『じつはしばらくとても気になることがあって・・』

いつだったかははっきり覚えていないのだが、病気のことを検索していて、ふとあるガン患者の方のブログに行き当たった。ネットの世界って、病気や病院などの情報は山ほど溢れていて、必要な時にはとっても便利なのだが、ガン患者さんたちの日々の記録(闘病記とは書きたくない。なぜならガンをそのまま受け入れ闘ってはいない方々も多いから)が情報と同時に出てくるのだ。

独女ピコさんのガンはスキルス性胃がん、本人さんの自覚があった時にはすでに手遅れだった。重い病気の方の日録は、ある日を境にぱったり途絶えることが少なくない。このピコさんの日記も1月の後半で更新が止まり、それからというもの「大丈夫だろうか」「もしやすでに亡くなったのか」などと気を揉んでいたが、先だって代理人さんによるピコさんの旅立ち報告があった。

”独女/ドクジョ”という名前の通り、独身で一人暮らしで、生きていくために働き続け、切ないほどに前向きでガン告知から数年を生き抜いたひとだった。どれだけ前向きだったかというと・・恋をしてその彼氏さんとセックスをして、あっけらかんとそのことを綴り、読者のほうが恥ずかしくもなりながら、でも一緒にいてくれる人と巡り会えて良かったなあ、と素直に喜んであげられた。最後はホスピスに入院してあっという間だったとのことで、悲しいながらもどこかほっとしたのも正直なところであった。ご冥福を心よりお祈りいたします。ちょっと読んでみようかという方はこちら= https://dxhry124.muragon.com/entry/1.html

f0068334_20074063.jpg


f0068334_20074334.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2018-04-08 16:27 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧