『なぜ、お誕生日に”MRI"?の理由、その2』

気になる症状は他にもあった。「めまい・ふらつき・手が滑る」など。ということで、MRI検査ができる脳神経外科を検索し、患者の評判が良い近隣の病院を探した。以前は考えられなかったが、今ではクリニックのような小さい個人病院でもMRI検査ができるところがあるのだ。

まずは診察を受け検査の予約を取るのが常套。今時だとネットで初診予約ができる。朝一で出向き混んでいなければ午後の4時以降から順次検査となるらしい。午後2時から4時の間が「脳ドック」、これは健康保険診療外だから費用は段階に応じて2万〜3万(税抜)。電話やネットで予約し待たなくて検査が可能。が、結果待ちには時間が必要なので多少は待ち時間があるのだろうと思う。

うちはもちろん健康保険診療を希望。比較的空いているらしい12時過ぎ(午前中10時〜11時半は検査の結果を聞きに来る患者さんが多い)に初診を受け、翌日に検査予約を取った。翌日10時から約25分の検査、その後画像&レポート準備ののち、医師から画像を見せてもらいながら結果報告を聞く。清算までの待ち時間、エカキはウォーターベッドに寝っ転がってマッサージを受けるサービスを受ける(無料)。木曜日で比較的空いていたので11時15分には終了。

さて・・この下の票、見たってよくは分からないよね?
f0068334_10575667.jpg
そこで一部を拡大。脳の萎縮は・・全く見られない。何せ数値は「0.34」で「0」以下なのだから。医師によると「20〜30代の脳の状態です」。エカキ、喜ぶ==
f0068334_11210685.jpg
*その3に続く・・

[PR]
by nabetsuma | 2017-07-28 12:48 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧