2008年 05月 16日 ( 1 )

Natural Junk「わき芽の挿し木:ビギナー編・・ 」の巻

(=∧=)さて「挿し木」じゃ!
f0068334_1430449.jpg
今朝、挿し木完了・・でも、外の日陰に出したら、なよんとしてしまったんで、あわてて玄関に取り込み加えて水に鉢ごと浸せてみた、1cm位の水深。枝がまっすぐ立たないんで、割り箸でエックス状に支えた・・その後30分程で「しゃきーん」と持ち直した・・

ここでモナーサヌキ師匠の奥様にメール。すると「根がなくて水の供給が追いつかないので、もったいないですが葉を減らすのがいいです。若い葉を残して大きく育てれば、エネルギーを「根っこを出す」のに集中できます」とのお返事が〜
f0068334_14582683.jpg
で、ばっさりカット! おなじくトマトの「わき芽挿し木」仲間のkokkoちゃん、分かった!? ちゃんとやるよし〜

ところで「追肥」だが、肥料のこともまったくのシロウトだったんで、今回いろいろ検索してみたら、日本の農業はほぼ化成肥料でまかなわれているらしいということが判明。なーんも考えなしで以前買い込んでいた肥料は「配合飼料:油カス・牛骨粉・窒素・リン酸・カリ」となっていた。化成肥料と言うのは「化学肥料」のこと。化学肥料と有機肥料の違いはこちら。肥料の成分としては「窒素・リン酸・カリウム」が肥料三要素と呼ばれている。主な作用は以下です。
     <窒素=葉の発育>
     <リン酸=花と実の発育>
     <カリウム=根の発育>


今回は元肥として有機の油カス他を混ぜ込んだので、窒素は充分と思える。ゆえに「リン酸」が多く含まれる肥料を「追肥用」として探した。
f0068334_171039.jpg
多木化学の「リンカリ肥料/1kg/298円」を購入。「窒素0・リン酸17・カリ17・クド5」の割合となっている。『クド』はマグネシウムで、リン酸の吸収を助ける役割だそう。

(=∧=)うーーむ、ガーデニングの世界は多分に理数系、化学の世界だな・・
[PR]
by nabetsuma | 2008-05-16 17:31 | ナチュラル・ジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧