が急増している可能性は否定できないけど。同時期、某国大統領の来日、宮様の婚礼やボジョレーヌーボーの解禁日も重なったせいかもしれない・・いらん心配させやがって・・やられちまったか(詐欺)と思ったぜ!

 ということで、このル・クルーゼはちょとレアな模様入りのソースパン。ヤフオクのみならずeBayでも人気の、希少な「木の実柄シリーズ」の一品。eBayでの表記は「Red & Blue Fruit Flower」。生地のベージュ色がかなり濃いめで、ステンシルで入れたような木の実の模様が大変引き立つ様子である。思わず「きゃあーラブリー!」と言いたくなるよね、どお!?

f0068334_221459.jpg
**直径20cm、容量2L、重量2.5kg、欠けもヒビもなくうつくしい、ほっ。
**天然生活12月号の巻頭特集「ルクルーゼ村」を訪ねる記事によると、これら模様入りの鍋は60年代あたりの製造とあった。

f0068334_2221841.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2005-11-21 21:58 | NabeQuest'0405

ヤフオク「うっとり・・」

2005年11月11日(金)/日録 by ナベツキー

 ナベツマは9月末にeBayで2つの鍋を落札した。が、船便なのでまだ届かず、ちょっとぷんぷん。そういう訳で、みなさんのためにもここはひとつ何か落とさなくっちゃ! とヤフオクでがんばってみました。

 落札したのはル・クルーゼのキャセロール鍋。いわゆるオーブン料理に使用する。もちろん一般のオーブン用キャセロールと違って、ル・クルーゼのこの手の鍋は直火でまず調理をし、その後オーブンに、という使い方が可能である。イタリアのペルージャの民宿のおばーちゃんが教えてくれたローストポークは、まずこのようなキャセロールに、ニンニクとオリーブ油を入れガス火にかける、そして塩胡椒した豚のかたまり肉を鍋の中でこんがり焼いてから、ぽんぽんとローズマリーの小枝を2本程投げ入れ、その後白ワインをどばっ! 急いで蓋をして、あとは弱火でコトコトと45分くらい、もしくはオーブンにて1時間だとさ。ぽたぽた、よだれ。ね、便利でしょ!?

 ところで、ヤフーのオークションでは時々ガレージセールのような出品がある。このキャセロールも出品者の説明によると「1990年代の最初のころ個人輸入にハマっていました。最近家を建て替えるので屋根裏を整理していたら出て来たのがこのキャセロールです。」とのこと。みなさん、いろいろ事情があるんですね、ほんと。

f0068334_13355298.jpg(**)サイズ表示は26。容量2.5L、重量3.5kg。オリジナルの箱に同梱の説明書によると、92年の製造。未使用らしく、キャセロール側面や底にシールが貼ってある。やはり「白」はうつくしい・・うっとり。

f0068334_1336851.jpg
[PR]
by nabetsuma | 2005-11-11 13:26 | NabeQuest'0405

ヤフオク「ああ、魔力、そして返品!」

2005年10月15日(土)/日録 by ナベツキー

 eBayで2連敗した後2連勝してしまったナベツマ。その後、なんとなくヤフオクにて、ふと美しいブラック・ダンスクのフォンデュポットに目がとまってしまった。「ふーん、黒・・か。たまには黒もいいな」なんてね。

 そして、つい魔が差してふらふらっと入札してしまい、気がついたら落札。あ〜あ、前にもこんなことあったなあ・・と思ってると、ウッ! おんなじ出品者のオークションだった。もしかして、この出品者はPCのむこうから「こっちこ〜い、こっちこ〜い!」と超能力を使ってるんでは???

 ところが、到着したダンスク見てどっきり! おえ、ベース(フォンデュポットを載せる台。真中の空間にろうそく、もしくはアルコールの燃料を入れる)の支柱が1本壊れてるじゃん!!! しかもオークションではエクセレントの表記だったのに、 鍋の外底にはひっかき傷のような傷が何本も入ってるし、取手もぐらついてる・・・。もおおお! 

 返品だ!返品だ!と、ひとりでうるさくわめいたのち、次の日さっさと送り返したとさ(どっかで聞いた台詞だな?)。

f0068334_19461649.jpg(**)フォンデュには、チーズやオイル、チョコレート等の種類がある。例えば、ポピュラーなチーズフォンデュでは、専用鍋のなかで温められとろけたドロドロ状のチーズを、串刺しのフランスパンなどにからめて食する。美味しいのでついつい食べ過ぎて、あとで胸焼けがする料理(と、昔友人がそう言っていた。この友人は、他にも、ヨーグルトを食べ過ぎて蕁麻疹がでて、半年以上乳製品をカットしなければならなかったという経験談を持つ。なんでも毎日500mlのブルガリアヨーグルトを2パック食べていたのだ)。
[PR]
by nabetsuma | 2005-10-15 19:40 | NabeQuest'0405

eBay「待てど暮らせどinvoice」

2005年10月8日(土)/日録 by ナベツキー

 今回のeBayではオークションが終了してからやきもきさせられた。だってインボイス(請求書)がいくら待っても来ないんだもん。ヤフオクでは落札するとヤフーからそのお知らせメールが届く。eBayの場合も似たり寄ったりで、まずは落札のお知らせメールが届き、次に落札物の値段に送料が加えられた請求書がやってくる、これがインボイスである。ちなみに下記のメールが落札お知らせ。

『Congratulations, the item is yours. Please pay now!』
→「やったね!ブツはあんたのもん!さあ払って払って!」

 オークションの最中に送料の問い合わせが済んでいる場合には、このお知らせメールの計算書きに自分で送料を打ち込み、全体費用を算出し支払うことは可能である。が、すぐにペイナウして後で出品者がカンカンということもあるようだ。なぜなら、出品者によっては送料に加えて、多少なりの梱包費用を追加してくる場合もあるから、「インボイスが届くまで支払ってはいけない!」と明記されたオークションは結構多い。で、次がインボイス。

『Here's the invoice for your item.Click Pay Now to confirm shipping, get total price.』
→「さあ請求書だっちゃ!ペイナウボタンをちょい押して、送料を算出してみるべー、そうすりゃ合計出てくるだっちゃ!」

 そう、これがいくら待っても来なかったのだ。加えてちょうど円安に為替が振れたので、これもまたヤキモキする原因となった。1円2円というなかれ! ちょうど去年のナベ通(ナベツマ通信の略:そういえば、ファミ通の吉田戦車の「はまり道」は面白かった)を読み返してると、なんと1ドル102円とある。今は113円〜114円なのだ。ヤキモキ・・・。

 いつも速攻で支払いを済ませているナベツマは、毎日毎日イラつきながら待っていた。こんなことで待つなんて・・・これじゃあナベなんていつ到着するやら(支払い済んでないのでもちろん発送はまだ)。eBayに記録が残るように、「はよーインボイス送らんかい!」メールを毎日のようにeBay経由で出品者に送信していた。4日たっていい加減うんざりしていたところ、次のようなメールと共にインボイスがやって来た。

『Sorry for the delay. I was out of town on a consulting job. I am back now and will research the shipping charge.』

 なんだってえ、なんで自分のオークションを放り出して出かけるんだよ! しかも送料はこれから調べるだってえ! 拳にちからが・・・。で、次に来た メール。

『Nabetsuma-san:Economy (Surface) Parcel Post (10 pounds) $30.25Estimated delivery time to Japan is 4 - 6 Weeks.
Thank you for your purchase,あなたの購入をありがとう』

 むむむ、なんで日本語が英語の後に続くんだよー??? こんな一言で全部水に流せというんかあ!!と叫びつつ、ジャアーと水洗で流してペイパルでさっさと支払ったとさ。
[PR]
by nabetsuma | 2005-10-08 19:32 | NabeQuest'0405

eBay「夜明けにbid!」

2005年10月1日(土)/日録 by ナベツキー

 eBayとの時差、これは結構こたえる問題だ。なんで日本時間の真夜中や早朝にオークション終了時刻を設定するんだ!!! それは向こうの勝手で しょ!といわれればそうだけど。だって日本人が一番高値で落札するんだから、日本時間に合わせてくれたっていいじゃん!!!

 と怒りつつ、目覚まし時計を枕元に置いて、仕事疲れから起きれないかも?なんて思いつつ、夢のなかに入っていった昨日の夜。

 まだ薄暗いなか、ミカン(飼い犬)がごそごそ動き始めたので、アラームが鳴る前に目が覚めた。で、明け方5時過ぎにeBay始めたナベツマ。だが、目がしょぼしょぼで、これはイカン! 数字の桁やらドットの位置を何度か間違えそうになりつつビッド。

 あれ? 昨夜は同じシリーズのナベ3点にそれぞれ違うアメリカ人が入札してたのに、気のせいか、今朝は、みんな同じ日本人の入札者に代わってる。おえっ。しかも、何度、終了間際 にビッドしても、どんどん値段が上がるばかりで、ちっともこちらが最高額入札者にならない・・・。一体、この日本人は何ドル入れてるんだ!

 2点は惨敗・・・ああ、とうとう最後の3点目のナベ。もおお、あったまに来て、時間のある限りビッドしたら、最後の1秒くらいで最高額入札者に!

 というような夢を見た・・・と、今朝起きてぼおーと思っていたら、メールボックスにちゃんとインボイス(落札の請求書)が届いていた・・・ちゃんちゃ ん。
[PR]
by nabetsuma | 2005-10-01 19:26 | NabeQuest'0405

ヤフオク「レアもの&お買い得もの」

2005年9月7日(水)/日録 by ナベツキー

 なんと、この7月&8月にナベツマは鍋を1ヶもゲットしなかった。理由は簡単、6月に買いすぎちゃった! 4ヶもゲットしてしまった。このペースで年末 まで飛ばしたら、我家は傾くかも・・・、もち鍋の重さで。

 で、この週末に久々のヤフオクで落としましたよー、珍しいグレーのグラデーションのソースパンを。eBayでも一度くらいしか見かけたことのない非常に珍しいお色。内側のベージュの色とのコンビネーションがす・て・き!

 ところで珍しい色といえば、同時刻に別のヤフオクにて、ピンクのル・クルーゼ鍋がその夜のメーンイベントを迎えていた。鍋類のオークション終了時間は、夜9時頃から11時が佳境である。夕方ちらりとこのピンク鍋を眺めた際には、すでに3万円を越えていた。思わずふーっとため息。ところが、これが終了間際にとうとう5万円を越えたんだよねー。

 すっごい! たかが鍋に5万円だぜ!! お金さえあったらなー・・・。マジ? いや、あっても5万円は許せない! ふん、あたしはあたしの鍋道をいくのだ!  ノマノマいぇい!!! 

f0068334_2212585.jpg(**)直径18cm、容量1.5L、重量2.1kg、残念ながら、蓋の縁に1.6cm位のチップ(欠け)がある。
f0068334_22133927.jpg
[PR]
by nabetsuma | 2005-09-07 22:02 | NabeQuest'0405

eBay「よっしゃあ、リベンジ!」

2005年8月27日(日)/日録 by ナベツキー

 eBayのオークションでは、終了間際が壮絶な駆け引きになることもある、と以前ここで書いたが、今回身を以て体験することになったナベツマ。

 競り合ったのは、ルクルーゼのソースパン、お色は断然人気のホワイトである。このソースパン、形が一風変わっていて、デザインはイタリア人工業デザイナーEnzo Mariの手になるもの。1973年に発表された"La Mama" cookerというシリーズのデザイン。日本では「ママシリーズ」という通称で呼ばれている。蓋や鍋の取手に特徴があり、なかなかかわいい一品。

 さて、日本のヤフーオークションで、こと鍋オークションに限ってのライバルはしろうとだが、eBayではそうもいかない。もちろんeBayにも個人コレクターがいることはいるが、最後に競う相手はやっぱり日本人バイヤーとなる。彼らは日本のヤフオクの出品者であり、ID名は変えてはいるものの、落札したブツを見ていれば、誰が誰なのか一目瞭然。

 で、いっつも最後のぎりぎり入札で負けてたんだよなー。その場合、たいてい1ドル負け。悔しいやら、腹立たしいやら! でも、これってなかなか感動ものの世界でもあるんだよね。だって、ポチする時に、あたしは全世界を相手に競ってるんだと思うだけでもすばらしい!!(実際には、みんなを蹴飛ばして日本人同士で競ってるんだけどね。)

 さあさあ、リベンジってどういう意味なんよ?? それは・・・今回のEnzoソースパン、終了間際で1ドル差で勝っちゃったんでっす! そいで、相手は?ほほ、イボ付キャセロールの出品者なんよー(8月5日参照)。鍋の借りは鍋で返すに限りますなあ、ははははは。

f0068334_20351927.jpg(**)直径17cm、容量1.5L、重量2.1kg、木製の持ち手が太く、銅で補強されているのが特徴。
f0068334_20353527.jpg
[PR]
by nabetsuma | 2005-08-27 20:09 | NabeQuest'0405

ヤフオク「ささやかな抵抗」

2005年8月5日(金)/日録 by ナベツキー

 ナベツマは、ヤフオクにて再びスタート価格でルクルーゼのプチココット(正確にはオーブン用キャセロール)を落札した。お色は「マリーゴールド」とも「パンプキンイエロー」とも言われている山吹色だが、その派手さから、日本ではあまり人気がないようだ。

 さて、このココット、届いてから気づいたのだが、蓋の取手の内側にぽつりとイボがあった。いわゆる窯傷(カマキズ)のようなもの。商品紹介にはそのことについては全然触れられておらず「こんのおお!」とプチッときたが、もう一度写真をよく見てみると、ちゃんとそのイボがくっきり写っていた。しゃーない、気づかなかったこっちが悪い。でも見てろよー、と復讐に燃えるナベツマはあれやこれや色々悪だくみを考えてみた。が、所詮「いいひと」なので、実行にうつすのはムリポ。

 でどうしたか。評価を入れるのを止めたのだ。こちらが出品者に悪い評価を入れれば、相手も同じ評価で返してくるのが常套手段。なら、ささやかな抵抗で評価をしないこともできる。

 さて、このあと予想もしない展開により、ナベツマは復讐を遂げることになる。そのお話はいずれまた。ほほほ。

f0068334_1629459.jpg(**)直径14cm、容量0.5L、重量1.0kg、ほんとに一人分のちびキャセロールなのだ!
f0068334_1630881.jpg
[PR]
by nabetsuma | 2005-08-05 16:18 | NabeQuest'0405

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧