NabetsumaJunk「久々に<家電tsuma>登場!」

とある量販店の掃除機売場に『犬の毛』をひと袋分持ち込んで、売場のお試し用サイクロン掃除機をことごとく詰まらせたことがある、
家電大好き、Kaden-tsumaです。当時は犬を飼ってたし、これくらい当たり前よ!こそこそ

さて、田舎の掃除機が壊れたというか全然吸わない!ヘルパーさんたちが何度も紙パックの装着に失敗しゴミを内部にぶちまけたのが原因。そこで久々にパナソニック系でない掃除機をアマゾンでネット買い(型落ちが一番アマゾンで安かったから)。買ったのは左『HITACHI 紙パック式かるパック CV-PR20-N/20800円』、右のは京都の家で使っている3年前のナショナル製。双方共に最上位機種の1つ下のランク(びみょー)、発売当初オープン価格で4万クラス。
f0068334_21265276.jpg
さて、比べてみよう。まずは動きやすさ。右のナショナル製は隠れているが、左の日立のほうが車輪が大きい。ゆえに進ませたりターンさせたりした時に日立のほうがフットワークが良い。ナショナルは時々亀のようにひっくり返ったりして困る。
f0068334_222479.jpg




次にハンドル。どちらも自走式ハンドルなのだが、日立のほうがグイグイと力強くスイスイ進んで行くので軽く感じる。
f0068334_22205635.jpg
かなり違うのはノズルかな。日立のほうが幅が広い。田舎の広い部屋を掃除するのはらくちん。Mais、部屋に色々置かれている京都の家ではナショナルのほうが小回りが利く。
f0068334_22292456.jpg
ノズルの裏側はこんな感じ。ジュータンの掻きだしはナショナルのほうが力強い感じがする。
f0068334_22311578.jpg
ナショナルの特徴として「親子ノズル」がある。本体ノズルの真ん中から離して狭い空間で使うことができる。子ノズルの吸いは・・弱い・・
f0068334_22382039.jpg
写真右の日立には本体とホースの間に取手がついていて便利。ナショナルだとついゴムホースを引っ張ったりしてホースの破損につながってしまう。
f0068334_224329.jpg
つまり一長一短で、どちらも悪くない使い勝手。部屋が広く物があまり置かれていない場合には日立を。狭くごちゃごちゃしてるならナショナル(現在はパナソニック)。ちなみに最近のパナソニック製はものすごーーーく『重い』!開発者は家で掃除していない人間とみた。
[PR]
by nabetsuma | 2012-01-05 21:30 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧