老人クライシス『<慰霊祭>における「平服とは」』

冠婚葬祭の「葬祭」における『服装』について、困ることありません?

今回の合同慰霊祭、服装をどうするかで少々もめた。ネット検索かけると各地の医大にもよるが「平服で」と出てくる。そこで「平服」を調べると、こういう慰霊祭の場合の平服とは「喪服」と出てくる。でも、これっておかしくない? だってわざわざ「平服」と書いてあるなら、それは「喪服」ではなかろう。「平服の定義」を「略式のフォーマル」と解釈し「スーツで」と書いてあるHPもある。

で、どうなったかというと、nabetsumaは、上に黒の丸首のカーディガン、下濃いグレーのフレアースカート、黒ストッキング、黒パンプス(ちなみに上はユニクロ、下は無印良品。ワンポイントに真珠のネックレス装着。見た目、悪くなかった)。
f0068334_227575.jpg
それにしても、会場に向かう途中「おれの上着はどこ?」ってエカキが聞いた。「えっ?あたしがカーディガンなんだから、あなたはシャツだけでいいでしょ?」と返したら、「うへっ!ちゃうやろ?普通はジャケットを着るだろう?」。「普通は・・」って、言える立場じゃないでしょ、ちっとも普通じゃない生活してるくせに!!! と、「腹が立つやら、こんな間際にそんなこと言い出すなんて」と、怒り心頭ながらYoumeタウンのユニクロに、大急ぎで立ち寄り黒いジャケットを買い込んだ。

*ご参考まで=会場の出席者たちの服装というのは、喪服からダウンベストまで、てんでばらばら。軽トラで乗り付けたじっちゃんは野良仕事の服装だった・・なんでもええんよ!こういうのは。気持ちの問題なんだから。自分が「これでいい」と思えばそれでいいのだ。
++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by nabetsuma | 2013-10-28 22:14 | 老人クライシス

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧