人気ブログランキング |

『秋の映画週間:台風来るときには映画鑑賞!』

この週末はツタヤの準新作&旧作100円(消費税は外税)だ。借りて来たのは「ジョブス」「クスクス粒の秘密」。レンタル時に1本はフランス映画、と決めている。後者はフランスにおけるチュニジア移民の一家の物語。会話劇がスゴい迫力だ。
f0068334_10381277.jpg
で、観たかったのが「スティーブ・ジョブズ/Jobs、2013年米国」。我々Mac使いにとって、ジョブズは神的カリスマだ。検索すればカリスマとは「常人を超える資質」と出てくるが、まさにそのとおり。ただし、この映画を観ていると、思ってた以上に「嫌なやつ」だった、ジョブスは。

まずは「嘘つき(おのれを正当化)」、そして「ほら吹き(交渉術)」、「頑固もの(意志を曲げない)」。伝記を読んでいたエカキなどは「知ってたよ」とのたまう。技術屋でもあるのかと思っていたが、けっしてそうではなく、コンピューターのこうあってほしいを予想する「先見の明」が優れていたのと、無機質である機械に「美しさを求めこだわったその感性」が素晴らしかったのだと感じた。ジョブスも徹底的なビーガンであったらしいが、これが命を縮める結果となった。菜食主義者、近頃では短命と言われている。

それでも・・クリエイトしたモノや言ってるコトは、カッコイイんだよね〜
映画の冒頭に使われていたのがキャット・スティーブンスの「ピーストレイン」。懐かしい〜
  
by nabetsuma | 2014-10-05 10:59 | movieQuest

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る