人気ブログランキング |

2019年 02月 24日 ( 1 )

『天使突抜367、通崎好みのおうち拝見!その1』

エカキは羊年の生まれである。そのつながりで「ひつじの会」という食事会のイベントがときどきあるのだが、メンバーの中にマリンバ奏者の通崎睦美さんがいらっしゃる。都ではとても著名なのでご存知の方もいるだろう。その通崎さんが2010年に自宅近所の路地奥のおうちを購入しリノベーションされた。そのもようは御書「天使突抜367」でこれまた有名である。今アマゾンを確認したら、4年前の5月8日にこの本を注文したらしい。(アマゾン・・聞いてもないのにこういう表示は・・こわい!)

f0068334_14254452.jpeg

この「天使突抜」というネーミング、京都に実際にある町名である。リノベーションしたお家の住所が本の題名になっているので、想像するに出版当時は本を片手に建築フェチが大勢やって来たのではないだろうか? このお家を縁あって見せていただけるということで出かけて来た。(出かける日の朝、予習で本を再読したのは言うまでもない)

f0068334_14193337.png

ところで、nabetsumaはこの「天使突抜」という町名を以前から知っていた。それというのも「京すま/京都に住まえば・・・」という変わった名前の雑誌が刊行されたからだった(この淡交社の雑誌の創刊号に「天使突抜」の記事があった)。

f0068334_16212766.jpg

左、通崎さん
f0068334_16213142.jpg

お待たせしました=4軒長屋の一番奥にあるリノベーション建物の玄関です=
ちなみに人間は小さな扉(くぐり戸)からの出入りだが、大きいものや楽器などの出し入れは上から下まで全面的に開閉できる大戸からだそう。

f0068334_14403187.jpg

続く〜

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

by nabetsuma | 2019-02-24 16:24 | Kyoto-Quest

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る