FoodQuest「素敵なあんこライフ・・」の巻


(=∧=)昨日の答え〜

f0068334_21264486.jpg

**桃のコンポート
by キャサリン・ホルム鍋(ノルウェイ製)

f0068334_21272158.jpg
**あんこ by ダンスク鍋(デンマーク製)

kokkoさん
から小豆の煮方の質問がありました。

近頃の小豆は煮る前に長く浸しておくことを必要としません。1時間半あれば「あんこ」が作れますのでトライしてみてね。

買えば・・量は少ない・高い・あんこの濃度を出すために寒天を添加、などなど。家で作ればお砂糖や柔らかさの加減が自由自在の「安くて美味しい、あんこ」ができまする。





1)小豆を袋から出したらさっと洗う。小豆の量はまちまちなので、ざっと3〜4倍量の水を入れた鍋に小豆をあけ鍋を沸騰させる。coop大納言小豆が250g入り。

2)沸騰したら一度ザルにあけゆで汁を捨てる。

3)あらたに3〜4倍量の水を鍋に入れザルにあけた小豆を鍋にもどす。

4)一度沸騰させたら100ccの水を加え落ちつかせてから、蓋をし弱火で煮ていく。

5)40〜50分で柔らかくなる。煮る小豆の量や鍋の大きさにもよるので、指でぐにゃっと潰れるくらいの柔らかさまでは煮ること。

6)小豆250gに対して300gの砂糖を2〜3回に分けて加える。nabetsuma家ではおばーちゃんの伝授によりザラメ糖を使用。

義母はゆで汁を捨ててから砂糖を投入し小倉あんを練り始めるが{時間短縮}、nabetsumaはゆで汁がもったいなんで弱中火で煮詰めていく。この場合、鍋底が焦げ易いので時々混ぜる等ご注意。蓋ははずしておく。

7)20分位煮て水分減ってきたら、木べらで底を返しながら混ぜて練り込んでいく。餡餅を作る時にはかなり水分を飛ばす必要があるが、あんみつ用のあんこなので、少しタラタラくらいでいい。冷めれば必ず固めになる。表面につやが出て来たら完成。塩を小さじ1杯加え仕上げ。(この間、絶対に中火より強くしてはいけない。焦げる!)

(=∧=)茶色のダンスク鍋に入っている「あんこ」をご参照くだされ。これが粗熱がとれた状態のあんこ。冷める前はもっとドロドロ。

こんなにあんこはいらないわ・・と嘆く「あなた」! あんこは冷凍できます。うちも作った半分を冷凍しました。夏場のあんこは腐り易いですから。
[PR]
by nabetsuma | 2008-08-16 13:36 | chez-nabetsuma