カテゴリ:chez-nabetsuma( 396 )

『デリバリーデザート・・試行錯誤のたまもの・・』

関東の友人が週末上洛し、近所の民泊を利用。1軒屋でペットと泊まれる町屋、古い佇まいの雰囲気をうまく残し、トイレは2箇所あり、1階は床暖房と至れり尽くせりなのだが、冷蔵庫がちっちゃくて冷凍庫がない。冷たいデザートをどう持参するか悩んで、運ぶまでコンテナごと我が家の冷蔵庫で冷やし、お宿まで保冷剤を詰め込んだクーラーBOXで運びそのまま食す直前まで置いた。3時間、なんとか冷たく保存でき助かった。写真、冷蔵庫の上から2段目の左側がそのデザートが入ったコンテナ=(ソルマックの容器にはサラダ用のドレッシングが入っている)

f0068334_09050736.jpg

コンテナは粉や砂糖などをたくさん入れる容器。プラコップはビール用で背が高い。

f0068334_09051145.jpg

ミルク寒天に缶ミカンを入れて・・

f0068334_09051534.jpg

餡を飾ってコンテナごとクーラーBOXで運ぶ。あとはお宿でアイスクリーム(冷蔵庫の製氷室に入れておく)をトッピング= ふむ、頭使うとそれなりな結果。ボケ防止になるわ〜

f0068334_09051895.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-10-19 09:16 | chez-nabetsuma

『京都のどまんなか、新規オープン、パリのパン屋!』

この5日に京都の街中にオープンしたパリのパン屋「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー」、ピラティスのレッスン会場ウィングス京都の斜め前!! これから毎週いろいろお味見することに=
まずはパン3種=
「ヴィエノワーズナチュール」「パヴェ」「パンコンプレ」。フランスでバゲットを食べ続けていると、無性に柔らかいパンが食べたくなる。そういう時に手が伸びるのが「ヴィエノワーズナチュール」、日本風にいえば「ミルクパン」。うふっ、ここのはパリのにそっくり= なつかし==http://libertejapon.com/kyoto/boulangerie/index.html

f0068334_09113999.jpg

「パンコンプレ」「パヴェ」も粉の香り良く、皮も中身も美味しい〜
ここのパンはフランス産の小麦と北海道産の小麦をブレンドして使っているとのこと。パンは「粉が命」。入店し鼻をひくひくさせればそこのパンが美味しいかどうかすぐに分かる。

f0068334_09114762.jpg

日本進出のパリのパン屋、2〜3ヶ月でシェフなどオープンスタッフはいなくなるから、今のうちにお味見するのがおすすめ。

f0068334_09115145.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-10-17 09:19 | chez-nabetsuma

『自家製ピールがあったんで・・』

友人が週末にやって来るので、何か作ろうと思い、ハッと冷凍庫にこの春作った夏みかんピールがあることを思い出した。そこで・・イタリアのお菓子”ビスコッティ”

f0068334_07555714.jpg

材料はいたってシンプルでこのブログにもよく登場してる。
写真はオーブンに入れる前

f0068334_07560212.jpg

軽く焼いて冷ましてスライスしてまた焼く。
焼き目はスライスしてからつけるのでこの時点ではうっすら。

f0068334_07560597.jpg

実はレシピだが、粉250gに対して砂糖が200gも入っている。
だから、以前なんどか砂糖を減らして作ってみたのだが(結構ひつこくトライ)、
砂糖を減らすとテクスチャーが硬くなるのだ。
レシピというのはやはり色々考えられて作成されていると感心したことしきり=

f0068334_10411463.jpg


[PR]
by nabetsuma | 2018-10-12 10:47 | chez-nabetsuma

『口がひん曲がるほど ”酸っぱい” ブラムリーのその後:ぱーと2』

とうとう、酸っぱいモンにふた・・ではなくって
酸っぱいもんには和風アレンジ=

f0068334_17003764.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-10-03 17:01 | chez-nabetsuma

『九里+四里=うまい十三里!』

あたしは栗よりさつまいもが好き〜

数年前からのマイブーム

明石の和菓子屋、藤江屋分大の「ふかし芋」=https://www.bundai.co.jp/contents/products/10.html

この「ふかし芋」、柔らかな味わいで、だーーい好き! 周囲にココアパウダーがまぶされていて洋菓子っぽいけど、甘さも脂分も控えめでふんわりと美味しい蒸菓子だ=

f0068334_07533205.jpg

神戸に出かけたエカキにそごうで買って来てもらったが、お昼すぎでもう売り切れ寸前、
バラ売りで数個しか買えなかった。ウッウッ

f0068334_07534100.jpg


f0068334_07533778.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-10-01 08:40 | chez-nabetsuma

『口がひん曲がるほど ”酸っぱい” ブラムリーのその後』

カソナードとバターを絡めて煮てパイ皮で挟んで焼いたが・・

f0068334_07393872.jpg


口が軽くひん曲がる程度にまだ酸っぱーーい!!!
(バニラアイス添えないと食べられまシェン)

f0068334_07394153.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-09-29 07:03 | chez-nabetsuma

『口がひん曲がるほど ”酸っぱい” りんごとは・・』

長野に滞在中の友人が送ってくれた様々なリンゴ
関西でもよく見かける「つがる」をはじめとして、全く知らなかった種類のリンゴたち=
秋映・ピッコロ・すわっこ・ブラムリー・つがる・シナノドルチェの6種類=
酸味・甘さ・香り・硬さ、全てのバランスがよく取れていたのはお初の「シナノドルチェ」だった。メルカリで注文しようとしたら、収穫期間が短いとかで今年の出荷は終了。ざんねーーん!

f0068334_07413936.jpg

で、「ブラムリー」
きゃあ、ナマ食できないほど「すっぱーーい」!!

f0068334_07392773.jpg

f0068334_07393131.jpg

f0068334_07393551.jpg


[PR]
by nabetsuma | 2018-09-28 08:06 | chez-nabetsuma

『小麦粉が残っていたら・・その3』

その1:ハム・モッツアレラ・バジル
(具材をのせる前に生地にオリーブ油を塗っておく)

f0068334_07231212.jpg

我が家はピッツアはガステーブルのグリルで焼く。
オーブン・オーブントースター・デロンギと試して、ガス火のグリルが一番うまく焼けるということが分かったから。で、金属皿に生地を敷いて焼くとピッツアの下面もうまく焼ける。しか〜も、予熱なしで直「3〜5分」と短時間で焼けるから、とってもエコなのだ=

f0068334_07231658.jpg

その2:おなじみ「マルゲリータ」!

f0068334_08162043.jpg

f0068334_08162576.jpg

その3:意外に美味しかったのが、ハム・パルメザン・ニンニク・バジル

f0068334_08162970.jpg

f0068334_08163349.jpg


[PR]
by nabetsuma | 2018-08-20 07:28 | chez-nabetsuma

『小麦粉が残っていたら・・その2』

ピッツアの生地を伸ばすのは一苦労だけど、慣れればまあまあうまくいく。

最初はパン用のめん棒を使いある程度円形に伸ばしたら、あとはビデオをご参照!

コツは・・パタパタと少しずつ円形をずらしながら均等に広げていく=

*大きさはこのくらいのミニで練習して少しずつ大きくすれば良い。ただガスコンロのグリルはそう大きくはないので金属皿に収まるように広げている=





[PR]
by nabetsuma | 2018-08-19 08:29 | chez-nabetsuma

『小麦粉が残っていたら・・その1』

期限切れの強力粉・・300gほど冷蔵庫に残っていた。

あなたなら、捨てる? それとも・・

(ちなみに同じ粉でも「お好焼きの粉」は栄養あり過ぎで常温保存ではダニだらけになってしまうので保管は冷蔵庫で。賞味期限後は捨てましょう)



f0068334_07514744.jpg

そうだ! ピッツアを焼こう〜
材料は「生地・バジル・モッツアレラチーズ・トマトソース・ハム」etc

f0068334_07491777.jpg

f0068334_07484959.jpg


[PR]
by nabetsuma | 2018-08-18 07:54 | chez-nabetsuma

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧