NabetsumaJunk「連休中、田舎で起こっていたこと・・」の巻

連休中は・・静かだった・・いつもだったら数日おきに親から電話がかかってくるっていうのに・・いやな予感がした・・

予感的中! どうやら、父親は目が悪いのに(身障1級だっちゅうの!)3輪自転車に乗って歩道に乗り上げひっくりかえったらしい。。。さいわい軽症で済んだらしいが、それを娘に知られたら、しこたま叱られるので内緒にし、じいっと身を潜めていたらしい。。。まったく

母はというと、自宅から徒歩3分のスーパーに毎日出かけてはトラブルを起こし(認知症)、とうとう自宅にたどりつけなくなったらしい。自宅まであとワンブロックというところで自分んちが分からなくなり、近所のひとに「あんたんちはあの角ですよ」と教えてもらったらしい・・・いかん!これは見当識障害が始まっとる。。。

『見当識障害』 → 見当識とは、時間、場所、人物や周囲の状況を正しく認識することをいう。見当識が障害されると、家族がわからなくなったり、日時や季節がわからない、あるいはいま自分がいる場所がわからないというような現象が起こる。

そんなこんなで、だからといって親と同居するということもなく(絶対に嫌だ!)世を憂いていたら、この連休中の交通事故で目立ったのが年寄りの誤運転事故。年寄りでも凶器の車を運転すれば人を殺せる。。。ひと様に迷惑をかけていない我が父母は・・まだいっか?
f0068334_2022714.jpg
ちなみにnabetsumaは、連休中は歯痛が激しく、連休明けに歯医者に駆け込んだら、神経が炎症を起こしていて治療しようにも麻酔がまったく効かずえらい目にあった。。。それはもお、映画「マラソンマン」の歯医者の拷問シーンを彷彿とさせ、先生の顔がローレンス・オリビエに見えてしまった・・ウソ!

きょうも歯医者へ・・
[PR]
by nabetsuma | 2010-05-10 20:30 | ナベツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る