人気ブログランキング |

老人クライシス『まさか自分が!? ハイ&ロー』

*ここしばらく鬱でした。近況報告いたします。
f0068334_151568.jpg
この5月から6月はランボーじゃないが「地獄の季節」だった。そもそも母親が家の前で転んで骨折したことがきっかけ。そこから雪だるま式に人生が転がっていきとどまるところがなかった。

3月末:母親骨折、その後手術完了でリハビリのため転院。転院して1週間経たないうちに血液の病気が発症。N赤に戻ろうとしていた矢先に心不全を起こし救急搬送、誤嚥性肺炎も併発でICU入り。人工呼吸器をつないで高濃度の酸素を供給し十日間、なんとか呼吸器を外せて病棟に移るも認知症が進んでしまい口より栄養摂取できず、IVH(中心静脈栄養)となる。「もうすべきことはないので転院してもらって結構です」と言われるもその転院先(以前の療養型老人病院が厚労省の改革で消えつつある現在)なく、以前の介護施設に戻ろうとしたら「胃ろう」でないと受け入れできないと言われ愕然とする。「胃ろう」については情報いろいろありで私も父親も受け入れがたい。

とりあえず入院先で布団を借り、数日付き添うから母親の様子を確かめさせてくれと頼んだが「娘さん、付き添ってる場合じゃない。早く次の行き先の施設の見学に行ってください」と医療型の介護施設数ヶ所のパンフレットを渡される。いずこも月に20万円以上かかり父親の共済年金が母親の介護費用だけで消えてしまう・・どうしよう・・などと考えてる猶予もなく、見学に出向いた1軒目の施設で即決し、次の日病院側と介護施設側の引き継ぎが行なわれた。そうこうしているうちに父親がおかしくなる。その翌日おかしくなった父親を家にそのまま残し母親の退院と新しい施設への移動を行なう。そして次の日父を連れて63歳の従兄弟(ただ今失業中で唯一頼れる親戚)の運転で母親に会いに出向き、帰りにそのまま高速バスの停留所で降ろしてもらい、そこから娘もおかしくなり2日間ほど家に帰れず(プチ失踪)。

京都の家に連れ戻されたその日に父親が救急搬送で入院。数日経った土曜の朝、義母のケアハウスから状態悪しのFAX届く・・気分はハイでエカキの初日を迎え
なんとかオープニングを終えた・・・地獄の季節に終わりはないのかしらん?
f0068334_15461313.jpg
今回の個展ではこの絵が一番好き。ありがとうございます、売れました。
by nabetsuma | 2012-06-17 15:44 | 老人クライシス

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る