TabitsumaJunk in Japan「春の倉敷、その3・・」の巻

蟲文庫さんは じつは 『苔』研究家でもあり、素敵な「苔の本」を出しておられます。

『苔と歩く』(田中美穂『苔とあるく』(WAVE出版、二〇〇七年、ブックデザイン=松田行正他)を頂戴した。蟲文庫さんの初めての著書である。イラストは浅生ハルミンさん。古本アイドルの双璧(!)がタッグを組んだ(表現がちと古いですナ)。まずはジャケットの裏に苔(と猫足)の写真を四色で入れてあるのには意表をつかれた。)デイリースムースより
f0068334_8533795.jpg
本物?のネコ足かと・・

さて、蟲文庫さんのあとに お店周辺をかる〜く 散策し・・雑貨屋さん?
f0068334_8585319.jpg
蔵の茶店・・
f0068334_859957.jpg
そして 思わず 長居をしてしまったのが こちら〜
f0068334_8592531.jpg
MUNIさん。蔵を改造したショールームをちょいと覗いたら なかなか素敵な雰囲気で お店の人と話し込んでしまった。日本に3店舗、北京に1店舗あるらしい。ここは アンティークの段通を中国本土の工房で復刻している、ということ。デパートで見かける段通とは 一味もふた味も違う・・

デテールも相当なモノで 素足で是非絨毯の上にのってください、とお店の方に勧められトライ。フカフカの厚みではなく しっかりとした厚みで 足の裏がなんとも心地良い。

お店の写真は 入口くらいなら ということでOKをいただいた。中の絨毯についてはお店のHPでご覧ください。段通って・・ラーメン鉢の模様くらいしか知識がなかったゆえに こちらの段通は美術品のように美しく かる〜いショック。

で、ランチだが・・ぢつは 一緒に同行するはずだった母が この日は町内会の花見に近所の民生委員さんが引率してくれるということでそちらに出かけたのだが、戻りが2時過ぎということで、あわてて倉敷をあとにせざるをえなかった。しかたなく 高速の入口ちかくで駆け込む。
f0068334_9173327.jpg
モスバーガーの新商品。このあとは あっけなく また 1時間で 実家到着。
[PR]
by nabetsuma | 2009-05-16 09:19 | ローカル旅ツマジャンク

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
プロフィールを見る
画像一覧