カテゴリ:ツール・ド・じゃぽん( 16 )

『体力のいる帰郷のお楽しみ〜 その3』

そして・・東かがわ市には、おいしーーいお好み焼き屋さん(とん平)があるのだ==
しか〜も、お値段お手ごろ〜〜
肉玉=500円
ふんわ〜り卵の柔らかいおあじ〜
f0068334_20134073.jpg


焼きそば大(そば玉2ヶ)も、600円とおやすーい!

f0068334_20134437.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-31 20:25 | ツール・ド・じゃぽん

『体力のいる帰郷のお楽しみ〜 その2』

きゃあー トレ讃岐っぽい!

f0068334_08554987.jpg

ざるうどん/450円

f0068334_08555558.jpg

かけうどん/330円&鶏天3ヶと野菜の天ぷら盛り合わせ/490円

f0068334_08555807.jpg

マルタツ手打ちうどん=こちらhttp://higashikagawa-marutatsu.com/access/

f0068334_08193706.jpg

マルタツうどん、鶴瓶の家族に乾杯で紹介されたからか
店の前に、行列用のテント&椅子! わぉ!

f0068334_08194095.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-29 08:21 | ツール・ド・じゃぽん

『金沢滞在、最後の朝は近所をお散歩!』

新潟から金沢に移動した夜にはクラフトビア、そして翌日はゆっくり金沢を巡ってランチも・・と思っていたら、その日の夕方に夏の個展DMの写真が必要とのことで、慌てて金沢滞在を終了することに。あ〜あ

そう言いつつ、エカキの知り合いにちょっとだけ会っていくことに。
ここは第四(だいし)高等学校

f0068334_17245346.jpg

エカキの知り合いはこちらにおわします。=金沢21世紀美術館 =https://ja.wikipedia.org/wiki/金沢21世紀美術館  ここは「レアンドロ・エルリッヒ/スイミング・プール」で有名だ。エカキは絵描きになって今年で「40周年」だが、むか〜し知り合って息子が4歳のころに家にきたこともあるというエカキの知り合いはここの館長さんになっていた。

f0068334_17245721.jpg


[PR]
by nabetsuma | 2018-05-08 17:36 | ツール・ド・じゃぽん

『金沢滞在、ソフトも味わう!』

金沢のデパ地下、軽食カフェのクールなお店も入ってました=
ビールを楽しんだ後、地下通路から大和デパートに入ってピーナッツソフトを注文

f0068334_08194719.jpg

HUM&Go#

f0068334_08194386.jpg

雑貨も売ってたりして、大変おしゃれなお店
気に入ったのはこのポスター
懐かしいクリームソーダが今時のおしゃれメニューに=

f0068334_08193807.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-07 08:29 | ツール・ド・じゃぽん

『金沢滞在、地ビールを味わう!』

金沢滞在、行き帰りで1回だけ外食した。東横インから徒歩3分「クラフトビア 麦畑」
詳しくはこちら=https://hitosara.com/0006102495/

f0068334_07362623.jpg

実際の照明はもっと暗いのでリラックス空間の店内
(水曜日、オープンと同時に入店したのでガラ空きだった)

f0068334_07363284.jpg

f0068334_07370753.jpg

日本中の地ビールの棚、店長さんが自分で飲んでは飾ってるそう〜


f0068334_07364062.jpg

さて、まずは地酒、金沢麦酒ペールエール、生ビール。
ビールに詳しくはないけど、その美味しさは昔ドイツを旅した際に飲んだ喉越しに似ていた!
あっさりとして冷えたグラスに注がれたこの金沢麦酒、爽やかな味わいだった。
アルコール度数:5%、Sサイズで800円

f0068334_07365149.jpg

nabetsumaはグラスワインをいただく(すみません。ビールは苦手)
400円だったので期待ゼロだったのだが、これが意外に美味しかった。
店長さんはソムリエとかでそれなりなワイン?


f0068334_07365524.jpg

ここはビールのお供は「肉」!なんで、魚介類がダメなnabetsumaでもOK。
と言いつつ・・食べ物の写真がほとんどない!食べている途中の唐揚げのみ。
唐揚げは10個で680円(5個もあるが10個がお得)

写真の端に写ってるのは枝豆300円、あと「大人のポテトサラダ580円」も食べた。


f0068334_09502883.jpg

締めはステーキ丼980円(丼はちっちゃーいがお肉は多かった)
静岡のクラフトビール:黒舟ポーター
アルコール度数:6.0%、Sサイズ850円

f0068334_07365998.jpg

金沢に出かけたらまた寄りたいお店「クラフトビア 麦畑」。土日は予約したほうが良いとのこと。

f0068334_07371080.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-06 10:23 | ツール・ド・じゃぽん

『金沢滞在、和菓子編その2』

うら田の「かりんとう饅頭」と「唐崎」。
こちら=http://www.urata-k.co.jp/product/item_allyear.html
唐崎=★★★☆(今回一押し!)
かりんとう饅頭=★★☆☆☆
f0068334_07475643.jpg

「かりんとう饅頭」は、名前の通り外側がかりんとうで揚げてある。
「唐崎」は黒蜜皮のどら焼きで、nabetsumaの大好きな東京東十条にある草月の「黒松」に味わいが似てるがこちらのほうが美味しい〜〜(ただし値段は1.5倍)

f0068334_07480048.jpg

こちらも金沢名物、中田屋のきんつば
こちら=http://www.kintuba.co.jp/meika.html
きんつば=★★★☆☆
f0068334_07485911.jpg
f0068334_07490199.jpg


f0068334_07490473.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-05 08:21 | ツール・ド・じゃぽん

『金沢滞在、和菓子編その1』

東横インの斜め向かいあった大和デパート、地下にいくつか和菓子屋さんの出店があったので行き帰りの2回、いろいろお味見。まずは・・「越山甘清堂」の「金城巻」こちら=
黒蜜餡を柔らかめの皮で包んだもの。まあ美味しいんだけどちっちゃい=
★★★☆☆

f0068334_07315499.jpg

f0068334_08134819.jpg

f0068334_08141291.jpg

次にどうやら地元では有名らしいデカ饅頭の「焼きまん」。小で直径が10cmほど。大なら15cm。

f0068334_13352108.jpg
酒饅頭、お味はいたってフツー。
★★☆☆☆


f0068334_13352421.jpg

あ、これはオプション、東横インの無料の朝食風景。朝の6時半から行列ができる。
残念ながらお味はかなりマズい!

f0068334_07340944.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-04 13:50 | ツール・ド・じゃぽん

『帰り:金沢編:5時間で新潟から金沢へ』

新潟から金沢へ。日本アルプスが・・寒そ==

f0068334_09094066.jpg

金沢ではまた東横インで1泊。行きに寄った時にはドライブでぐったり疲れて観光は何もできなかったけれど、帰りはドライブにも慣れたのか夕方にホテルの近隣を散策した。こういうおしゃれなお店を抜けて進んで行くと・・

f0068334_09094922.jpg

突然現れたのが「武家屋敷」の一角。Mapなど詳しくはこちら=http://www.nagamachi-bukeyashiki.com

f0068334_09095493.jpg

f0068334_09100285.jpg


f0068334_09100615.jpg


f0068334_09101056.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-03 09:17 | ツール・ド・じゃぽん

『新潟で1箇所だけの観光!その2』

砂丘館、旧家の各部屋に生け花があしらわれている。
素敵だったのでここで紹介

f0068334_07563255.jpg

f0068334_07563937.jpg

f0068334_07564380.jpg

f0068334_07564679.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-05-02 07:57 | ツール・ド・じゃぽん

『新潟で1箇所だけの観光!』

新潟にはエカキの個展準備&初日のトークが主要な用事で出かけたので、なかなか観光までに至らなかった。そんななか1箇所だけ、絵屋さんが指定管理者を務めている文化施設『砂丘館』に出かけた。砂丘館とは、日本銀行新潟支店長の役宅を19年前に日本銀行が売りに出し、新潟市が買取り一般に公開を始めた施設だ。詳しくはこちら=https://www.sakyukan.jp/砂丘館のこと

f0068334_12294823.jpg
f0068334_12295711.jpg

ちょっとカワイイ看板?

f0068334_12300129.jpg


f0068334_12300936.jpg

玄関から上がると写真下の応接間に。ここは喫茶コーナーでもありくつろげる空間。ちなみにコーヒーや自家製クッキーなど、この応接間だけでなく和室などお好きな場所で味わうことも可能。

f0068334_12432970.jpg

523坪の敷地には四季折々の草木がある。

f0068334_12301389.jpg

奥にある蔵がギャラリーになっていてちょうど写真展が開催されていた。

f0068334_12301698.jpg

f0068334_12301969.jpg

*入館は無料です(月曜日&年末年始が休館)*

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by nabetsuma | 2018-04-30 13:13 | ツール・ド・じゃぽん

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧