『治療前と治療後を見比べたかったので・・』

今日も歯科医院へ。相変わらず「洗浄・消毒・投薬」治療で約20分ほど。終了後、センセに「歯のレントゲン写真を携帯で撮影してもいいですか?」と聞いたら「印刷してあげますよ」ということで持ち帰った(只)。左右上下を切ったので狭苦しい写真になってしまったが、”口腔スケルトン”みたいな感じ。

「ここ」が現在治療中の左下奥歯の根元である。ここに膿が溜まっている。さて、上下で歯の数が揃っていない感じがする原因は親知らずだ。下の親知らずは左右いずれも地中にあるが健在で、上の親知らずは右が元々なくって、左は生えている(むかし、となりの神経のない歯に親知らずが地中で悪さをしたので、神経のない方の歯を抜いて親知らずをそのまま生やした経緯あり)。センセ曰く、他にも怪しい根元がある。

歯ぎしりをする人は「姿勢が悪い」「舌が下に置かれている」「口呼吸をしている」ということで、奥歯を噛みしめるため真ん中の歯が離れがちだそうな。舌を上あごにつけると唾液が出て来やすく嚥下も楽。鼻呼吸になれれば舌は自ずと上に上がり、口を開けて眠らなくなるため喉の保護にもなる。この歳になると歯の矯正というわけにもいかずで、なんとか通常の生活のなかで自分でできることをやっていくしかない。
f0068334_14012773.jpg

[PR]
by nabetsuma | 2017-08-21 16:39 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧