TabitsumaJunk in Japan「田舎でストレス満載:その4」の巻

たぶん”梅雨明け”したかと。。

で、これまでの大雨のせいなのか・・3つある苗木のなかで「ピュアスィートミニ」に尻腐れ病が発した。幸いこの写真の3つだけだったので、このまま暑くなってくれれば他のに影響はないかもしれない。下の熟したミニTの割れは雨によるもの。雨水を吸収したのち水分を蒸発乾燥する際に実が破裂する。しかもこの場合には、断面からムシが侵入しお食事したのか、穴があいとる。
f0068334_1113232.jpg
昨日の「金庫」の話題だが、実家に滞在した間中の騒ぎだったので、家捜しするのに手が付けられないほど散らかった親たち双方の寝室を片付けしながらの作業で大変しんどかった。脳梗塞の後遺症で足元がフラつく母親に至っては、歩くのに床に置かれたモノたちを避けながら進まないといけない。帰郷する度に片付けをするのだが、毎回またぞろ増えていて腹の立つこと甚だしい。これは父親も同様で、片付けをしようとしても「それはそのまま」とか「これは捨てられたら困る」とか、まったく片付かない。

加えて、なぜなのか理由は分からないが、やたらと『ゴミ箱』が多い。一部屋に2、3ヶ置かれていて、台所なんか4つもある。その割には床は食べ物が散らかりどの部屋もゴミだらけである。

そこで、ハタっと気づいた。『ゴミ箱&掃除道具の多い家は掃除が嫌いである(&掃除が苦手)!』

掃除道具もやたらと多い。各部屋にモップ&母親お手製の雑巾(恐ろしい代物、古くなったパンツで作られており長さ1センチの運針で縫製。本人が好きで作っているので何も言わない)が設置されているが使われた形跡はまったくない。そのうえ「やめなさい」と毎回むすめに言われるのに、すぐに壊れる安直な掃除機を次々と通販で買ってはその残骸がオブジェとなり鎮座している。

昨日も父親が電話して来て、
『ほれ、最近よくテレビで宣伝しているクルクルまわるモップやけど、あれ、便利そうやな。買ってもええ?」「ダメよ!」「なんで?」「たくさんモップあるでしょ?」「回転して水がうまく絞れて使いよさそう?」「だから、誰が使うの?」「・・・」 

まったく。。。
[PR]
by nabetsuma | 2010-07-17 11:47 | ローカル旅ツマジャンク