NabeQuest 2011「これは、みっけモンですぞ=」

要注意==ニトリの炊飯鍋、新しいタイプはこの下に紹介している炊飯鍋とは雲泥の差がありおすすめできません。新しいのは重さは軽くなりましたが、大きさが小さくなり4合は炊けないうえ、出来上がりのご飯がおいしくない。材質が変わったせいだと思われます。当方下のが焦げ付きが激しくなり昨年買替えましたが失敗。ただいま昔買ったティファールのテフロン鍋でご飯を炊いています。2016年2月現在

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『みっけモン』のご紹介
f0068334_1930496.jpg
『みっけモン』とは「著名なモノの亜流ではあるが、格安な上にかなり使える優れモン」のこと。進化は・・ありません。

さて、これは「ニトリの炊飯鍋3合炊き」、990円なり! 著名な炊飯鍋のほうは
1万円(3合炊き)から1万8千円(5合炊き)もする。しかも本体が重過ぎる(重いモン倶楽部の部長ですが、腱鞘炎を患ってからは軽いモンに気持ちが移行)。加えて使い方がエコでない。最初から最後まで強火で19分加熱(火の調整不用なのが売り)とある。ニトリの炊飯鍋は中火にかけ沸騰したら弱火に落とし3合で12分炊き火を止め15分蒸らす。ルク鍋&一般土鍋より美味しく炊きあがった。
f0068334_1957412.jpg
ところでこの炊飯鍋、容量に余裕がありそうだったので、実験で4号炊いてみた。



<炊く前>
f0068334_2022946.jpg
<炊飯後>4合ラクショー!4合炊けて全重量2.7kgほど。著名炊飯鍋は3合炊きで3.6kg、5合炊き5kg、間をとって4合とすれば重量は4.3kgとなり、1.6kgニトリが軽い。加えて、本体の縁に上薬がかかっているので炊けた米粒がくっつかないので助かる(土鍋の場合はここが難点だった)。
f0068334_2031263.jpg
蓋は二重になっている。重さはそれぞれ450g程度なので一般土鍋の蓋より扱いやすく、また蓋が2重になっているので熱さの伝導が1重の蓋より緩和されていてヤケドの心配がない。
f0068334_2072065.jpg
内蓋には穴が2ヶ所。吹きこぼれはなかった。
f0068334_207394.jpg
まあ著名なほうで炊いたことがないので、お味にどの程度の差があるかは未知。
*要注意。IH調理器には使えないと取説にあります。
[PR]
by nabetsuma | 2011-10-04 20:37 | NabeQuest'2011