NabetsumaJunk「近所の本屋消滅!」の巻

ナベツマ・ジャンク/2006年8月19日(土)

「ナベツマの書斎」と呼ばれていた徒歩2分の新刊本屋がつぶれたのはこの春のことだった(というか、店主の兄ちゃんがやる気がなくてつぶした)。最近になって久々に阪急桂駅の駅ビルに立ち寄ったら、なんとテナントの本屋が撤退していた・・まいった。

しかたないので、街ん中までわざわざ電車に乗って新刊本屋に通うことになってしまったわん。不便このうえない。新刊本屋に出かける回数自体が減ってみて初めて分かったのだが、月々のおこづかいの半分近くが残るようになった。つまりそのくらい雑誌をひんぱんに買っていたのだ。雑誌ってバカにならないのよねー、値段的にも、粗大ゴミ的にも(古紙回収に出すのはもったいないので、最近ではヤフオクで売ることにしている)。

さて、今日は四条のジュンク堂で「TITLEタイトル」を立ち読みした。ざっと見て良かったら買うのだが、そこまでいかなかった。が、ヨーガンレールの社員食堂がなかなかだった。

ポーランド生まれでドイツ国籍をもつヨーガンレール氏はテキスタイルデザイナー。糸から染めて製作する天然素材の衣服は値段もかなり高めで、氏の考え方からライフスタイルにいたるまで自然に対するこだわりをもつ。そしてかなり以前からたしかベジタリアンだったはずで、自宅に専用料理人を雇っていたはず。

今回の記事によるとヨーガンレールは自社の畑をもっているらしく、そこから届く有機野菜を使ったベジタリアン料理が社員食堂で提供されているとのこと。料理の種類も多く、なかなか美味しそうだった。氏もお昼頃3匹の愛犬とともに食べにやってくるんだと。ところが犬写真なく、まったくもって残念! だから買わなかったのだわんわん! 詰めがあめーぞ、TITLE!!!
[PR]
by nabetsuma | 2006-08-19 16:27 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧