2017年 09月 27日 ( 1 )

『フランスでは国民的なビスケット=LUの"Petit Beurre"』

英国のマリービスケット同様にフランスで有名なビスケットは「LUのPetit Beurre/ プチブール」、24枚入り1.05ユーロ(130円ほど)。詳しくはこちら=https://fr.wikipedia.org/wiki/Petit_Beurre (ちなみにLUのPetit Beurreはマリービスケットより美味しい。)

LUは1846年ナントで創業した製菓会社で、LUというネーミングは社長とその奥さんの名前の組み合わせのよう。それはともかく、なんとアメリカの企業に買収されちまったらしい。こう言う話を聞くと、パスタのブイトーニがかなり以前にアメリカ企業になっていたことを思い出した。

マリービスケットは製菓に使われることも多いが、このLUのPetit Beurreもチーズケーキの底面に砕いて敷いてもいけそうだ。全体量の73.4%が小麦粉、バターが13.6%、この2つの材料で90%、ほとんどである。この2つはまさにフランスの国を代表する農産物。製菓の基本材料は「小麦粉・卵・バター・砂糖」、フランスの小麦粉と砂糖は日本でも購入できるが、バターや卵は鮮度が大事で(フランスの美味しいバターは賞味期限が2週間)、特に卵は日本のものとはかなり違うようだ。帰国してパリで作ったお菓子と同じものを作ろうとして、結局それが不可能ということが度々あって、それが「卵」が原因ということにあるとき気づかされた。
f0068334_08310802.jpg


アールヌーボーで有名なミシャによるLUの広告用ポスター
f0068334_08311463.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2017-09-27 08:51 | Madame100gの冒険

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧