NabetsumaJunk「NOVAとは・・」の巻

いつだったか、こんな話をオーストラリア人から聞いた。
「NOVAって何の略か知ってる?
 われわれ講師の間では、あれは『NO VACATION』の略と言われてるんだ」。


nabetsmaは語学学校に何度か通ったことがある。最初は渡欧前の1年間、神田のアテネフランセへ。習ったのは「英会話」、エカキは仏会話を習得。夫婦で目指したのは「子どもが病気になった際に医者に説明がちゃんとできるレベル」だった。

震災後京都に引越し、しばらくして3週間ほど渡欧したことがあった。英会話を習ってすでにウン十年過ぎていた。彼の地でツマの英語を聞きエカキは赤面した。「おまえひどいよ。文法めちゃくちゃだよ」。ということで、ブラッシュアップ?するため京都のラボール学園というところに習いに行った。そこで出会ったのがオーストラリア人講師。

もともと、日本における「英会話講師」ってどんないきさつで来日するのか不思議に思っていたので、その経緯を聞いてみた。すると、まずは自国の新聞などに「英会話講師」の求人が掲載されるんだそう。英語を母国語とし外国人に教えるための資格検定があるようで、それを取得して初めて英会話講師として応募できるそうだ。NOVAはそうやって求人し、現地で面接・採用となり来日へと進む。

で、来日してからみんなギョッとするんだそう。朝から晩まで1週間、働き詰めなんだって。で、そこから逃げ出すために働きつつ他の職場を探すんだそうだ。
NO VACATION・・ふ〜ん、そういう略だったのねえ・・
f0068334_9323279.jpg
(=∧=)chikaさん、念のため作っときやしたぜ!
f0068334_15515890.jpg
届いた!
木曜夜のヤフオクで落札し、同夜ネット振込、昨日の朝採りを箱詰め荷出し、本日京都に午後2時前には到着。ああなんていういい時代なんだ! こちら ↓
http://search4.auctions.yahoo.co.jp/jp/search?p=%B9%C8%B6%CC&auccat=2084064337&f=0x2&alocale=0jp&apg=1&s1=end&o1=a&mode=1
あっこれらは「紅玉」ね。(ちょと大玉だわ・・フジリンゴのようにならないか心配だ・・あたしは妙に大きい果物が好みじゃない・・)

(=∧=)nabetsumaうんちく
紅玉は明治4年にアメリカより渡来した品種。一時期収穫量が激減したが、最近市場で人気復活しつつあるそう。今回送ってもらったのは長野県からだが、福島から秋田にかけても栽培されており、すこしづつその旬が北上していく。リンゴの中では初秋にかけての品種なのでそろそろ収穫終了となる。ちなみに今回のは樹上で完熟させたということで、その保存は冷蔵が適当とのことだった。まあ5kgが冷蔵庫に収納できる量と判断。10kgはパスした。

思うんだけど、この国の農業はお役人と政治家があれこれ考えてるうちに、生産者と消費者がすでに互いに切磋琢磨していい方向に向かってるんじゃないかなあ・・補助金や生産調整、そして巨大な農業団体なんてもう不要ということが、じぶんたちだけ分かってないんでは?
[PR]
by nabetsuma | 2007-10-27 09:42 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧