人気ブログランキング |

ヴィンテージ・ナベを国内外から収集し「鍋道」を極めんがため精進する不敵な奥様。


by nabetsuma
抹茶のお味も糖分もほどよいcoopのアイスバー
f0068334_16385893.jpeg
coop抹茶バー/8本箱入り・・198えんなり〜

えええっ? 驚きの一箱値段、百九十八円!!!

2本食べても50円ぽっち!!!
オススメです〜
f0068334_16390229.jpeg

# by nabetsuma | 2019-08-24 16:45 | chez-nabetsuma
関西初の「本棚専門店」をのぞいてきた=
ハミングバード・ブックシェルフ(ラクエ四条烏丸2F)
f0068334_08105688.jpeg
f0068334_08112307.jpeg
f0068334_08112018.jpeg
f0068334_08111258.jpeg
f0068334_08112740.jpeg
f0068334_08113002.jpeg
f0068334_08113455.jpeg

# by nabetsuma | 2019-08-23 08:13 | Kyoto-Quest
写真でははっきりしないけど、これは通常のクレマチスの花の1/3ほどの大きさ=
四季咲きのジャックマニー系「ワルシャワニキ」である。濃〜〜い紫の花=
小さいながらよくも咲いてくれたもの。ありがとう〜
f0068334_19024010.jpeg
桔梗咲アサガオ、少しずつ少しずつツルが伸びてきている。
この種類の朝顔は摘芯するともっと成長が鈍化するため、今回はまったくの摘芯なし=
f0068334_19024555.jpeg
f0068334_19024972.jpeg
f0068334_19025315.jpeg
50日以上かかって、やっと行燈仕立の支柱の一番上までやってきた=
小さなちいさな蕾もついている。楽しみ〜
f0068334_19025828.jpeg

# by nabetsuma | 2019-08-21 19:16 | ナチュラル・ジャンク
いつの頃からだったか・・
パリ滞在で市場を歩くと「ニンハオ!」と、現地のあんちゃんからあいさつされるようになった。まあフランス人にとって「ベトナム人・中国人・日本人」の区別はつきにくい。でもなぜ「ニンハオ」なのか? それは・・カモになりそうなお客様だからだ(以前のそのカモは日本人だった)。加えて中国の人々はカードでなく「現金」を使うと現地でもっぱらな噂だった。

「いつも現金を多く持ち歩いている」と思われること・・これは危険だ!!!

案のじょう、先月のフランスのニュースは以下である。
f0068334_15370136.png
パリの知り合いのなかに旅行関係者がいるのでメールを出してみたら、やはり現地で日本人観光客の被害が増えているとのこと。無理やりカバンを引っ張って奪っていく襲撃型の犯罪が多い(怪我する)のだそうだ。うちらは当分海外へは出かけない予定なので問題ないが、みなさまくれぐれもご注意ください。

毎朝のようにアサガオのてっぺん周辺を整理する作業が続いている・・
やっぱり来年は・・行燈仕立てのみにしようかと・・悩ましい・・
f0068334_15484922.jpeg

# by nabetsuma | 2019-08-20 07:46 | ナベツマジャンク
ちょっと風邪気味で、くわえて台風来たから寝転んで映画鑑賞を=

「5パーセントの奇跡:2017/ドイツ」
「ジェイソン・ボーン:2016/アメリカ」
「奇跡がくれた数式:2016/イギリス」
「不能犯:2018/日本」

自分で言うのもなんだけど、素晴らしく鑑賞者の好みがわからん混合ラインナップ
どれもdtvで一般人による批評「3.8(5点満点)」以上の高得点

「5パーセントの奇跡:2017/ドイツ」は、去年から網膜に問題があったわたしに、視力を失う不安を再認識させてくれた。が、映画自体はとても生き方に前向きな青年の奮闘努力で好感が持ておすすめ。

で・・写真を撮っていたのが、ずいぶん以前に観たケン・ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク:2016英仏合作」(カンヌでパルムドールを獲った)。https://ja.wikipedia.org/wiki/わたしは、ダニエル・ブレイク
f0068334_08570223.jpeg
上の画像シーンが印象に残った。「貧者の葬式」とは会場費用が一番安い時間帯(朝いち)に行われる葬式のこと。社会保障が一番手厚いはずだった英国が、これほど弱者に冷たい国になっていたんだと気付かされる作品である。こちらに詳しい=https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5159.php

<片手に指が1本でもあれば就労可能──イギリスにおける障害の認定基準はそう皮肉られるぐらい厳しくなった。財政赤字削減を公約に掲げて2010年に首相になった英保守党デービッド・キャメロン首相の「改革」の結果だ。イギリスが初めて福祉国家の体制を作った1945年以来、これほど弱者に苛酷だったことはないという。巨額の財政赤字とバラまきをやめない政治家を抱える国すべてへの警鐘> 

キャメロンは・・男サッチャーだな。。。

+++++++++++++++++++++++++++



# by nabetsuma | 2019-08-16 09:30 | ナベツマジャンク