『世はまさに・・ウィスキー!』

昨日の夕刊によると、サントリーの「山崎」が世界的なウィスキーの賞をもらったそうな。こちら=

加えて、いま発売中の雑誌「Pen」が想定内だったかどうか、ウィスキー特集を組んでいる。

そんなこととはまったく知らずに、先週末はツタヤ恒例の108円デーだったので、借りて来て観たのが『天使のはらわた』!・・そんな映画はない! エカキがチラっと題名を見て間違えただけ(それにしてもホラー映画と間違えるかねえ・・)

観たのは「2012年/英国他製作:天使の分け前」。スコットランドを舞台にしたケン・ローチ監督の映画。もちスコッチウィスキーのお話。
f0068334_19381610.jpg
天使の分け前とは『ウイスキーなどが樽の中で熟成されている間に、年2%ほど蒸発して失われる分のこと。 10年もの、20年ものと年数を重ねるごとにウイスキーは味わいを増し、それとともに天使の分け前も増していく』のだそうだ。
f0068334_1944215.jpg
スコットランドは、先の独立を問う国民投票で話題になったばかり。この映画はウィスキー好きも、そうでないひとにも楽しめる内容となっている。おすすめ〜

+++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2014-11-05 19:48 | movieQuest

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る