人気ブログランキング |

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FoodQuest「タルト・オ・ポンム」の巻

簡単ガトー・オ・ポム! 混ぜて・切って・並べて・焼く! 2時に思い立って作り始めても3時のおやつに間に合うのだ・・
f0068334_150788.jpg
<材料>リンゴ大きめ2個(フジでもジョナゴールドでもOK)、卵2個、砂糖100g、溶かし無塩バターかサラダ油70g、プレーンヨーグルト90g、薄力粉90g+ベーキングパウダー小さじ1杯
<焼き型>/タルト型24cm(テフロン製)
f0068334_1581941.jpg
<作り方>
1)タルト型に軽くバターをぬり、粉をはたいておく。
2)ボールに卵をほぐし砂糖を入れ混ぜる。バターかサラダ油、ヨーグルトを加え混ぜる。
3)リンゴの皮をむき5mm厚のクシ形にカット。
4)オーブンを高め240度に温める。(出し入れで温度が少々下がるため)
5)2のボールに粉とバーキングパウダーをふるいにかけながら入れ混ぜる。
6)タルト型に5を流し込む。そのなかにカットしたリンゴを並べる。
7)オーブンに入れ、230度8分、200度15分、180度10分、焼き色具合を見ながら温度調節しつつ焼きあげる。
f0068334_15222773.jpg
(=∧=)できあがり! アテネフランセ教授のオードブラン先生のレシピをnabetsumaが多少変更したもの。

実はこのタルト型、そのオードブラン先生が記事中で使用していたもの。当時はシルバーストーン加工のタルト型というのが皆無で、東京中を探しまわった。見つからず半ば諦めかけた時に池袋西武で仏製の輸入物として見つけた。そりゃあ感激うれしかったですよ〜ん。

パンおんちさん、これはお味も感激する程の上等なものではありませんが、まさにお家のリンゴ菓子です。紅玉なのど硬いリンゴより、フジ等の柔らかいリンゴのほうが美味しく仕上がります。(nabetsumaはリンゴに少々リキュールをふって加えてます)おためしあれ〜
by nabetsuma | 2007-11-04 15:44 | wankoQuest