カテゴリ:家探し&リフォーム( 52 )

『下屋根の葺き替え、その工程:その2』

土を全部落とした屋根に野地板と呼ばれる薄い板(合板タイガプライ)を敷き、その上に灰色の防水シートを貼っていく。

f0068334_15374543.jpg

瓦を支えるための桟を葺く。この桟を利用し瓦を引っ掛けステンレスの釘で止めるそうな。

f0068334_15375009.jpg

使う瓦は軽量防災タイプ(淡路いぶし日本瓦):10.0平方メートルで葺き替えの手間も含めて16万円のお品。住んでいる地域は京都の景観保護地域で、瓦葺きは「灰色か黒の素材で葺くことが条件」となっている。詳しくはこちら=http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000146/146248/gaitorain-1216.pdf
f0068334_15375493.jpg


f0068334_15375756.jpg
2日間かけて下屋根の葺き替え、出来あがり〜

f0068334_15383927.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-02-24 16:57 | 家探し&リフォーム

『下屋根の葺き替え、その工程:その1』

<下屋根の葺き替え工程>

1)まずはバルコニーの床を外す
f0068334_17035940.jpg
2階から見るとこんな感じ
f0068334_17040448.jpg
昔の瓦葺きは、昔は瓦を固定するために大量の土を使う「土葺き」だった。この土葺きの工法は、土の重さのために強風に飛ばされにくいとか地震の際に上下の揺れを防ぐとか、断熱効果が高いとかメリットは多かったのだが・・阪神大震災の後は瓦屋根の倒壊が多かったため、土葺きの屋根は減少の傾向にある。

2)古い瓦を外して、その下にある土を取り除く。乾いた土がいっぱい下に落ちた。結構ホコリっぽい。この写真は職人さんが撮ったもの。かなりの量ということが分かる。
f0068334_15330276.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-02-23 17:19 | 家探し&リフォーム

『屋根瓦の葺き替え・・終わってたはずなのに・・』



我が家の屋根瓦は以前の住人が引っ越し間際に葺き替えてくれていた、はずなのに、なんと下屋根はそうではなかったことが年末に露見した。お隣の屋根が台風被害にあって屋根を全面的に葺き替えたのだ。その際に職人さんが「おたく、下屋根が痛んでて水漏れするかも」と怖いことを言ったのだ。それは・・困る! 紙ものばかり集めている住人がいるのだ、我が家には=

ということで、台風被害で仕事が年度末まで立て込んでいたその瓦屋さんに下屋根の吹き替えを依頼して2ヶ月経とうとしていた今になって「明後日から仕事に入ります」という電話連絡があった。ええっ!

f0068334_15200010.jpg

古い瓦や下に敷いてあった土を処分するための米袋の数々。エコですなあ〜

f0068334_14585010.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-02-22 15:11 | 家探し&リフォーム

『京都の一軒家を少しでも暖かくする試み:その5』

これまでの試み
         その1:ポリカで天井窓&玄関トイレ窓を覆う
         その2:1階2階の窓をプチプチで覆う
         その3:カーテンで広いLDKを仕切る
         その4:ポリカで簡易二重窓を作る

そして、今回は・・キッチンフロアに敷物を敷く・・なんだ、ガックし
いたって・・フツーなのさ!

ほら、去年キッチンフロアヒーターを買って敷いたけど、全く暖まらない(故障ではなく)。しかもその厚みでシステムキッチンの一番下の引き出しが引っかかるので、いちいちヒーターを手前に動かさないといけない。それら結果にうんざりし、去年の秋にヤフオクで売り飛ばしてしまった。

敷いたのはニトリのお値段以上でもなく以下でもないフツーの敷物。引き出しには引っかからないし、縦型の遠赤外線電気ストーブで膝から下を温めて使っている。
f0068334_08090796.jpg
裏側滑り止め加工&手洗い可能の2点で買い=
f0068334_08091482.jpg
左写真のシーズヒーターをキッチンでは使っている。
わずか250Wのパワーだが、遠赤外線なので結構暖かい〜
f0068334_09000939.jpg

第2回プラチナブロガーコンテスト  くらし部門に応募します。



[PR]
by nabetsuma | 2018-01-09 09:01 | 家探し&リフォーム

『仕事納めで、ぬりぬり、ベランダ床〜〜』

大晦日は雨というので、昨日は2階のベランダ床(経年からハゲた)を塗り塗りした。実は昨日は塗りの3回目だった。うん、よしよし、OK=
f0068334_08294657.jpg
で、1回目は残っていたキシラデコールを塗り、その後2回目はのちに紹介のD2オリジナルを塗ってこうなった。ハゲが激しかった真ん中あたりはまだまだ、まだらだ。
f0068334_08295457.jpg
で、塗る前はこうだった。洗濯や布団を干す際に一番よく動いた場所がハゲている。
f0068334_08295908.jpg

ベランダの床板に塗るペイント剤、いろいろあるんだけど・・例えば有名どころだと「キシラデコール」とか「スーパーウッドステイン」とか。でも一番小さな缶でも3,000円もする。そこで「D2オリジナル」だと1,000円強。アサヒペンが製造してるし1階のデッキも塗る予定なのでこれでいいかな。

f0068334_08293386.jpg

第2回プラチナブロガーコンテスト  くらし部門に応募します。



[PR]
by nabetsuma | 2017-12-30 08:42 | 家探し&リフォーム

『その後のポリカ製簡易二重窓のその後・・』

今朝、冷えましたねえ・・
京都の我が家の2階の窓、こうなっちゃってます。。。
窓ガラスにカーテンの場所は・・結露がいっぱーい!
窓に近いレースカーテン、すでに濡れてます。。。
f0068334_12455539.jpg
f0068334_12460200.jpg
Mais!!

ふふふ・・れいのポリカで作った窓のほうはというと・・全く結露なし!!!(うっすらと曇っているだけ)しかもこのポリカ製簡易二重窓、暖房の暖まりが早く保温力がスゴい!!いいことづくしでーす。じゃあなぜ結露してる窓もそうしないの? そこはカーテンレールが窓枠の内側に付いているからポリカ窓のレールを張れないんです。仕方ない・・


第2回プラチナブロガーコンテスト  くらし部門に応募します。



[PR]
by nabetsuma | 2017-12-27 12:51 | 家探し&リフォーム

『”経年”って・・どのくらいの年数を指すのだろうか?』

ちょこっと剪定してスッキリした?我が家のトネリコちゃん〜

ややっ!

f0068334_14222312.jpg
ちょっとベランダの床板のハゲが・・気になる・・
f0068334_14221440.jpg
塗り替えたいけど、今朝も気温はマイナス1度の京都。塗ってもなかなか乾かないだろうし・・この寒波、ラニーニャの影響らしく、それでもそろそろ終わりらしいから、1月は多少は暖かくなるやも? 気温が上がったらにしよう=
f0068334_14221820.jpg


[PR]
by nabetsuma | 2017-12-18 07:50 | 家探し&リフォーム

『10月の台風で起こったことの後始末・・』

以前ここで紹介した「台風後の2階ベランダの波板の破損」、やっと順番が来て本日修理に来てくれた。古かったのは波板だけでなくそれを支えている木枠も経年劣化が進んでいたので交換となった。2階から1階の坪庭に、その木枠2本が降ろされたところ。
f0068334_14520324.jpg
f0068334_14520956.jpg
波板からうっすらと見えているのが大工さん。木枠を交換設置ののち屋根の上に乗っかってポリカを端から並べているところ。
f0068334_14521446.jpg
重ねて並べられたポリカを木枠に固定して完成。
f0068334_14521966.jpg
波板と雨樋の隙間には別素材のシートで隙間を埋めている。波板が新しくなったので、ベランダが明るくなった。

依頼したのはこちら=http://京都便利屋.biz/近況報告/  スタッフさん2名がやってきて2時間半で交換修理が終わった。大工仕事は一般的には工務店に依頼することになるが、この便利屋さんは工務店ではない。ネットで探して、見積もりの依頼も「LINE」で。ああ、世の中は・・進んでいるわ〜 すごっ!
f0068334_14522405.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2017-12-16 15:10 | 家探し&リフォーム

『京都の一軒家を少しでも暖かくする試み:簡易二重窓作り・その3』

3つのハモニカーボをセットした図。透明なので光は入るのでそれなりに明るい。

真ん中はシールを貼ったままにしてある。これを左右に動かせてベランダの出入りを行う。動かすため強度が必要、両面のシールはそれを補ってくれるから。
f0068334_08581238.jpg
外気温は「5度」
f0068334_08580614.jpg
外と内側の間は「9度」、差は4度で湿度は高く「90%」もある。
f0068334_08581729.jpg
内側「11度」、湿度は低く「70%」である。
2度の差なのでちょっとガッカリだけど(1階のカーテンは3度差)、部屋を暖房したら温まりが早くなったこととキープ力が増した気がする。加えて窓の内側の結露、カーテンにつかなくなったのはありがたい。材料費は1万弱(ハモニカーボ3枚6,123円・上下4本のレール代2,750円・超強力両面テープ592円)、DIY所要時間は1時間、まあまあの出来かな?
f0068334_08582341.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2017-12-12 10:15 | 家探し&リフォーム

『京都の一軒家を少しでも暖かくする試み:簡易二重窓作り・その2』

ハモニカーボを2枚セットしたところ。我が家の窓枠は255cm、幅91cmのハモニカーボが3枚必要。273cmー255cm=18cm、この18cmがハモニカーボの重なりとなる。つまりは3枚のうちの真ん中のボードが両端2枚と9cmずつ重なってくれる。
f0068334_08575726.jpg
窓枠自体がまっすぐではないので、窓の両端はテープを合わせて隙間テープを作った。これで隙間風を防いでもらう。
f0068334_08574296.jpg


[PR]
by nabetsuma | 2017-12-12 09:49 | 家探し&リフォーム

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧