NabetsumaJunk「田舎とは・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2007年7月30日(月)

8日間、帰郷していました。郷里は香川県。

「ああ四国ね!?」と言ってはいけません。四国ではなく「香川県」です。讃岐うどんで有名な香川県です。九州より県が少ないんだから、覚えろよ!(と、心の中ではいつも叫んでいる・・)

我々夫婦はそれぞれが一人っ子なので、老親の世話は誰も代替がいません。少子高齢化のまさにモデルケースです。

5年前に義父が亡くなり、現在70代から80代3人の親の世話を行なっていますが、一番若い74歳の母が認知症で一番年老いた85歳の義母が一番元気です。年はあまり関係ないですね、ほんと。

実際は真ん中の79歳の父親が一番やっかいです。ちょっとした病気フリーク。自分の話を始めると1時間は終わりませんが、ほとんどが病気の自慢話?で、健康食品やら自己流の病気克服法が大好きです。不用な物を買ったりするのも大好きで、それも役に立たないとかすぐ壊れるといった品々で、家の中にはそういう不要品であふれています。

毎回帰郷する度に、両家の家政婦となり、加えて様々なマネージメント(雑用ともいう)を目一杯行ない、疲れ果て京都の家に戻ります。両家には毎週ヘルパーさんが来ているので、掃除はそれなりにされているはずなのですが、なにせおおざっぱですから、結局は目に見えない部分は私設家政婦がやるしかないです(というか、介護保険の家事援助については色々頼めないことが少なくない。例えば窓掃除はダメ。義母居室にある窓でもダメ。それゆえ、網戸の入れはずしや洗浄もダメ)。

報われない家事労働・・
自分の家なら、きれいにしたところで暮らす訳ですからそれなりに達成感はあるんですがねえ・・
f0068334_1129865.jpg
**義母の家の裏庭から見た風景。敷地が500坪あり、特に裏側には囲いがないので、ミカンを連れ帰った際には庭に放せないという不便さ。なまじっか広い家というのも・・
f0068334_11351866.jpg
**裏庭からとなりの小学校のランチルーム(クラス毎にお食事する専用の部屋・・そんなもんいらんだろう!?)が木々の間から垣間見える。
f0068334_11381795.jpg
**表正面です。家の横にはボッチャン式のトイレ&五右衛門風呂。義父が亡くなるまで使用されていた。長い間、帰郷するのに気が重かった理由がこれ。
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-30 11:29 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧