人気ブログランキング |

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2019年 02月 25日 ( 1 )

さあ、ツアーの開始、くぐり戸を抜けてお家の中へ

f0068334_10065096.jpeg

今朝、天使突抜367の本の表紙カバーをなんとなく外して手に取ってみたら、なんと裏表紙に『リノベーション平面図』が印刷されているのを発見。4年前に読んだ時「設計図があれば本の内容がよく分かるのになあ・・」と思ったのだった。

<1階の平面図>

f0068334_12161213.jpeg

その図から軽く計算したところ、リノベーション後の延べ床面積は約74平米、売り出し時の不動産屋のチラシには現状延床面積約62平米とあるので、12平米ほど広くなっていることが分かる。元は「木造2階建て・間取り6K」の建物から、1階2階それぞれ一間の「2K」にリノベーションされ洗面所や浴室はない。というのも、ここは通崎さんが仕事に使うマリンバ等の楽器や収集した古い着物を納めた和ダンスを置く「倉庫」なのだ。

玄関入って北東側にあるコンクリート土間には自転車や演奏旅行用のトランクが置かれていた。この土間は1.67坪ほどあり結構広い。

f0068334_09042402.jpg

北側の壁:鉄筋構造の収納スペース

f0068334_09043257.jpg

1階の土間をあがるとフローリングの楽器置き場。西奥には庭に面した窓あり。
床材は無塗装のチェスナット(栗)、防水効果のある荏胡麻の油で塗装=

f0068334_09042989.jpg

この建物の窓や扉は・・アルミサッシではなく、ご近所の由緒ある商家(取り壊しになった)から譲られた古い建具が使われている。これがなんともいい感じで室内の壁や天井とのマッチングが素晴らしい。

f0068334_10425170.jpg

裏庭には端から端まで低めの濡れ縁がある。お隣との境界の壁もまた淡いグラデーションが美しく、意外に圧迫感がない。この庭は2坪強ほどあり、将来的に浴室を増築できるスペースとして設けられているらしい。壁が・・ミルフィーユのようだ〜(版築と呼ばれる壁、作業はかなり大変だったとのこと。「天使突抜367」に詳しく説明あり)

f0068334_10504583.jpg

トイレの窓も商家からのもの。木枠も美しいが、ガラスのレースのような地模様が西日を和らげプライバシー保護の役割を果たしている。

f0068334_10585591.jpg

続く〜

++++++++++++++++++++++++++++++


by nabetsuma | 2019-02-25 11:28 | Kyoto-Quest