人気ブログランキング |

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

FoodQuest「ムサカはサモサとちゃうで!・・ 」の巻

(=∧=)土曜日のディナーは神戸の友人宅でお呼ばれだった。神戸大丸で土曜限定で売られているホテルオークラのローストビーフをメインにサイドサラダとアスパラの冷たいスープが用意されていた。(ちぃと自慢げに=)

ごちそうになる側としては何か持参と思い、ムサカとレモンタルトを作った・・すると、こちらのお方がムサカに反応〜 しゃーない写真どす=

f0068334_1127266.jpg

あっれーーー、出来あがりの写真がない!? 急いでたからねえ・・これはオーブンに入れる直前の写真どすわ。想像力を大いに働かせよう==というわけにもいかんか・・

f0068334_11363410.jpg

以前作ったナスのグラタン写真があった! 似たようなもんだからこれで我慢してねーー!

向こうのほうに見えるのが「ミートソース」。これを作るためにイタリアントマトの苗を植えたんだ。ということで、ムサカにも必要なミートソースの作り方!






<ミートソース材料>人参・セロリ・玉ねぎ・キノコ(あればポルチーニ)・生のイタリアントマト・生バジル葉・牛挽肉400g・ベーコン80g(あればパンチェッタ)・白ワイン・生クリーム

(=∧=)イタリアはペルージャの宿のおばあちゃんに習った作り方。→こちらにエピソードあり
f0068334_1341538.jpg
とりあえずはメイン3種の野菜を刻む。野菜を刻んだらベーコン80〜100gとキノコも刻んでおこう〜 さすがにポルチーニ茸はないんでマッシュルームで代替。ベーコンは挽肉に旨味を足し、キノコ類は「こく」という隠し味になる。
f0068334_1348065.jpg
鍋にニンニクを入れバターを加え中火で炒めていく。ニンニクの香りが出たら挽肉を加え焦げ目がつくくらい炒める。ここで「ポイント」。挽肉は「牛肉100%」の100gが300〜400円クラスのものを使おう。これまでミートソースが美味しくなかった人は尚更。豚肉が混じった合挽や鳥の挽肉ではトマトの味に負けてしまうのだ(イタリアの本では鳥レバーを細かくたたいたものも加えていたがパス)。
f0068334_1351420.jpg
ベーコンと野菜のみじん切りを加えて今度はオリーブ油を足して炒める。しっかり塩胡椒して、ワインを100cc加える。あいにく白ワインを切らしていたので赤ワイン。coopのチキンブイヨンを一袋加える。
f0068334_1423769.jpg
トマトをザク切りにして加え、30分位煮て生バジル葉を片手分ほど入れ塩胡椒で調整。あとは余熱でグツグツ。最後に生クリームを50cc加えてこくをだす。
f0068334_1605384.jpg
我家の最後?の水茄子ちゃん。大きく育ったんでグラタンにした。スライスしラップ、電子レンジで約2分。水分が出るので容器を傾けて水分は捨てておく。
f0068334_163306.jpg
ナスの上にとろけるチーズ、その上にミートソース、そのうえにまたナス、ミートソースをかけて一番上にチーズをたっぷり。オーブントースター200度で20分焼きできあがり。
f0068334_1653053.jpg
で、こうなるの〜
by nabetsuma | 2008-08-05 13:43 | chez-nabetsuma