NabetsumaJunk「悩みに悩んだ結果・・」の巻

ナベツマ・ジャンク/2007年7月9日(月)

水がマズイ!
やかんを交換したけど、やっぱだめ。
ということで、浄水器を交換することにした。この10数年間、カートリッジのみを交換してきたが、今回は丸ごとチェーンジ!、と決めたまではよかったのだが、早く替えたいのでネット注文しようとしてはたと迷った・・種類があまりに多すぎる・・・

実は新居の水はマズイだけでなく、転居後すぐに交換し1ヶ月ほど使用した浄水器のカートリッジの汚れ具合がヒドイのだった。まるで半年以上使ったかのような汚れ具合。目で見て確認できるカートリッジ(1日あたり10L使用で8ヶ月使用可のタイプ)なので、気になること甚だしい。

日本の水道水は世界一安全で美味しい、いずこの水道局もこう胸を張っていらっしゃるが、これが古い家屋の古い水道管を通過するとどうなるかまでは責任の範囲外だろう。今日の水道管は素材がプラスティック、古家は土管や金属管だったりするんよねー。

ということで、蛇口型32機種からの浄水器の選択方法です。

◎まずは、メーカーで選ぶ→ブリタ・ナショナル・東レ・三菱レイヨン・・・蛇口型の浄水器といえば、東レVS三菱レイヨン、2強の闘いだ。で、三菱レイヨンに決定!

◎次に機種を選ぶ→14機種あり
三菱レイヨンHPによると、フラッグシップモデルは2004年発売「CSP9 」だが、カートリッジの交換目安となる「使用量」が一目で確認できる2006年発売「CSPX」のほうがよさげー。決定!

決定したのに、これ以降あーだこーだと二転三転する。原因は「総重量」。古家の水道蛇口に取付なので、その強度がとても心配だった。CSPXは全機種の中で一番重い。満水時に510gになる・・・これまでのは300g・・・。ついでに使用可能なカートリッジについても悩む・・・19種類ある・・・ある意味、浄水器はその機能故に「カートリッジの浄水機能:除去物質」を選択することが重要だ。残留塩素や農薬やトリハロメタンより、あたしは「鉄サビ」が一番気になるのだ!

結局2時間あれこれ比べて比較表まで作って悩んだ末に、一番最初の選択にもどった。これよ!↓
f0068334_1434873.jpg
**ついでに気になったのは、ランニングコスト! 浄水器って本体より、数ヶ月単位で交換しなくてはならないカートリッジのコストがバカ高いのだ。これが除去物質が多くなればなるほど、バカ高くなる・・1個4千円くらいするのだ。・・あほらし・・

でもねえ、本体右横の大きなウィンドウに、浄化可能残水量がカウントダウンされていくさまを目で見て確認できるのは、たいへん楽しい(そのカウントダウン&表示のために浄水器なのにボタン電池が入っている・・なんとまあ・・・)。
[PR]
by nabetsuma | 2007-07-09 14:03 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧