人気ブログランキング |

2019年 02月 28日 ( 1 )

『天使突抜367、通崎好みのおうち拝見!その4』

367は2010年の3月14日に解体が始まったと本にはある。

そこから同年11月には写真の箪笥11棹と収納物の着物が運び入れられたということだ。つまりはこのリノベーションは8ヶ月ほどかかって出来あがったという計算になる。

f0068334_19171250.jpg

<2階の平面図>
f0068334_19171674.jpeg

東側の窓、フローリングにキリム、低い机でお茶をごちそうになった。

f0068334_19175559.jpg

生徒さんのお母さんによる手作りケーキ、美味しかったです〜

f0068334_19175025.jpg


じゃじゃーーん。本にはまったく出てこなかったキッチン〜
これが・・意外性があってすっごくかわいい!
ミニキッチンとおっしゃるが、ガス台はちゃんと2口だし(しかもリンナイの業務用)、広さも1.5畳分はある。柳宗理の片手鍋やフィンランドRothberg製ケトル?とのマッチングもいい感じ。でもこのキッチンで料理はしないとのこと。2階はコレクションの着物を収納しているので匂いはよくない。だからここで会食する際には仕出しを取るのだそうだ。

f0068334_19545284.jpg

調理台の下には冷蔵庫も収納されているのだ。
(赤い縁取りの布巾はイノダのでは?とブログ仲間のbacuminnnoteさんから指摘あり。正解でした〜

f0068334_19545678.jpg

階段の踊り場も広く(京都の階段踊り場はほんとに狭い)、演奏旅行用?の楽器ケースが積み上げられていた。

f0068334_19180026.jpg

最後に続く〜

+++++++++++++++++++++++++++++





by nabetsuma | 2019-02-28 08:28 | Kyoto-Quest

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る