KodomoQuest「救急法のお勉強をいたしましょう!」の巻

夏です!夏休みです!

2日間連続で救急法の講習会に参加してきた。なぜ2日間かというと・・朝早くから夕方までのびっしり1日講習会の会場は遠方だったので却下。消防署での半日講習会には「乳幼児部門」がなかった。ゆえに日赤が主催する乳幼児の心肺蘇生法と、近隣の消防署による心肺蘇生法の2つを受講した。
f0068334_13551911.jpg
ええっ!?と驚いたのは、
世界的に5年毎に改正されるという心肺蘇生法だが、今年の秋以降には人口呼吸が割愛されることが予想されているそうだ。すでにアメリカでは2005年よりアメリカ心臓協会(AHA)によりそう提言されているそう。

と、それも驚いたが、以前はたしか「最初2回(以降1回)の人工呼吸&15回の心臓マッサージ」が、今回「最初も以降も2回の人工呼吸&30回の心臓マッサージ」に変わっていたこと。い、いつのまに・・・しかも、呼吸を入れ過ぎないようにとのご注意(以前はふかーく結構量を入れていたが)。まいったなあ・・

消防署での講習会にはウィークデイとあって、参加したのは主婦・自治会関連・教育関係者の12名。男女半数ずつ。心肺蘇生法を一通り学習し、2グループに別れ金髪人形を使って実践したあとにAEDを使う練習も行なった。チッ!と思ったのは、AEDを作っている会社が結構あるうえに、各社それぞれが毎年いろんな機種を出すので、少しずつ使用方法が異なるのだった、まったく。

さて、その際に2つのシミュレーションを行なったのだが、ひとつは「すぐ近くの道路上に70代あたりのおばあちゃんが倒れていて意識不明」、もうひとつが「桂駅のベンチから30代あたりの外国人男性が倒れ込み意識不明」。難儀なことに、「倒れているおばあちゃんは道路の真ん中、しかも大雨の中」と「外国人はチョイ悪おやじ風で胸毛が濃い」という設定、Pu!

上記の条件下でAEDを使う場合の注意点。
まずはおばあちゃんを軒下などに移動。タオル等で肌を拭いてからAEDの電極 パッドを肌に直接貼付ける。

胸毛が濃いと効果が期待できないのでAEDに同梱されている剃刀を使い胸毛を 剃ってから電極パッドを貼付ける。
[PR]
by nabetsuma | 2010-08-01 14:09 | KodomoQuest

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る